2017年03月14日

書評が掲載されました。


__.JPG



『英語教育』(2017年4月号)の見本誌が手元に届きました。

本号では堀田隆一先生による英語史の入門書

『英語の「なぜ?」に答える はじめての英語史』(研究社、2016年)

の書評記事を執筆しています。



「英語史」と言うと初心者は難解なイメージを抱くかもしれませんが、

本書はビギナーにも非常にわかりやすく説明がなされています。

余計なことは言わず、言えば必ず的に当たるという慨があります。

また、ポイントを明らかにするためにいろいろの図をはさんで解説の助けとしています。



51+Wue2PO4L._SX354_BO1,204,203,200_.jpg



堀田先生は定期的な更新と高い品質、濃い情報密度が驚異的なブログを長きにわたり運営されていますけれども、

学究者が博引傍証するような趣きは少しもこの書に見られません。


同書は簡潔と親切で入門書の範例となる明快の極致です。

読みさえすればどこででも大きな収穫が期待できます。


すべての英語教師(の卵)をはじめ、英語にかかわる方すべてに自信をもって勧められる好著です。


posted by 石崎 陽一 at 18:05 | Comment(0) | 近況報告・雑感 | 更新情報をチェックする

2017年03月06日

「私は彼らを怒らせるようなことは一切言わないように気をつけた」という日本語の英訳


N3S_4448.jpg



私は彼らを怒らせるようなことは一切言わないように気をつけた。

という日本語を以下のように英訳するとします。


さて、以下の(a)〜(f)の英訳、それぞれの適否はどうでしょうか?

(a)I was careful to say nothing that made them angry.

(b)I watched my tongue so as not to say a single word that would make them angry.

(c)I was careful not to say anything to make them angry.

(d)I was careful not to say what would made them angry.

(e)I paid attention so as not to say anything that would make them angry.

(f)I was careful about not saying any words that would make them angry.


続きを読む
posted by 石崎 陽一 at 20:01 | Comment(0) | 文法・語法ノート | 更新情報をチェックする

2017年03月05日

a headache と my headache


1DM42459b.jpg



2日間頭痛が続いている。


という日本語を以下のように英訳するとします。


さて、以下の(a)〜(d)の英訳、それぞれの適否はどうでしょうか?


(a)I have had a headache for two days.

(b)I have been suffering from a headache for the last two weeks.

(c)My headache has lasted for two days.

(d)Headache has lasted for two days.

続きを読む
posted by 石崎 陽一 at 19:10 | Comment(0) | 文法・語法ノート | 更新情報をチェックする

英単語の意味変化/ nice という語の略史


__.JPG



2014年3月に実施された神戸大学の入試問題(後期日程)を授業で扱いました。


この英文の素材は Laurie Bauer & Peter Trudgill (eds.), Language Myths(Penguin Books, 1998, pp.2-4)から採られたものです。


冒頭に

Changes of meaning can be of a number of different types. Some words, such as nice, have changed gradually.

という一節がありましたので、授業に先立ち、神戸大学で出題された箇所の手前を『上掲書』(pp.1-2)で遡ってまとめた資料を用い、ミニレクチャーを行いました。


その資料を以下に公開します。何かのお役に立てば幸いです。


英単語の意味変化/ nice という語の略史.pdf


(追記1)

印欧語根の *skei(to cut)にルーツをもつ語幹 cise から派生した語については以下の記事を参照。

動きを表す語根 cise


(追記2)

寺澤盾『英単語の世界』(中公新書、2016年)には専門用語を簡潔に解説した「用語解説」(pp.181-91)に加え、英語の多義語と意味変化についてさらに知識を深めるための「文献案内」(pp.173-9)が付せられており入門者に有益です。


(追記3)

慶應大学の堀田隆一先生はご自身のブログの以下の記事で触れられています。

nice の意味変化


posted by 石崎 陽一 at 02:09 | Comment(0) | 日々の授業 | 更新情報をチェックする

2017年02月28日

keep an eye on something という表現について(その2)


1DM42606.jpg



豊田昌倫『キングズ・イングリッシュへの旅』(サンケイ出版、1980年、pp.185-6)は

keep an eye on something

という表現を

単数で概念を表す例

として取り上げ、

She has an ear for music.(彼女は音楽がよくわかる)



Excuse me, but will you give me a hand?(すみませんが、ちょっと手をかしてください)

など、単数名詞が抽象的な意味をもつ類例を添えています。


(追記)

『上掲書』は上例の a hand について、次のようにコメントしていて興味を引かれました。

この単数は元来「片手」を意味していたようです(日本語の「片手間」と比較してください)が、ついで「片手を使ってできるぐらいの助力、ちょっとした手助け」と抽象的な意味をおびるにいたりました。


posted by 石崎 陽一 at 23:01 | Comment(0) | 文法・語法ノート | 更新情報をチェックする

keep an eye on something について(その1)


xt1a0320.jpg



戻ってくるまでこのスーツケースから目を離さないようにしてくれますか。


という日本語は以下のように英訳することができます。


Could you watch over this suitcase until I get back?

Would you mind watching this suitcase until I return?

Could you pay attention to this suitcase until I come back?

Will you keep an eye on this suitcase until I am back?

Will you keep your eye on this suitcase until I am back?


N3S_4651.jpg



上例の最後の2つで用いた

keep an eye on something



keep one's eye on something

という言い方は

keep something under general observation

の意で、この手の「見守る」系の表現に適しています。


なお、たしかに

keep one's eyes on something

という言い方はありますけれども、

こちらは

continue watching something for any significant changes

の意で、冒頭の日本語の英訳に用いると

Watch this suitcase! I think it’s going to try to escape!

といった内容を伝えることになってしまいますので注意が必要です。


posted by 石崎 陽一 at 22:49 | Comment(0) | 文法・語法ノート | 更新情報をチェックする

2017年02月24日

『英文読解の透視図』テーマ43に関する覚書(その2)


xt1a8178.jpg



篠田重晃・玉置全人・中尾悟『英文読解の透視図』(研究社、2006年、第13刷、p.197)に次の英文が収載されています。


Television has opened windows in everybody's life. No newspaper has ever reached so many people and shown so clearly what was happening right now in their own country and everywhere else.


前記事において、文法上、下線部の was happening を is happening に修正する必要性を指摘しましたが、

それに加え、内容上、おそらく、次のように全体を書き換えねばならないと思われます。


Television has opened windows in most people’s lives. No newspaper has ever reached so many people or shown so clearly what is happening right now in their own countries and in other places in the world.


なお、下線部の「言い換え」としては


Television has made it possible for almost everyone to see much more of the world.


などが考えられるでしょう。


posted by 石崎 陽一 at 19:35 | Comment(0) | 文法・語法ノート | 更新情報をチェックする

『英文読解の透視図』テーマ43に関する覚書(その1)


xt1a8066.jpg



篠田重晃・玉置全人・中尾悟『英文読解の透視図』(研究社、2006年、第13刷、p.197)に次の英文が収載されています。


Television has opened windows in everybody's life. No newspaper has ever reached so many people and shown so clearly what was happening right now in their own country and everywhere else.


文法上、下線部の was happening は is happening に修正する必要があると思われます。


posted by 石崎 陽一 at 19:29 | Comment(0) | 文法・語法ノート | 更新情報をチェックする

『英文読解の透視図』テーマ14に関する覚書


omd50927r.jpg



篠田重晃・玉置全人・中尾悟『英文読解の透視図』(研究社、2006年、第13刷、p.54)に次の英文が収載されています。


Man is a history-making creature who can neither repeat his past nor leave it behind; at every moment he adds to and thereby modifies everything that had previously happened to him.


文法上、下線部の had previously happened は has previously happened に修正する必要があると思われます。


以下に上の英文の拙訳を添えておきます。


人間は歴史を作る動物であり、過去をくり返すことも、置き忘れることもない。たえず人間は、これまで自分の身に起きたことをみな、蓄積し、その結果それを変えてゆく。


(追記)

京都大学で出題された全文を以下に掲げておきます。

Man is a history-making creature who can neither repeat his past nor leave it behind; at every moment he adds to and thereby modifies everything that has previously happened to him. Hence the difficulty of finding a single image which can stand as an adequate symbol for man’s kind of existence. If we think of his ever-open future, then the natural image is of a single pilgrim walking along an unending road into hitherto unexplored country; if we think of his never-forgettable past, then the natural image is of a great crowded city, built in every style of architecture, in which the dead are as active citizens as the living. The only feature common to both images is that both are purposive; a road goes in a certain direction, a city is built to endure and be a home. The animals, who live in the present, have neither cities nor roads and do not miss them; they are at home in the wilderness and at most, if they are social, set up camps for a single generation. But man requires both; the image of a city with no roads leading away from it suggests a prison, the image of a road that starts from nowhere in particular, an animal trail.


posted by 石崎 陽一 at 19:21 | Comment(0) | 文法・語法ノート | 更新情報をチェックする

2017年02月19日

何らかの理由で本来の姿かたちを失った物を表す(その2)


sdim0231.jpg



『攻略! 英語リスニング』2015年4月号、Lesson 1 Chili con carne には、チリコンカンにまつわるさまざまな食物を表す名詞が登場します。


It's a spicy stew, usually with beef..., chili peppers, and beans. I usually add garlic and onions. Sometime a bit of cumin. Some people put grated cheese on top, sour cream maybe, and they eat it with crackers or corn chips or tortillas.


...back in the 19th century people combined dried beef, fat, salt and pepper, and chili peppers in chili bricks, which they added to boiling water.


先の記事で、

ある名詞が可算か不可算かは語によって決まっているのではなく、原形を留めているかどうかが可算名詞と不可算名詞の違いとして表れてくる

のだと述べましたが、この点から上例を眺めてみましょう。


続きを読む
posted by 石崎 陽一 at 20:49 | Comment(0) | 文法・語法ノート | 更新情報をチェックする
ページトップへ戻る