2012年11月18日

『英文法解説』(金子書房)の各版を比較する


coffee.jpg


江川泰一郎『英文法解説』(金子書房、1991年)のはしがきにおいて、同書は

1953年(昭和28年)に発行されて以来、1964年の改訂を経て、このたび再び全面的に書き直されて世に出ることになった。初版からざっと40年、この種の英文法書としては他に類のまれなロングセラーと言えよう。(中略)この本は類書中のユニークな存在として注目を集めてきた。そうした注目に値する内容をさらに盛り込むために努力した(pp.@-A)

と述べられていますが、まさにこの本は日本の学習者および教授者のための英文法の決定版と言えます。

安西徹雄先生も『翻訳英文法』(バベル・プレス、1986年)において

学校文法の枠を一歩踏み越えて、かなり突っ込んだ記述も随所に見られるし、日本語との比較などにも注意がはらわれている。(p.19)

と述べておられるように、

英米の学者の説を鵜呑みにせず、日本人の英語学習者の立場から見て、英文法の問題点がどこにあるかを考慮しつつ、

歯切れよく、手際よく著者自身の考え方を述べている点が素晴らしいと感じます。

学説を援用する場合も出典や頁数などを明記して手堅い。

例えば、

以上、(1)−(2)を通じて be going to と will の相違を指摘したが、どちらを使ってもほとんど差がない場合もあることを再度述べておこう。現に Thomson(PEG, §206 B)も、その趣旨のことを言っている。しかし、われわれとしてはやはり両者の基本的な相違は心得ておくべきであろう。(改訂三版;p.223)

論理的にはおかしいが、この種の文に目くじらを立てるのは保守的なやかましい文法家だけであろう。(改訂三版;p.183)

といった具合。

こうした態度を、私は常にお手本として活かそうと心がけてきました。

ここしばらくは『英文法解説』の初版(1953年版)と改訂新版(1964年版)、現行の改訂三版(1991年版)とで、各版の比較をしています。

その過程で気がついた改訂時における工夫を、今回は簡単に紹介したいと思います。


まず、例文の訳文にはなるべく自然な日本語を使うようにという配慮が全体に行き届いていることが挙げられます。

例えば、

You're always getting invited out. No one ever invites me to any place.

という例文に対する試訳をみても

1964年版
あなたはいつも招待で出かけていいわね。わたしは誰もどこへも招いてくれないわ。(p.231)

1991年版
あなたはいつも招待で出かけているのね[うらやましいわ]。私にはだれもどこへも声をかけてくれないのよ。(p.228)

といったように、旧版の英文訳が新版ではずっと自然な口語に改められているのです。

このように「英文解釈・英作文・英文法の三位一体を意図して書かれた」(p.B)その意図が、随所に具現化されていることに気がつきます。

ちなみに、初版ではどうであったかを振り返ってみますと、always を伴う例としては

1953年版
You are always finding fault with me.
(君は僕のあらさがしばかりしている[からいやになる])
(p.204)

が挙げられているばかりでした。

これに限らず、初版では総じて説明に用いられる例文が一文単位であると言えるでしょう。

それが改訂新版、改訂三版と revise され、複数のセンテンスを積み上げてより具体的な文脈を作り出す傾向が強まっていることが看取されます。


file3141286286569.jpg


上に引いた例文が含まれる項目に対する江川先生の説明を比べてみます。

初版では「進行時制」の項目のもと

1953年版
B.動作・運動の反復、又は転じて行為者の性質・習慣−always, constantly, repeatedly などの副詞を伴うことが多い。

C.文に感情的色彩を加えることがある。
(p.204)

と枝分かれで記され、項目末尾に付された解説でもさらなる詳細が触れられることはありません。

ちなみに、解説では「進行形“be+-ing”の起源」について紙幅が使われていますが、この記述は以降の版では削除されてしまいました。

改訂新版では「現在進行形の基本用法」の項目において

1964年版
動作の反復 always, constantly, repeatedly などの副詞を伴うことが多く、動作の反復が転じて行為者の習慣を表すこともある。(p.230)

と述べられ、

新たに立てられた「注意すべき現在進行形」の項目では、「叙述に感情的色彩が加わる場合」として

反復される動作に対して話者の非難・嫌悪・軽べつ・困惑・賞賛などの気持が加わるのである。そのいずれであるかは前後関係によるが、動作が何回も繰り返されると感情的に反発(共感)を感ずることを表すものである。(pp.230-1)

と述べられています。

改訂三版では「注意すべき現在進行形」の項目において小項目が統合され、「動作の反復を強調する場合」と一括して

1991年版
always, constantly, continually, forever, all the time などの副詞語句を伴って、動作がしばしば繰り返されることを強調する。話者の非難・困惑・賞賛などの感情的色彩が加わることが多い。(p.228)

と説かれているほか

主語が I/we の場合は(意識しなければしないはずだから)無意識でする行為になる(p.228)

ときめの細かい指摘も盛り込まれています。

また、項目末尾に付されている解説の項では

感情的色彩(emotional coloring)の種類も文脈によるが、実際には非難の気持ちを含む場合が多い。しばしば繰り返される行為に対しては、共感を持つよりも反発を感じるほうが多いからであろう。(p.229)

という興味深い指摘もなされています。

改訂三版のはしがきに

この改訂版の執筆には3年余りを要した。その後の過程を含めると、完成までに4年を費やしたことになる。この種の本としては長い年月をかけたが、私のこの本に対する意気込みがそれだけ大きかったことを理解していただければ幸いである。(p.A)

とありますが、この一項目を切り取っても江川先生の意気込みが存分に伝わってくると感じています。


(追記)

伊村元道『日本の英語教育200年』(大修館書店、2003年、pp.27-8)に「科学文法と学校文法の橋渡し」という小見出しの下、『英文法解説』(金子書房)の版ごとの相違点・特色の要点が述べられています。そこでは、改訂新版の出版当時、大学入試では文法問題が大流行で、改訂新版がいちばん受験色が濃いとされています。

posted by 石崎 陽一 at 12:05 | Comment(0) | 愛用のレファレンス類 | 更新情報をチェックする

2012年11月17日

『英文法小事典』(北星堂、1991年)


10-08-06_002.jpg


『英文法小事典』(北星堂、1991年)を愛読しています。

以前も記事に取り上げたことがありますが、

今回は別の観点から愛用のわけを記したいと思います。


まず、本事典には日本語と英語とを対比した記述が見られ、興味深いです。

例えば、be/Ordinary verb(be動詞と一般動詞)の項目(p.40)において、


英語のbe動詞と一般動詞の相違は、日本語では「です」と「ます」との相違に反映されることが多い。


として、


I am a student.(私は学生です
I study English.(私は英語を勉強します



などの例を挙げて説明しています。

英語が苦手な学習者は時として

*I am study English.

などの誤りを犯しますが、これは日本語で言っても

「私は英語を勉強しますです

となっておかしくなることがこの説明によると明瞭となります。

また、Progressive form(進行形)の項目の終わりの部分(p.223)では


進行形を日本語になおすとき、「〜している」ではなく、「〜しているところです」と訳せば、その文意を把握することができるだけでなく、かなりの精度で進行形にならない英語の動詞を予測することが可能である。


と述べられるなど、日本語をうまく用いた形での英語の指導のヒントも提供してくれます。

このように、本事典は学習者のみならず、教授者にも利用価値の高いものです。


(追記)

Grammar(文法)の項目(p.113)には次の記述があり、我が意を得たりと感じています。

外国語を学ぶ際には、まず文法の概略を学んだのちに、語彙を増やしつつ、実際に使われている表現を借用することが大切である。いきなり外国語の表現を覚えようとしても、文法の概略を終えていなければ、なぜそのように言うのかを理解できず、記憶があやふやになったとき確認・修正できない。文法はいったん獲得すれば、間違いの理由が理解でき、さらに、以前に聞いたり読んだりしたことのない文にも応用できるのである。


posted by 石崎 陽一 at 23:22 | Comment(0) | 愛用のレファレンス類 | 更新情報をチェックする

2011年06月02日

『プログレッシブ英語逆引き辞典』(小学館、1999年)


P4294943.JPG


少し前の京都大学の英文和訳問題に“carpentry”という語が含まれていました。

この語は“carpenter”に“-ry”が付いてできたものです。

“-ery”“-ry”という語尾は「〜業、〜の技術、〜の仕事;〜(製造)所、〜(販売)所」などの意味の名詞を作りますので

“carpentry”は「大工仕事、大工職」の意。


こんなとき、『プログレッシブ英語逆引き辞典』(小学館、1999年)を
使うと類例が一気に検索でき重宝です。

bakery(パン屋、パン・菓子類製造所)
saltery(製塩所)
rosery(バラ園)
vinery(ぶどう園、ぶどう畑)
cookery(料理業、料理術、料理法)
nunnery(尼僧院)
treasury(国庫、公庫、金庫)
dentistry(歯学、歯科)
rocketry(ロケット工学)


こうした類例を眺めることで、語彙力が増強できるとともに“-ery”
“-ry”などの語尾のもつイメージの力を体感することができます。


posted by 石崎 陽一 at 21:35 | Comment(2) | 愛用のレファレンス類 | 更新情報をチェックする

2010年11月06日

多義語の理解を深める(その2)


PB034027s.jpg


私たち日本人にとってあらゆる英単語は多義語なわけですが、

語の中核的なイメージをきちんとつかんでいれば、その語の持つ複数の意味をより簡単に覚えることができます。


先のエントリーでは語の中核的なイメージをとらえる際に私の愛用するレファレンス類を数点紹介しました。


その他に学習辞典を挙げるとすれば


『Eゲイト英和辞典[携帯版]』(ベネッセコーポレーション、2006年)


には学習基本語の中核的意味と、原義や語源、機能などが「コア」という欄にまとめられていて非常に有益です。


ちなみに、私はこの辞書を、前身である『プロシード英和辞典』(福武書店、1988年)の時代から愛用しています。


PB232304.JPG


明日は某出版社の意見聴取会に出席し、新刊のコミュニケーション英語Tの教科書について話してきます。


今晩はその原稿の下読みを済ませたら早めに床につき、明日に備えたいと思います。


それでは、また。


posted by 石崎 陽一 at 21:21 | Comment(0) | 愛用のレファレンス類 | 更新情報をチェックする

2010年11月05日

多義語の理解を深める(その1)


この頃は「朝3時起き」ではなく「朝3時にはまだ起きている」石崎です(>_<)


授業をすると元気になるのですが、昼食を少し食べ過ぎると猛烈な睡魔が襲ってくるため、コンディショニングに気を使う毎日です。


いろいろ立て込んでますが、あれこれ楽しみながらきりもりしています。「怒らない、妬まない、愚痴らない」を反芻しながら。


今日はことばのイメージを探るのにお世話になっている辞典類を紹介したいと思います。


dbfile005.JPG


接続詞のasは「比例」「様態」「時」「原因・理由」など多岐にわたる意味がギュッと詰まった多義語ですが、こうした複数の意味と意味とを、どんな関係の糸が貫いているのでしょうか?


この多義語に関して、例えば『図解英語基本語義辞典』(桐原書店、1989年、42ページ)は


as.jpg


という図解とともに


《主》としての様態がもとになって《従》としての様態がこれに続いて生ずるとき、この関係を連結するはたらきをする


として、次の(1)〜(4)の用例を示しています。(以下、それぞれの項目につけたコメントは現筆者のものです。)


(1) As time went on, he began to get frightened.
   (時間がたつにつれて彼はこわくなってきた。)

「比例」の用例です。《主=時の流れ、従=こわくなる》ということですが、同時進行のニュアンスが次の用例(2)につながります。


(2) He whistled as he walked.
   (彼は口笛を吹きながら歩いた。)

「時」の用例です。《主=歩く、従=口笛を吹く》ということですが、whenに比べて同時性が強調されます。


(3) As he was inexperienced, he was not equal to the task.
   (彼は経験不足だったので、その仕事は無理だった。)

「原因・理由」の用例です。《主=経験不足、従=無理》ということですが、「経験不足」が「任務の力量不足」に直結するニュアンスです。


(4) Do as you like.
   (好きなようになさい。)

「様態」の用例です。《主=好み、従=する》ということですが、好みをそのまま実行に移すニュアンスです。


DSCN0421.JPG


このように、(1)〜(4)の用例にはすべて

《主》=《従》、もしくは《主》⇒《従》

という関係が通底していますが、この理解は

(5) Has everyone eaten as much as they want?
   (みなさん好きなだけ召し上がりましたか。)

(6) He is as good an educator as he is a strong judoka.
   (彼は強い柔道家であると同時に、りっぱな教育者でもある。)

などの用例理解にも役立つことでしょう。


このasに限らず、私たち日本人にとってあらゆる英単語は多義語なわけですが、

語の中核的なイメージをきちんとつかんでいれば、その語の持つ複数の意味をより簡単に覚えることができます。


以下の辞典類は、語の中核的なイメージをとらえる際に私の愛用するレファレンス類です。


『図解英語基本語義辞典』(桐原書店、1989年)
『英語語義イメージ辞典』(大修館書店、2002年)

PB054092.JPG


『イメージ活用英和辞典』(小学館、2008年)
『英語語義語源辞典』(三省堂、2004年)

PB054093.JPG


『英語多義ネットワーク辞典』(小学館、2007年)

PB064096.JPG


(追記1)

(5)と(6)の英文は『アンカーコズミカ英和辞典』(学習研究社、2008年、106ページ)から採りました。


(追記2)

代々木ゼミナールの吉ゆうそう氏が都立K高校に勤めていた頃、

「先生、asってaの複数形だよな」

という質問があったと書かれていますが(『英語超独学法』(南雲堂、1996年、38ページ))、

私も島嶼勤務の時代に同じ質問を受け、生徒の頭の柔軟さに感銘を受けた記憶があります。


posted by 石崎 陽一 at 21:59 | Comment(0) | 愛用のレファレンス類 | 更新情報をチェックする

2010年08月06日

『英文法小事典』(北星堂、1991年)


標記の小事典を愛用しています。

「わかりやすい説明」や「適切な例文の提示」などが
執筆の基本方針とされているだけあって、

英文法の各項目をより詳しく学習したい人にも

整理・確認をしたい人にも

1ページ読めば1ページ分だけ血肉になる感じの辞典です。

私は関心のある項目を中心に拾い読みを続けていますが

いまではこのように付箋だらけになっています。


10-08-06_002.jpg


続きを読む
posted by 石崎 陽一 at 20:29 | Comment(0) | 愛用のレファレンス類 | 更新情報をチェックする
ページトップへ戻る