2012年01月18日

2012年センター試験・英語(筆記)解答のポイント(その1)


PC194386.JPG


第1問 A

一応「細かなことは普段から」というメッセージととらえておきます。

(発音と綴り字の関係の学習、語尾と第一アクセント(第一強勢)の位置との関係の学習も含めて。)

昨年(2011年)実施のセンター試験について、作成部会は

ペーパーテストで発音を問うという形式的な矛盾は解消されないが、高等学校教育への波及効果を考慮するとこのような問題は今後とも必要と言えるだろう。

との公式見解を発表しており、これを踏まえて今回の出題がなされたことを考えますと、この形式は次回も踏襲されるのでしょう。

ただ、それなら

「聴覚障害のある受験生への配慮はどう考えているのか?」

という問いに対する答えを、ぜひとも提示していただきたいものです。

問1

<u>ほどいろいろな発音をもつ文字も少ないのではないでしょうか。

[u][juː][uː][ʌ][i][e][ə]など様々ですから、個別に覚えていくより他にありません。

今回はその中でも実例の最も豊富な[juː]と比較的実例の少ない[uː]が問われています。

Cのrudeだけが[uː]で仲間はずれです。ちなみに、[uː]の発音をもつ語は他にrule, truthがあります。

問2

<ea>は[e][iː][ei]のいずれかで発音します。

調べてみると、入試では[e]と発音する語が多く出題されているようです。本問の@featherの下線部もその例です。

<e>は[i][e]の他、アルファベットの読み方通りに[iː]とも発音されます。本問ではCgeneの下線部がその例です。

AfederalとBgenderの下線部はともに[e]の音です。

問3

<gh>は[f]と発音されるか、または黙字である場合が圧倒的に多いです。

ghostやGhanaの下線部のように[g]と発音されるケースがあるにはありますが、かなりのレアもの。)

本問ではBmightyの下線部だけが黙字で仲間はずれです。そういえば、今では「オール・マイティ」などとすっかり日本語にも馴染んでますよね。

問4

<c>はe, i, yの前では[s]と、それ以外では[k]と発音します。よって、Cfacilityの下線部だけが[s]で仲間はずれです。


写真.JPG


第1問 B

第一アクセント(第一強勢)の位置特定は、まず語尾に注目です。

問1

-igueという語尾は[íːg]と発音します。実例はintrigue(陰謀)、そしてBのfatigueくらいに限られています。

-eeという語尾や、-eeにrを付けた-eerという語尾、そして-eerのeとrをひっくり返した-ereという語尾は、最初のeの上に第一アクセント(第一強勢)がきます。本問ではAcareerとCsincereが該当します。

なお、-ereで終わる語は少なく、interfere(妨害する)やsevere(厳しい)、ちょっと難しいですが、persevere(耐え抜く)くらいを覚えておけばよいでしょう。

問2

古典的なゴロ合わせですが、

「イアンとイオンが斑鳩(いかるが)に行く」

というのがあります。

イアンは-ianという語尾、イオンは-ionという語尾、斑鳩の「いかる」は-icalという語尾、行くは-icという語尾のことです。

百発百中、これらの語尾はその直前の母音に第一アクセント(第一強勢)がきます。

(-icには若干の例外あり。例外についてはいずれ触れる予定です。)

見出し語のreligionとCのmusicianにはこの関係が当てはまります。

また、-tainという語尾はこの語尾自体に第一アクセント(第一強勢)がきます。Aのentertainに当てはまりますね。

問3

-ityという語尾や-graphyという語尾をもつ語はその直前の母音に第一アクセント(第一強勢)がきます。見出し語のidentityやCのgeographyに当てはまります。

(-ityや-graphyなどを含めたゴロ合わせが昔からあるのですが、それはまた機会を改めてご紹介します。)

Bのelectronicsは「イアンとイオンが斑鳩に行く」の行く(-ic)に相当する語尾と見なして結構です。直前の母音に第一アクセント(第一強勢)がきます。


以上、語尾と第一アクセント(第一強勢)の位置との関係について記してきましたが、やはり一期一会のつもりでコツコツと地道に正確な発音を身につけていくのが大前提であることに変わりはありません。


84.JPG


第2問 A

語彙の問題がやや増加しました。

問1

語彙の問題(動詞)。@のabsorbは何かを「吸収する」の意。衝撃などを吸収する緩衝器のことを「ショック・アブソーバー」と言いますが、shock absorberが原語です。Aのaccompanyはgo withを1語で言った感じの語。Cのappointはap-が誰か「に向かって」、pointが「指をさす」ですから「指名する、任命する」の意。正解のBadopt(採用する)のoptは名詞形のoption(選択(肢))からわかるように「選択する、選ぶ」が原義。

問2

語彙の問題(郡動詞・前置詞句)。正解は@depending onですが、基になっている“depend on A”という郡動詞には「(物事が)Aによって決まる、A次第だ」の意味があるのに対し、類義表現であるrely onではその意味は表せません。

なお、“depending on A”は本来は分詞構文で「Aによって、A次第で」の意ですが、“according to”などと同様に、前置詞句とみなされつつあります。

問3

文法の問題(時制)。by the time(〜する頃までには)はひと固まりで接続詞の働きをし、whenなどと同様、時を表す副詞節を作ります。時を表す副詞節では未来の出来事を述べるのに現在形を使うのでした。主節の内容から判断して文全体が未来の話だとわかるからです。よって、@のarrivesを選びます。実質1択問題。

問4

後半部のand以降をみますと「ブレーカーが落ちた」とあります。よって、前半部にはその原因となる状況、すなわち、「同時に電子レンジ、トースター、暖房、すべてをオンにしていた」という内容がくれば自然です。Aのonを選びます。

問5

語彙の問題(形容詞)。空所が不定冠詞のaとdropという名詞の間にはさまっていることから、この空所にはどんなdrop(落下)かを述べる語が入るはずです。

@のcircularは下線部がcircle(円)に酷似しているように「円(形)の」の意味。Aのcubicはルービック・キューブのcubeに酷似しているように「立(方)体の」の意味。Bのhorizontalはhorizon(水平線)という語が入っていることからわかるように「水平の」の意味。いずれも「落下」とは結びつきません。このように、消去法からも正解のCvertical(垂直の)を導けます。

問6

語彙の問題(名詞)。「あなたが留学プログラムに応募できるのは教わっている先生の推薦状があるという(  )に基づいて」ということですので、@のcondition(条件)を選びます。

問7

語法の問題(不定代名詞)。「ダイキの妹さん、双子らしいね。2人に会ったことある?」との質問に「いや、まだそのどちらにも会ったことないよ」と応じます。「2人(2つ)のうちどちらも〜ない」はneitherの出番ですが、本問では空所の前にhaven't metとすでに否定語が出ていますので否定の“n”のない方、すなわちeitherの方を選びます。

問8

語法の問題(使役動詞)。使役動詞letに注目します。「let+目的語+動詞原形」の型で使いますので@を選びます。実質1択問題。

問9

文法の問題(関係代名詞)。「シオリってどの子?」との質問に「ぼくが少し前にしゃべっていた子だよ」と応じます。直後に動詞が続くという空所の位置的にBやCの可能性が一瞬頭をよぎりますが、どちらを選んでも前置詞withの目的語が不足したままになりますので不可。ここは@の I を選びます。前置詞withの目的語が先行詞として前方に移動し、目的格の関係代名詞whomが省かれていると考えるわけです。

問10

語彙の問題(群動詞)。「自分の職務をさらに効果的に(  )ため、懸命に英語力を高めようとしていた」という文意から「遂行する」のcarry outを想起します。


(追記1)

四国英語教育学会の紀要論文に次の一節が見られます。

この段階で暴露してもすでに時効になっているとは思うが、(中略)最終的には(中略)リスニングテスト導入までの暫定的措置として、単語と文レベルのストレスに限定して発音問題を出題するという結論に達した。その後、その申し合わせがそれ以後の出題委員にどの程度受け継がれて行ったかについては知るよしもないが、2006年1月(中略)にリスニングテストが導入されたにもかかわらず、発音問題は筆記テストから姿を消すことはなかった。


(追記2)

黒田龍之介『寝るまえ5分の外国語 語学書書評集』(白水社、2016年、pp.146-7)は

2001年に発行された『フランス語大学入試センター試験問題集』は「出題傾向と学習の要点」の項に

発音は正しく発音できることが大切ですが、マークシート方式の制約から、つづり字と音との関連についての設問です

とあると指摘しています。


posted by 石崎 陽一 at 23:37 | Comment(2) | センター試験・英語 | 更新情報をチェックする

2012年01月17日

2012年センター試験・英語(筆記)に関する雑感


P1034551.JPG


14日に行われたセンター試験・英語の筆記試験にトライしました。

結果はと言うと…チャレンジにはトータルで約55分かけ、満点を確保しました。(まぁプロなので当たり前ですが^^;)

昨年は第6問の問2で“NOT mentioned”のNOTを見落としたことによる失点をして悔しい思いをしましたので、見直しをしっかりしたのが功を奏しました。

感想としては、全体を通じて形式がシンプルで取り組み易かったという印象です。罠にかけられる要素は2011年の問題に比べてさらに減ったように感じました。

昨年よりやや答え易くなったのではないかな?

解答根拠が明確な、素直な問題が多く、大問ごとに十分な解答時間を確保できた受験生は高得点を取れたでしょう。

各問に対するコメントは、もう少し整理してからアップしたいと思います。

それでは、また。


(追記)

新聞朝刊に掲載されたものだと文字が小さくて目に悪いですよね。

私はネットからPDFファイルをダウンロードしプリントアウトしたものをコピー機でマガジンソートし冊子にして取り組んでます。


posted by 石崎 陽一 at 08:47 | Comment(0) | センター試験・英語 | 更新情報をチェックする

2011年07月24日

大学入試センター・試験問題評価委員会報告書


20110417一杯のコーヒーでひと休み.JPG


実施から半年が経ち、少し前から大学入試センターのHPで試験問題評価委員会報告書がアップされています(こちらをクリック)。


受験生が見る資料ではないですが、次年度のセンター試験の流れを見たり、問題作成者の意図をつかむのに役立ちます。


その意味で英語の受験指導をする者には参考になる資料です。これで今年度のセンター試験の分析が完成します。


少し落ち着いたら改めてコメントしようと思います。


posted by 石崎 陽一 at 23:39 | Comment(0) | センター試験・英語 | 更新情報をチェックする

2011年01月23日

2011年センター試験・英語(筆記)解答のポイント


46.JPG


第1問

「そもそもペーパーテストで発音・アクセントを問う意味はどれだけあるのか?」とか「聴覚障害のある受験生への配慮はどうなっているのか?」とか、その他にもいろいろ思うところはありますが、一応「細かなことは普段から」というメッセージととらえておきます。Bの第1アクセント(強勢)の位置特定に際しては「語尾に注目」が鉄則です。

ちなみに、受験してきた生徒の話を聞くと、coach と couch は語全体の格好から読み間違えるということが起こったようです。


40.JPG


第2問 A

語彙や語法の出題が増えました。しかし、どのような基準で出題項目が選定されているのでしょうね。ちなみに、某頻出問題集では問4・問5・問9を除いた項目がヒットしています。

問1

“mind doing”およびriseとraiseの区別が問われています。

問2

空所の右に見える“on weight”から、応答を読まなくてもputに決まりです。

問3

動詞wishは事実とは反対の、または実現不可能な願望を表すときに使います。よって“I wish”以下の節内では仮定法過去か仮定法過去完了を用います。実質1択問題。

問4

空所直前のinは前置詞。前置詞に過去分詞が後続することは“give up A for lost”や“take A for granted”などあるにはありますがまれです。よってBのflownは消えます。Aのflowingはギャグ。消去法で正解を導けます。

問5

「Aを〜して」の意味の句では“in the 〜 of A”と目的関係を示すofを使うことが多いです。ちなみに、だいたいの頻出問題集に掲載されている“in search of A”は“in the search of A”からtheが脱落したものです。こういうことを知らずになまじ“hope for A”という動詞の語法を知っていると@のforを選びたくなるかもしれませんが、本問のhopeは名詞です。

問6

語彙の問題(名詞)。医師・医院の診察や会合などの「予約」は「人と会う約束」なのでappointmentを使います。

問7

形式目的語構文“find+it+形容詞+to do”の理解が問われています。これは仮目的語itを本来的な目的語の位置にたて、その代わり、意味上の目的語を文末に移した構文で、形式主語構文の場合と同様、意味上の目的語は、通例、長くて複雑で、したがって意味する内容も豊かなので、それを強調するために文末に移したものです。

問8

be(   )to doの形で使え、かつ「誰に提出すればよいでしょうか」という文意にそぐう語を選びます。“be supposed to do”はいわば固定した受動態の表現で助動詞的に使われ、“ought to do”のように義務を表します。なお、“supposed to”の発音は逆行同化の作用により、しばしば[サゥストゥ]となります。

問9

語彙の問題(動詞)。@のcrowdは大勢の人が集まって混み合う様を言い、全国各地に散らばっていた人がお正月休みに1ヶ所に集まることを言うのはBのgatherが適切です。ちなみに、Aのformは何かが「形になって表れる」の意味で、「沿岸に氷が張った」とか「牛乳を温めていると表面に膜が張ってきます」などのような場面で使います。また、Cのset絡みの群動詞としては“set out for A”「Aを出発する/Aを始める」がだいたいの頻出問題集に掲載されていますが、早とちりしないように。

問10

「たとえgiftedではないにしてもenthusiasticなplayerだ」という文意にするには“if not A”を使います。このifは“even if”の意味のifです。だいたいの頻出問題集に掲載されています。


84.JPG


第2問 B

問1

直前のPeterのセリフから「時が経つのは早い」という趣旨のセンテンスを選びます。

問2

ウエイターの勧めに「それもらうよ」と応じます。

問3

少し手こずったかもしれません。“How exciting!”以下ChesterのセリフにAnnaleeが“Yes”と応じていますのでChesterのセリフを敷衍するセンテンスを選びます。


PA033926s.jpg


第2問 C

「小さくまとめて大きくつなげる」のが鉄則。名詞句の限定表現と動詞・助動詞の活用がチャンクを作る鍵を握ります。

問1

空所の左にforという前置詞があり、直後には(代)名詞か動名詞がくることがわかります。“the advice”を中心に“you gave me”を接触させ、greatを付け足します。

問2

callという動詞は目的語に人しかこないので、“called the company”という組み方はできません。よって、空所内はS+Vと展開すると予想できます。また、空所の右にはan interviewが見えており、意味から考えてfor an interviewと固定できます。Sとしてthe companyを据え、述語動詞をcalled, him, inで組み立てます。このとき、“called in him”としないように。群動詞を使う際、音調の関係から代名詞は必ずはさむのでした。単独の文法問題や正誤問題ではひっかからない人も整序問題だとひっかかるので要注意です。

問3

Doingで文が始まっていてカンマで区切れていないので、空所の手前までが主語となる動名詞句になるとわかります。述語動詞は“would help”か“would develop”の可能性があるが、“help A (to) do”の語法を想起して“would help you develop”と組み、developさせるものとして“your communication skills”とすればよいでしょう。


PA033944s.jpg


第3問 A

下線部を空所とみなし空所補充問題として解きます。

問1

“I simply could not(   )it.”のnotに注意。「お姉ちゃんが数学の宿題を手伝ってくれたんだけど、どんなにがんばってもそれを全く(   )できなかった」

問2

セールスパーソンはどんな性質をもっていれば同僚より売り上げを伸ばすことができますか。


PA033929s.jpg


第3問 B

29

“I like being a different person on stage.”や“I can't imagine such drama in my daily life, so I prefer performing serious roles like that.”などから正解にアプローチします。

30

“Personally, it's difficult to imagine how characters who are different from me would feel and behave. I'm not an optimistic person and I tend to take things very seriously.”などから正解にアプローチします。

31

“but I'm most comfortable playing someone whose personality is close to mine, I mean, playing comic roles.”から正解にアプローチします。3つの中では一番解きやすい空所かもしれません。


PA033915s.jpg


第3問 C

以降、全般的に言えることですが、指示語やディスコースマーカー(談話標識)を活用し、漫然とではなく論理関係を意識して読むことが大切です。第1パラグラフはトピックパラグラフの役割を果たしていることが多いので注意して読みましょう。

32

第2パラグラフ冒頭に空所。空所の次のセンテンスに“first”とあり、第2パラグラフの下から3行目に“After the dyeing”とありますので連続性(sequence)を軸に時間的順序を述べる典型的なパラグラフ展開を思い出しましょう。

33

第3パラグラフ冒頭のセンテンスに“The preparation of batik”には“great skill”が必要とあります。空所の右には“Therefore, batik makers perform certain rituals to make sure they will be successful in waxing and dyeing the cloth.”とあります。うまくやるのに「儀式」を行うというのです。では「何のために?」と考えると正解が見えてきます。

34

空所の次のセンテンスで“The unique patterns drawn in wax and the soft colors all combine to make this a special product.”とあり、batikを“a special product”たらしめているのは“the complex production process”だけでないことがわかります。


PA033887.JPG


第4問 A

問1

「“social equality”と“freedom of opinion”、そして空所に入るものは“equally valued”だが」とあります。グラフを読めばtoleranceしかありません。

問2

1つずつ点検していきます。

@ “closely follow”が×
A グラフより× 逆です。
B グラフより× 
C 第3パラグラフ3行目に“For example, freedom of opinion was selected by 37 percent of all respondants, but more highly valued in the UK(55%)and the Netherlands(52%)than elswhere.”とあるので○。

問3

必ずしも順番通りにやらなくてもこの問だけ先に解けます。

最終パラグラフに“to improve communication, it is important to recognize differences in values.”“tobecome effective communicators, people should reflect objectively on their own values.”とあります。


PA033948.JPG


第4問 B

限られた時間の中では「いかにして読まないか」が鍵を握ります。求める情報が広告のどこにあるか検討をつけ、必要とする情報だけを探して読みます。情報が得られたら読むのをやめます。

問1

広告の◆の項目に“receive the SWIP money-transfer slip, fill in the necessary information and pay at a nearby convenience store”とあります。

問2

広告の上から4つ目の●に“all subscribers can find free tickets to English seminars we sponsor in Japan.”とあります。

問3

この広告の上から6行目に“informed of what's happening around the world”とあります。


PA033923.JPG


第5問

特定の情報に狙いを絞り、それだけを求めて素早く読む「探し読み」の技術を使います。前もってリード文に目を通しておきどんな情報をつかみにいくのか明確に意識しておくのが肝心です。

問1 

5行目から6行目に“The train ride into town in the morning was pleasant.... It wasn't crowded at all and I had plenty of space.”とあります。spaceを正解の選択肢ではroomと言いかえています。

問2 

24ページ下から3行目から25ページ1行目にかけて“The train ride was terrible.(中略)But it was embarrassing when he turned the pages. He made so much noise that people turned and looked at us.”とあります。

問3 

この日に経験した出来事を丹念に確認していきます。注意力と集中力の問題。

問4 

25ページの下から7行目に“I think she is relieved now, because she has winter clothes ready for my brotehr and me. This is one of the biggest things she has to do each year and now she is finished with it.”とあります。

問5 

たしかに購入した物を丹念に確認していきます。注意力と集中力の問題。

図や絵とのマッチング作業が面倒です。「これって英語力を見る試験なのかな?」という疑問が頭をよぎる問題でした。


P4182932s.jpg


第6問

下見と予測の技術を使います。設問を先に見渡しますと、第1パラグラフと第6パラグラフを先に読んだだけで問5が解けてしまいます。問題点を頭に入れて「走り読み」をします。

問1 

第2パラグラフのトピックはrodentsの“teeth”と“muscles”です。

問2

リード文の“NOT mentioned”に要注意。消去法で解くのが原則ですが、いきなり@で答えが確定します。

問3 

overpopulationによってもたらされる“food shortage”について述べています。

問4 

最終文に“those that do survive have the opportunity to reproduce and pass on their advantageous traits to a new generation.”とあります。

問5 

問6の選択肢をみると最後が結論となる文章だとわかりますので、トピックパラグラフとなることの多い第1パラグラフと第6パラグラフを注意して読みます。

問6 

最後が(f)で揃っています。出だしは(b)か(d)かなのでとりあえず(b)で始まるか検討します。いきなり生存の理由を述べても困るので(d)始まりが決定。BとCに絞れます。BとCの各記号の並び方を眺めると(c)→(e)か(e)→(c)かを調べれば決定できることがわかります。(c)→(e)はあり得ないのでCに決まりです。


posted by 石崎 陽一 at 23:35 | Comment(0) | センター試験・英語 | 更新情報をチェックする
ページトップへ戻る