2011年01月22日

“format”の第二強勢!?


PB034005s.jpg


2011年センター試験・英語(筆記)、第1問Aの問2。

選択肢に挙がっている“format”という語の第一強勢は〈o〉にかかっています。

しかし第二音節にある〈a〉の発音は曖昧母音や弱母音とはならず[æ]となります。これは強勢が来たときのこの母音字の読み方です。

したがって、最初私はこの〈a〉に第二強勢が来ていると思い込んでいました。

ところが、辞書を見ると第二強勢の印( ` )が付いていないのです。

参照した『ジーニアス英和辞典 第4版』(p.ix)には「第2強勢には ` をつけた」と書かれているにも関わらず、です。

この辞書に収録されている二音節語には複合語を除いて第二強勢の印はついていませんが、多音節語をみると、例えばafternoonのように、たしかに第二強勢の印がついているものもあります。

そこで、以下の疑問を抱いています。

.“format”という語の〈a〉という母音字は強勢が来たときの読み方([æ])をするが、はたして第二強勢があると言えるのか

それとも、

.“format”という語の〈a〉という母音字は非強勢だけれども曖昧母音や弱母音にならず、強勢を受けるときの母音字の音価を保持していると言うべきなのか?

だとすれば、

.どういうときにそのようなことが起こるのか?

手持ちの参考書からでは情報が得られず、もやもやしている石崎です。

上記の疑問につきまして、博雅の士のご教示をお待ち申し上げております。


(追記)

今回参照した文献は以下の通りです。

ピーター・ローチ著/島岡丘・三浦弘訳『英語音声学・音韻論』
(大修館書店、1996年)

川越いつえ『英語の音声を科学する』
(大修館書店、2007年)

小泉保『音声学入門』
(大学書林、1996年)

竹林滋・渡邊末耶子・清水あつ子・齋藤弘子『初級英語音声学』
(大修館書店、1991年)

牧野武彦『日本人のための英語音声学レッスン』
(大修館書店、2005年)


posted by 石崎 陽一 at 22:07 | Comment(0) | 今日思った疑問 | 更新情報をチェックする

2011年01月19日

2011年センター試験・英語(筆記)に関する雑感


P1024537.JPG


朝からすごい冷え込みでしたね。しかし出がけに車のフロントガラスは凍ってませんでした。寒いだけでなく乾燥が続いています。


受験シーズンも本格化。こちらも風邪、インフルエンザなど十分に気をつけたいと思います。


P1044588.JPG


今回はセンター試験・英語(筆記)を実際に解いてみて感じたことを何点か記します。


まず1点目。第1問、発音・強勢のセクションについてです。


強音節と弱音節の母音を比べさせたり、couchやmonarchなど必ずしも頻度の高くない単語も散見されたりと、今回はどうやらずいぶんと志の低い方々が作問を担当されたと感じます。


eigo.jpg
(クリックすると拡大します)


問2

今回一番大きな疑問を感じたのがこの小問でした。

その理由を書きます。

現代英語において、強勢の来る音節に生じる母音字は、原則として、2つずつの読み方が対応します。

短音と長音です。

「短い読み方」(短音)は概略ローマ字読みに近い音、「長い読み方」(長音)はその文字の名前を発音します。それゆえ、「アルファベット読み」とか「文字読み」と呼ばれることもあります。

BとCに関しては〈a〉に第一強勢が置かれていますので、原則として、[æ]という短音と[ei]という長音の2通りの可能性がありますが、ここはmanage, passionの2語とも〈a〉を[æ]と読むことを知っていなければなりません。

この点に異論はないでしょう。

B、Cが消え、問題は@とAです。

現代英語において、強勢の置かれない音節(弱音節)では、母音は弱化して曖昧母音か弱母音の[i],[u]となる(か脱落する)のでした。

この知識は2009年のセンター試験でも問われています。

eigo3.jpg
(クリックすると拡大します)


過去問でこの問題を解き、現代英語において、

強勢の置かれない音節(弱音節)では、母音は弱化して曖昧母音か弱母音の[i],[u]となる(か脱落する)ことが多い

という知識を学習した受験生は、今回大いに当惑したことと思います。

@のformatにおける〈a〉にもAのinstanceにおける〈a〉にも第1強勢がこないからです。

(いわゆる「予想問題集」の何冊かにもこの知識を用いて解く問題が収録されていましたのでこの知識をもっていた人は少なからずいたはずです。)


DSCN0406.JPG


結局私はどうアプローチしたかと言えば、

Aのinstanceについては「名詞語尾“-ance”の〈a〉が[æ]になることはないよな…」という勘に基づいて一応正答はしましたが、センターの問題作成部会の方々がこの小問を通じて受験生に伝えたいメッセージをつかめないでいます。

元同僚で音声学を専攻され『英語発音指導マニュアル』(北星堂、2009年)の執筆者のお一人でもあり、現在は大学で教鞭を執っておられる方も同様の疑問と感想を抱かれているそうです。

現代英語において、強勢の置かれない音節(弱音節)では、母音は弱化して曖昧母音か弱母音の[i],[u]となる(か脱落する)ことが多い

という知識を受験生が絶対視することに対する警告なのでしょうか。

音声学の知識があり、発音・アクセント問題について関心が高い者でもテスティングポイントをはっきりつかめない問題を受験生に出題するのはいかがなものかと思います。


P1034569.JPG


もう一題。


eigo.jpg
(クリックすると拡大します)


問1

Aのcouch「ソファー、診療台」ですが、受験生にとっては馴染みの薄い単語だと思います。

実際、「現時点では最も信頼性の高い語彙リスト」とされる「JACET8000」では、couchはレベル6、「英語専門外の大学生やビジネスパーソン」が目指すべき語彙の範疇に入っています。

英検で言うと準1級レベルに相当します。

かつて、ソファーに座ってだらだらとテレビばかり見ている人のことを指して「カウチポテト族」(a couch potato)と言っていましたが、今の受験生でこの表現を知っている人は多くないでしょう。

そして、直前のboastの残像が尾を引いてcoachと間違えた受験生が結構いたと思われます。

なぜこのような低頻度のものを出題するのか疑問に思いました。

ちなみに、『JACAT8000英単語』(桐原書店、2005年、p.9)にはレベル6以降の学習者に対して次のようなアドバイスが書かれています。

リーディングでは、英語の新聞や雑誌などの時事英語に慣れ親しむようにしてください。(中略)さらに、インターネット上の海外の新聞にも積極的に挑戦してください。リスニングでは、映画や海外のニュースを継続して聞くようにしてください。

これがこの問1を通じての問題作成部会のメッセージなのでしょうか?

ちなみに、この問1、問2とも、筆記試験の平均点が9割弱の集団ですら3割から4割の正答率だったとのデータがあるようです。


P1034553.JPG


今日はあともう一つ。

今回、第6問ではパラグラフをグループ分けする問題がなくなり、各パラグラフの主旨を示した英文を本文の順序に並べかえる問題が出題されました。


eigo2.jpg
(クリックすると拡大します)


上智大学などでは昔から出題されてきた形式です。

ただ、この形式だと本文の流れが完全に把握できていなくても、選択肢を見る目を養うことで正解できてしまうのですね。

選択肢を見ますと、最後が(f)で揃っています。

出だしは(b)か(d)かなのでとりあえず(b)で始まるか検討します。

いきなり“rodents”の生存の理由を述べても困るので(d)始まりが決定。BとCに絞ります。

次にBとCの並び方を眺めると(c)→(e)か(e)→(c)かを調べれば決定できることがわかります。(c)と(e)に対応するであろう箇所を本文中でチェックし(c)→(e)はあり得ないのでCに決まり。

文章をまとまりとしてとらえ、その内容を把握する力を見る問題ですが、この方法で解くと実は断片的理解のまま結構短時間で正解を出すことができてしまいます。

あと、今回のような情報提供型のパッセージですと、当然ながら、どうしても常識や教養といった英語力以前の部分が読解の成否に関わってしまいますよね。

まぁ実際の読書に際してはそうした情報なども援用しながら当然読み進めていくわけですが、こと英語力を測定する試験であれば、以前のような、そうした内容スキーマに影響されにくい物語や小説の読解を求める出題に戻した方がよいと思います。

(追記1)

母音字の読み方に関する記述に際しては成田圭市『英語の綴りと発音 「混沌」へのアプローチ』(三恵社、2009年、pp.69ff.)を参照しました。なお、弱母音の[i]という表記についてですが、このブログの仕様上、使用できる発音記号が非常に限られていますので便宜的に[i]を使用しています。

(追記2)

第1問の問2に関しては某予備校の「解説講義」なる映像授業を見ますと何やら怪しげな「規則」が紹介されていますが、是非の即断は控えたいと思います。


posted by 石崎 陽一 at 03:57 | Comment(4) | 今日思った疑問 | 更新情報をチェックする

2011年01月07日

懐かしいの見つけました


昔よく喫茶店とかにありましたよね〜.JPG


写っているのは、夕食に入った焼肉屋さんで見つけた、
コインを入れて自分の星座の運勢を占う、丸い星占いの器械です。(正式名称は何て言うんだろう?)


英語で言うと“a coin-operated horoscope machine”かな。


昔よく喫茶店とかにありましたよね。


posted by 石崎 陽一 at 23:56 | Comment(0) | 今日思った疑問 | 更新情報をチェックする

2010年09月13日

なぜthirdが「3分の1」か?


DSCN0493s.jpg


分数の読み方として私たちは

分子は基数詞、分母は序数詞で読み、
分子が2以上の場合には分母に複数の-sをつける

と学習(指導)します。

例えば、

1/3=a third or one third
2/3=two-thirds

のようにです。

しかし、

なぜ分母を序数詞で読むのか?

つまり、上の例で言うと

なぜthirdが「3分の1」という意味になるのか?

という問いに答えてくれる文献を私は寡聞にして知りません。

う〜ん、気になります^^ ;

この件につきまして、博雅の士のご教示をお待ち申し上げております。


(追記1)

分数の読み方に関する如上の説明は『ロイヤル英文法 改訂新版』(旺文社、2000年、306ページ)から引用しました。

(追記2)

数字が大きい場合は分子を読み、over または upon を入れ、分母を基数詞でそのまま読みます。

62/421 = sixty-two over [upon] four hundred (and) twenty-one

これは分子が分母に乗っかっている見た目のイメージに由来するのでしょう。

分母の読みが序数詞ではないのもそうした理由によるのではないでしょうか。


posted by 石崎 陽一 at 22:10 | Comment(0) | 今日思った疑問 | 更新情報をチェックする

2010年08月08日

え、複数扱い!?


2010年8月6日付の英字新聞「デイリーヨミウリ」11面に次のような記事が掲載されていました(一部抜粋;下線現筆者)。

The bento-bako, or Japanese lunch box, is enjoying great popularity overseas, with many retailers abroad even marketing the product under its Japanese name.
Some women I met in Recife, a town near the equator in Brazil, told me bento-bako are very popular in their country. They had bought their own bento boxes on the Internet.

目を引くのは下線部です。

bento-bakoは「子音+o」で終わる語ですから

一見、heroes(英雄), potatoes(じゃがいも), tomatoes(トマト)などのように-esがつきそうなものです。

もしかして外来語だから単複同形!?…

などと考えてみましたがそんな約束聞いたことがありませんしね。

安藤貞雄『現代英文法講義』(開拓社、2005年、398ページ)には

solos(独唱)、tobaccos(たばこ)のような外来語…(中略)…には-sを付ける。

とあります。

では*bento-bakosとならないのはなぜでしょうか?

やはり英語化して英米の辞書に載っていない語は、文法的に英語の扱いを受けないのでしょうかね。

う〜ん、疑問です。


(追記)

中島文雄 編『英文法辞典』(河出書房、1955年、p.307)は

綴字のうえで一番困難なのは -o に終わる語で、およそ数百語が数えられるが、いずれが -os でいずれが -oes であるかを示す便利にして厳密な規則は立て難い。

としながらも、概則を提示しています。


posted by 石崎 陽一 at 02:00 | Comment(0) | 今日思った疑問 | 更新情報をチェックする
ページトップへ戻る