2010年11月28日

精読の醍醐味を堪能して(その5)


PB284193.JPG


千葉大学言語教育センターの公開講座に参加して、同センター教授の久保田正人先生の導きにより英文学の名作を原文で味読してきました。


その中で特に印象に残ったことを4回にわたって記してきましたが、
このように私たち参加者は

「原文をきちんと読むとここまでわかる」

ということを体感させていただくことができました。


文学は言語の芸術ですので、当然言語を正しく理解しないと文学を味わうことはできません。


この講座は『ハリーポッター』の他、ルイス・キャロル、エミリー・ブロンテ、シェイクスピアの名作4作品の名場面を精読し新訳を与えるという試みでしたが、

知識をどのように作品理解に活かすかを目の当たりにし、渡部昇一先生の講義以来、久々に知的興奮を禁じ得ませんでした(^-^)


久しぶりに精読の醍醐味を堪能させていただき、大きな収穫ありの講座でした。


今の時代、速読による生徒の情報処理能力や通弁的な英語の運用能力を高めることもたしかに大切ですが、このような地に足の着いた読書の醍醐味もしっかりと伝えていきたいと思います。


PB284184.JPG


... the elders with whom I was bred ...
(私がいっしょに育った年長の人々 ...)

この表現は、筆者が学部の学生であったとき、福原麟太郎先生の演習で出くわしたものである。私は、括弧内に示されているような日本語に、これを訳した。先生は、すぐ、「それはどういうことですか。」と問われた。私は、同じ訳文をもう一度繰り返した。先生は「それはどういうことかね。」と重ねて問われた。私は、答えに窮した。顔は紅潮し、胸は早がねを打った。沈黙が続いた。やおら、先生は、「私が子供であったとき、大人であった人たちは、ということではないですか」と言われた。無条件降伏であった。が、そのとき大きな鱗が、はらりと、目から落ちるのを感じた。

安井稔『納得のいく英文解釈』
(開拓社、1995年、iv〜vページ)



posted by 石崎 陽一 at 12:33 | Comment(2) | 最近参加したセミナーからの気づき | 更新情報をチェックする

精読の醍醐味を堪能して(その4)


PB214124.JPG


Dursley夫妻はその住んでいる所から判断するに、大金持ちではないがそこそこのお金持ちのようです。


夫妻の苗字と社会的ステータスの紹介の後に、この夫妻の性格が描かれます。

Mr and Mrs Dursley, of number four, Privet Drive, were proud to say that they were perfectly normal, thank you very much.

Dursley夫妻は“were proud to say”「胸を張って次のように言った」とあって、“they were perfectly normal, thank you very much”と続きます。


この“they”は直接話法なら“we are”となるところですから、ここは、私たちは“perfectly normal, thank you very much”と「胸を張って言った」という場面ということになります。


“perfectly normal, thank you very much”という語句の真意はいかがなものでしょうか、と久保田先生は我々に問いかけます。


ふつう、自分たちのことを胸を張って人に「まとも」と言うでしょうか。


PB033987.JPG


恐らく、言わないでしょう。まともかどうかは人が判断することであって自分から口にするのは恥ずかしい。


だから、もし胸を張って私はまともですと言う人がいたら、たぶんその人はまともでないでしょう。


これはお酒を呑んだ人が「オレは酔ってない」と言っていたらその人は相当酔っていて、「酔ったかな」と言う人は酔っていないのと同じではないか。


久保田先生はユーモアを交えながら話を進められます。


PB234151.JPG


さらに、normalという形容詞の前にperfectlyという副詞がついていることにも要注意です。


英和辞典には掲載されていませんが、COBUILDによれば、

You can use perfectly to emphasize an adjective or adverb, especially when you think the person you are talking to might doubt what you are saying.
とあります。


つまり、相手がこちらの言うことに疑念を抱いているらしいと感じられるときにnormalやgoodなどプラスの評価を表す形容詞を強調してそれを打ち消そうとする。


疑念を持っている相手に対して反論をするときの言い方なのですね。日本語で言えば「どこから見ても、正真正銘、〜ですよ」というニュアンスです。


ですから、ここは「私たちのこと、隣近所の皆さん方normalと思っていないでしょうが、とんでもない、私たちはいたってまともです、そんなことありませんよ」くらいの意味で、単純にnormalというのを強調しているわけではないことに注意が必要です。


aki_099.jpg


このperfectlyという副詞とある意味係り結びになっているのが“thank you very much”というフレーズです。


これは「ありがとうございます」ではありません。COBUILDには

You use thank you or thank you very much in order to say firmly that you do not want someone's help or to tell them that you do not like the way thay they are behaving towards you.
とあり、“thank you very much”という表現が不快感の表明に使われることがあると書かれています。


その根拠はmuchという副詞にあります。


周知の通り、muchはふつう否定文で使い肯定文では使いません。したがって、ときどき肯定文で出てきたとき要注意です。


本当は否定文で出てくるのにそれが肯定文で出てきたらどうやって解釈するか、と言えば、やはり否定的な意味で解釈する。


たとえ形が肯定であっても否定でしか使わない表現が出ているわけなので否定で解釈する、というわけです。


PB284196.JPG


“Thank you very much.”


海外旅行でバスや電車に乗ったとき、お年寄りに席を譲る場面で、こちらが善意で席を譲ったときにお年寄りの中にはこう言う方がいらっしゃる。


日本語で言うと「余計なことをするな」という感じでしょうか。muchが出ているので否定的なニュアンスで受け取れます。


ことほどさように、“perfectly normal, thank you very much”とDursley夫妻が口にしたとて決して相手に感謝しているわけではなく、

むしろ「私たちに変なことを言うな」「失礼なこと言わないでください、私たちはまともなんですから」くらいの含みを感じとらねばなりません。


ですからこの言い方は相手に対するある種の敵対的な物言いであり、Dursley夫妻の性格(の悪さ)を端的に描写している表現と言えます。


PB034013.JPG


“Thank you very much.”はこのように相手に嫌悪感をもっているときの表現にも使われますし、なかなか日本語にしにくいフレーズです。


例えば飛行機の機内アナウンスの最後に“Thank you very much.”とあれば「失礼いたしました」くらいのニュアンスでしょうし、いずれにしてもことばとしては注意しなければいけない表現です。


またお礼を言う場合も注意が必要です。


ネーティブスピーカーはそう頻繁に“Thank you very much.”と口にしません。では本当に感謝している場合、どこに否定的なニュアンスがあるかというと、「まさかそこまでしていただけるとは思いませんでした」という感じなのですね。


ですから“Thank you very much.”は自分の期待していた以上のことを相手がしてくれたときに使う表現であり、店員さんがお釣りをくれたくらいでは言わないのです。


もし言ったとすると、「へぇこのお店ではお釣りくれるんですか」という含みが伝わることになります。


posted by 石崎 陽一 at 10:38 | Comment(0) | 最近参加したセミナーからの気づき | 更新情報をチェックする

精読の醍醐味を堪能して(その3)


千葉大学の公開講座ではまず、講師の久保田正人先生とともに、『ハリーポッター』第1章の“THE BOY WHO LIVED”というタイトルを、関係代名詞の制限用法と自動詞liveの語義という観点から解釈しました。


このように文法面、語法面からのアプローチによって作品の全体像に迫り、作者の仕掛けた「何か事件が起こるぞ」という読者への暗示を体感することができるのですね。


一字一句疎かにしない精密な読みをいよいよテキスト本文に施していきます。

Mr and Mrs Dursley, of number four, Privet Drive, were proud to say that they were perfectly normal, thank you very much.

冒頭、“Dursley”という苗字をもった夫妻が登場します。


その住所が“of number four, Privet Drive”「プリベット通り4番地の住人」と書かれていますが、この番地から何を連想するでしょうか?


PB214140.JPG


実は、この住所だけでこのDursley夫妻の社会的地位がある程度わかるのですね。


まず“Privet Drive”の“drive”ですが、英語では道の種類によって名前が変わります。


道の両側に家が建ち並ぶ、そういう道のことは“street”といい、それが少し拡大されて「街」という意味が出る。また、両側に家が並んでいない、「街」と「街」を結ぶ道路は“road”といいます。


では、“drive”というのはどのような道路かと言えば、比較的土地の高い、新興住宅地を通っているような道路のことを指します。よって、住所に“drive”とあるこの夫妻は比較的裕福であることが推察される。


また“privet”は園芸をする人には馴染みの深い、垣根を作るときの代表的な木です。生け垣用の木として有名なこのイボタノキを通りの名前に冠したこの一帯は、家と家の間にフェンスのようなものをつけずに生け垣で家と家の間を仕切っている、イメージとしてはかなりいい住宅地だと推測できます。


PB214138.JPG


このDursley夫妻はそうした住宅地の“number four”「4番地」の住人というわけですが、よく知られているように、番地の振り方は日本とは違い、「4番地」といっても端から4番目ではないのですね。


欧米では通りの両側が住所で、1番地があったら通りを挟んだその真正面が2番地、斜め前が3番地、というように奇数、偶数で並んでいますので、「4番地」というのは端から2番目ということになるわけです。


これはそこそこ高い。


日本と同様、やはり角地が一番土地の値段が高いので1番地、2番地は高いのですが、4番地はそこそこ高い。


ですから、この“of number four, Privet Drive”「プリベット通り4番地の住人」という番地から、この夫妻は大金持ちというわけではない、そこそこのお金持ちというのがおおよそイメージできる、というわけです。


posted by 石崎 陽一 at 09:56 | Comment(0) | 最近参加したセミナーからの気づき | 更新情報をチェックする

2010年11月16日

精読の醍醐味を堪能して(その2)


aki_004.jpg


千葉大学の公開講座では英文学の名作、名場面ばかり4作品が扱われたのでしたが、

まず『ハリーポッター』シリーズから第1巻Harry Potter and the Philosopher's Stoneの第1章、本当の出だし部分を精読しました。


精読を進めるにあたり、講師の久保田正人先生より次のご指摘がありました。


“THE BOY WHO LIVED”という第1章のタイトルが含意するのは?


PB234150.JPG


liveという動詞を見るとただちに「住んでいる、暮らしている」という日本語を想起しがちですが、

「暮らしている」というからにはどこに住んでいるかに言及するため、場所を示す副詞表現が後続するのが自然です。


けれど、この“THE BOY WHO LIVED”というタイトルにはそうした場所が明示されておらず、liveが単独で使われています。


このように単独で使われた場合のliveは、実は「生き残る、生き延びる」の意味なのですね。


PB234155.JPG


ですから、と久保田先生は続けます。


boyが定冠詞をかぶっていることにも留意すると、

“THE BOY WHO LIVED”とは「生き延びたただ一人の男の子」と解せる。


ここから何か事件があった、というニュアンスが看取できる。


そして事件があったのはその通りで、この生き延びた1人の男の子というのがハリーポッターです。


また、「生き延びた男の子」というからには「生き延びていない人たち」が裏にいるわけですが、それがこの男の子の両親。


実際、この両親が殺害されたという内容が後の方で出てきます。


その殺害した本人が“the philosopher's stone”すなわち不老長寿の薬をほしがっている。それを妨げるハリーポッターの物語が第1巻です。


私たち参加者は出だし早々、早速「原文をきちんと読むとここまでわかる」ということを体感することになりました。


posted by 石崎 陽一 at 22:43 | Comment(0) | 最近参加したセミナーからの気づき | 更新情報をチェックする

2010年11月15日

精読の醍醐味を堪能して(その1)


so_198.jpg


昨日は千葉大学言語教育センター主催の公開講座に参加。


住まいから東京を横断、2時間ほどかかりますのでちょっとした遠足気分で出かけました。


天気も良かったですしね(^-^)


千葉大に着いてみると、キャンパス全体が模擬試験の受験会場になっていたようで、休日にもかかわらずにぎわいを見せてました。


早めに着きましたので構内を少し散歩。紅葉が見頃でしたよ。


aki_056.jpg


この講座は同センター教授の久保田正人先生と一緒に英文学の名作を原文で読むという趣旨のもので、

4作品の名場面を精読し新訳を与えるという試みでしたが、

知識をどのように作品理解に活かすかを目の当たりにし、久々に知的興奮を禁じ得ませんでした(^-^)


久しぶりに味読の醍醐味を堪能させていただきました。


久保田先生は安井稔先生の学統の方であることを後で知り、大いに納得をした次第です。


952-ityounamiki.jpg


名作と言われる作品はやはり出だしで読者を引きつけるということで

まずは世界64ヶ国語に翻訳され、聖書、毛沢東語録についで世界第3位の売り上げを誇る『ハリーポッター』シリーズから

第1巻Harry Potter and the Philosopher's Stoneの第1章、本当の出だし部分を精読しました。


次はその最初のパラグラフです。

Harry Potter and the Philosopher's Stone

CHAPTER ONE

THE BOY WHO LIVED

Mr and Mrs Dursley, of number four, Privet Drive, were proud to say that they were perfectly normal, thank you very much. They were the last people you'd expect to be involved in anything strange or mysterious, because they just didn't hold with such nonsense.

精読を進めるにあたり、久保田先生のご指摘で私の関心を引いた点をほんの数点、書き留めておきたいと思います。


1.Harry Potter and the Philosopher's Stoneの邦訳は『ハリーポッターと賢者の石』だが、これでよいか?


2.“THE BOY WHO LIVED”というチャプター・タイトルは何を含意するか? 動詞liveの語法からアプローチできないか?


3.本文の書き出しに“Mr and Mrs Dursley, of number four, Privet Drive”とある。“number four, Privet Drive”という番地から何を連想するか?


4.“perfectly normal, thank you very much”という語句の真意は?


5.“the last people you'd expect to be involved in anything strange or mysterious”という部分における“the last〜”を教える際どう説明するか?


ya_080.jpg


中でも上の1の観点については非常に興味深かったです。久保田先生のご説明をまとめると次のようになります。


『ハリーポッター』シリーズのタイトルはこの1巻から第7巻まで首尾一貫して“A and B”の形になっていますが、

タイトルに“A and B”とあるときは単純な足し算ではないのですね。


タイトルが“A and B”の形式をしている場合、andの左側、すなわちAが中心です。


Aがテーマを表し、Bはそのテーマをどういう視点から見るかを表します。


ですから、タイトルが“A and B”の形式をしている場合、「Bを通してみたA」「BをめぐるA」というような意味合いで解釈すべきです。


よって、Harry Potter and the Philosopher's Stoneというタイトルの意味するところは

「賢者の石をめぐるハリーポッターの物語」ということになります。
(「賢者の石」とは「不老不死の薬」を表すイディオムです。)


ですから、D.H.LawrenceのSons and LoversやJane AustenのPride and Prejudiceの邦題はそれぞれ『息子と恋人』『高慢と偏見』となっていますが、これでは表層的な理解に留まってしまうことになります。


…万事、ハスキーボイスの名調子に乗ってこんな具合に精読作業が進んでいきます。


PA033887.JPG


あと、5の観点については、私は生徒に教える際、いつも次のように説明していました。


「うそをつかなそうな人」を英語で“the last person to tell a lie”と表現する場合があります。これはうそをつきそうな人を一人ずつ思い浮かべていったときに「Aくんでしょ、Bくんでしょ、Cさんでしょ…」と指折り数えていって最後に残る人っていうのは一番うそをつかなそうな人ですね。ですから“the last person to tell a lie”という表現には否定語は含まれていませんが「うそをつかなそうな人」の意味になります。


基本的には私のこの説明と変わりはないのですが、昨日の久保田先生のご示唆はlastとfinalとを対比して教えるというものでした。


なるほど、finalは足し算でlastは引き算か…。


finalは「完成一歩手前」のプラスイメージなのに対し、lastはカウントダウンが進んで「なくなる一歩手前」というマイナスイメージを持つ。


ここから前述の私の説明に結びつく。


ある語のイメージを探るのにその語の類義語や反意語を視野に入れて検討するとよりイメージが明確になりわかりやすいですね。


この他、ルイス・キャロル、エミリー・ブロンテ、シェイクスピアの作品の名場面を同様に味読していきました。


PA033949.JPG


文学は言語の芸術ですので、言語を正しく理解しないと文学を味わうことはできません。


如上の『ハリーポッター』の例を通じて私たち参加者は「原文をきちんと読むとここまでわかる」ということを体感させていただくことができました。


実に大きな収穫ありの講座でした。


posted by 石崎 陽一 at 22:36 | Comment(2) | 最近参加したセミナーからの気づき | 更新情報をチェックする

2010年10月04日

電子辞書フォーラムに参加しました(その2)


授業に活かす電子辞書フォーラムでは講師の橋本恭先生(ESAC英語学習アドバイザープロフェッショナル)より

「英語授業に活かす電子辞書」と「小論文指導に活かす電子辞書」の2本立てでお話しがありました。


PA033879s.jpg


書籍辞書との比較のなかで電子辞書を授業に持ち込むメリット、その導入の方法や活用法について、

橋本先生のお話は1つ1つが具体的でした。

例えば、導入に際し、電子辞書特有の記号に気づかせるには、説明が1画面に収まるような単語を選び、サンプルとして生徒に提示します。

そして…ある作業をさせるのです。

(ある作業…気になります? そんな方はぜひ今度、実際に橋本先生のセミナーを受けられてみてくださいね^^)

こうしたタスクにうってつけの単語を教えていただきました。


う〜ん、なるほど。


たしかにこういう作業をすると、いろいろな気づきがあってわかりやすい。


PA033887.JPG


また、スクリーンに投影された画面を見て、実際に手元にある電子辞書を操作しながらの講義だったのもわかりやすくてよかったです。

「ここを押しなさい」と実際に手を動かさせないと生徒は気づかない、と橋本先生はおっしゃいます。


大いに実感。


読み上げ機能の呼び出し方やスペルチェック機能の使い方など実にためになりました。

特にスペルチェック機能をうまく応用すれば、逆引きをして接尾辞の働きや意味を考えさせることなども簡単にできるのですね。


PA033923.JPG


他にも

「戻る」ボタンの使い方はしっかり教えた方がいい、とか、

“call it a day”を成句検索する際は単語を入力する順番にはこだわらなくていい、とか、

説明の長いものを見るときには「ページ送り」のボタンを使うと非常に見やすくなる、とか、

痒いところに手が届く内容が目白押し。

そして、ひと通り説明された後、最後に

私たちに調べ学習のアクティビティを課される。

昨日の午後は実にlearning by doingな半日でした(^-^)


PA033948.JPG


電子辞書の活用法に関する書籍は優れたものが出ていますが、残念なことに最近書店に並んでいないことが多いです。

また手元に書籍があってもなかなか一人でコツコツ読み進めつつ電子辞書に触れるというのはしづらいものです。

それが今回のフォーラムでは、即、明日から現場で使えるノウハウをたくさんいただいて帰ってくることができました。

お得感満載のセミナーでした(^-^)


posted by 石崎 陽一 at 02:53 | Comment(0) | 最近参加したセミナーからの気づき | 更新情報をチェックする

2010年10月03日

電子辞書フォーラムに参加しました(その1)


昨日、横浜は石川町にある中央大学横浜山手中学校・高等学校に出かけ、授業に活かす電子辞書フォーラムに参加しました。


PA033877.JPG


天気もよかったですしね、早めに着いて会場の周りを散策しました。


近くのカトリック教会では結婚式。よく晴れた日に、幸せそうな雰囲気に包まれてました。


少し歩くと緑に囲まれた公園があり、日本初のテニスコート(テニス発祥の地)などがありました。


歴史が散在しています。


外国人旅行者らしき人たちも多く目につきました。


10-10-02_003.jpg


30分ほど気持ちいい汗をかき、近くの喫茶店でひと休み。


10-10-02_001.jpg


窓が大きく風がよく通りジャズが心地よい店内。ときおり汽笛が鳴り響いていました。


いいお店だなぁ。


そう思っていると、NHK講師大杉正明先生似のマスターがおいしいコーヒーを淹れてくれました。


posted by 石崎 陽一 at 22:42 | Comment(0) | 最近参加したセミナーからの気づき | 更新情報をチェックする

2010年08月29日

文法のゴールは作文に


DSCN0132s.jpg


早いものでもう10日前のことになってしまいましたが

アルクさん主催の授業力UPゼミに参加し

いろいろな意味で、原点を見つめ直す機会になりました。

いまは、講師の木村達哉先生(灘中学・高等学校)から

「文法のゴールを英作文に置いています」

ということをお聞きしたのをきっかけに、私自身の学習歴を振り返っています。

英語そのものの学習履歴について記すのは別の機会に譲るとして、

今回はドイツ語と古英語(Old English)の学習に際してのことを書きたいと思います。


続きを読む
posted by 石崎 陽一 at 10:33 | Comment(0) | 最近参加したセミナーからの気づき | 更新情報をチェックする
ページトップへ戻る