2017年05月07日

渡部昇一先生 ご葬儀ミサご報告



渡部昇一先生が2017年4月17日に御帰天されました。


謹んで御冥福をお祈りいたします。




4月19日には東京都千代田区麹町の聖イグナチオ教会 聖マリア聖堂にて葬儀・告別式が密葬で営まれました。

幸い、教会の隣町に勤務校があるため、時間休をいただき、私は参列することができました。


詳細につきましては、上智大学文学部英文学科同窓会のホームページに報告記事が掲載されています。


渡部昇一先生 ご葬儀ミサご報告



(追記1)


渡部昇一先生のご略歴


1930年 山形県鶴岡市に生まれる。

1953年 上智大学文学部英文科卒業。

1955年 上智大学大学院西洋文化研究科修士課程修了。

同年 上智大学大学院西洋文化研究科助手任命。

同年 ドイツ・ミュンスター大学留学。

1958年 英語圏で最初の英文法史をミュンスターの Max Kramer 書店からドイツ語で出版。

英国における初期英文法の発生に関するこのご研究に対し、国際的な評価を受ける。

同年 同大学より「大いなる称賛をもって」Dr. Phil.(哲学博士)を受ける。

同年 英国オックスフォード大学留学。

1960年 上智大学文学部英文科講師就任。

1964年 上智大学文学部英文科助教授就任。

1968年 フルブライト招聘教授としてアメリカ各地の大学(New Jersey, North Carolina, Missouri, Michigan 各州の6大学)において半学期ずつ1年間、比較文明論を講義する。

1971年 上智大学文学部英文科教授就任。

1994年 ミュンスター大学より「卓越せる学問的貢献の故に」Dr. phil.h.c.(名誉哲学博士)を受ける。

歴史ある同大学が欧米以外の学者に名誉哲学博士号を出したのは創立以来これが初めてのことである。

1997年 上智大学文学部英文科特遇教授就任。

2001年 定年退職とともに上智大学名誉教授就任。


(追記2)

5月30日には東京都千代田区麹町の聖イグナチオ教会 主聖堂にてお別れの会を兼ねた追悼ミサが執り行われました。

また、6月10日には上智大学文学部英文学科同窓会の主催により上智大学13号館3階会議室にて追悼集会が開催されました。


posted by 石崎 陽一 at 11:57 | Comment(0) | 近況報告・雑感 | 更新情報をチェックする

2017年03月14日

書評が掲載されました。


__.JPG



『英語教育』(2017年4月号)の見本誌が手元に届きました。

本号では堀田隆一先生による英語史の入門書

『英語の「なぜ?」に答える はじめての英語史』(研究社、2016年)

の書評記事を執筆しています。



「英語史」と言うと初心者は難解なイメージを抱くかもしれませんが、

本書はビギナーにも非常にわかりやすく説明がなされています。

余計なことは言わず、言えば必ず的に当たるという慨があります。

また、ポイントを明らかにするためにいろいろの図をはさんで解説の助けとしています。



51+Wue2PO4L._SX354_BO1,204,203,200_.jpg



堀田先生は定期的な更新と高い品質、濃い情報密度が驚異的なブログを長きにわたり運営されていますけれども、

学究者が博引傍証するような趣きは少しもこの書に見られません。


同書は簡潔と親切で入門書の範例となる明快の極致です。

読みさえすればどこででも大きな収穫が期待できます。


すべての英語教師(の卵)をはじめ、英語にかかわる方すべてに自信をもって勧められる好著です。


posted by 石崎 陽一 at 18:05 | Comment(0) | 近況報告・雑感 | 更新情報をチェックする

2017年02月12日

英文法道具箱(The Grammar Toolbox)


51cjmjpdZTL._SX350_BO1,204,203,200_.jpg



ありがたいことに、一昨年の4月からNHKラジオテキスト『攻略!英語リスニング』(約4万5千部発行)において「英文法道具箱」と題する連載コラムを執筆させていただいてまいりました。


「英語の理解をさらに深める英文法」という視点から、レッスンに登場したフレーズや文章を取り上げて、

学習者の皆さんに知っておいていただきたいポイントや、多くの方がつまずきやすいポイント、疑問に思いそうなポイントについてわかりやすく説明しようと努めてまいりました。


年間で扱った文法項目をまとめたのが次になります。

2016_英文法道具箱(2016_Grammar_Toolbox).jpg
(クリックすると拡大します)


とかく誤解されることの多い英文法ですが、

私はこの連載を通じて

「英文法は英語学習にこう役立つ」

という視点を提供したいと考え、書き継いできました。

聴者の方のお役に少しでも立てるよう努めてまいりました。

おかげさまで、皆さまから好評を博することができましたけれども、残念ながら最終回を迎えることになりました。

『攻略! 英語リスニング』自体が、今年度をもって6年間の幕を閉じることになったそうです。


この3年間、ご愛顧いただきまして本当にありがとうございました。


(追記)

3年間分をまとめた一覧はこちら。

英文法道具箱(Grammar_Toolbox).jpg
(クリックすると拡大します)



posted by 石崎 陽一 at 10:56 | Comment(0) | 近況報告・雑感 | 更新情報をチェックする

2017年02月06日

大学での講義終わる


PAK55_hinyarioyajiki500-thumb-260xauto-3534.jpg



先日、無事に今年度も上智大学での講義をすべて終えました。

現在は成績をぼちぼちつけ始めています。


一昨年より高校教育を一歩「外」から眺めるという何とも貴重な経験をさせていただいてます。

私自身、自分のやってきたことを振り返り、これまで気が付かなかった視点に気が付いたことが少なからずありました。

「教えるとは学ぶこと」というのはよく言ったものですねぇ…。

教える前提に立つと意識が変わると改めて実感しました。

受講生から直接・間接に教わることが多かったです。

それらを日常の教育に活かしていければと思います。


最終回に総括のコメントを受講生に書いてもらいました。

続きを読む
posted by 石崎 陽一 at 22:47 | Comment(0) | 近況報告・雑感 | 更新情報をチェックする

2017年01月01日

年賀のご挨拶


迎春.jpg



昨年も拙ブログをご愛顧いただきありがとうございました

公私ともに年中無休

変わらず元気に愚直にやって参ります


本年も何卒よろしくお願い申し上げます




平成二十九年 元旦


posted by 石崎 陽一 at 16:02 | Comment(0) | 近況報告・雑感 | 更新情報をチェックする

2016年12月31日

年末のご挨拶


imagesCAZZPQR7.jpg



本年も残りわずかですね。

ブログ更新は本日で最後となります。


やはり教員のほうこそ怖れないで
前進しなければいけませんね。本当にそう思います。
難関などありません。あるのは恐れだけですけれども、
だけど失敗してもリトライできるのですから、
まずはトライする姿勢ではないかと思っております。



数年前にいただいた木村達哉先生からのことばを噛みしめながら引き続き精進していきたいと思います。

ブログをお読みの皆さま、今年も1年、ありがとうございました。

よいお年をお迎えください。


来年もよろしくお願いいたします。


posted by 石崎 陽一 at 18:32 | Comment(0) | 近況報告・雑感 | 更新情報をチェックする

2016年12月10日

英文法の魅力と魔力 − 学習・指導における英文法の威力


__.JPG



本日、『英語教育』(2017年1月号)の見本誌が手元に届きました。

編集部より依頼を受け、本号では見開き1ページの紙面を頂戴し、標題の記事を執筆しています。

発行数50,000部の伝統ある専門誌に寄稿させていただくことになりまして、

たいへん光栄に思いますとともに、

こうした貴重な機会を与えてくださったことを有り難く感じています。


−−−−−−


東京都の進学指導重点校に勤めて10年を過ぎました。

この間、生徒から寄せられた疑問は多数に上り、多岐にわたりますが、そうした質問に対して、自分で解決できない場合には、国内外の文献にあたり、同僚や専門家に尋ね、ごまかさず、誠実に答えることを心がけてきました。

私はそうしたやりとりをその都度Q&A形式でノートに記録しておりまして、本稿ではそうした中から質疑応答をいくつかご紹介しています。


−−−−−−


先程来、この、拙稿の掲載号を眺めながら、

私の知識や経験が少しでも多くの先生方のお役に立ち、

その先にいる生徒たちの学習に寄与してくれることを夢想しておりました。

読者の方々にどれほど参考になるか不安ではありますが、精一杯書かせていただきました。

よろしければお手にとってご笑覧いただければ幸いです。


12月14日発売予定です。


よろしくお願いいたします。


(追記)

日本の英語学習者のために私ができることを探して、今後とも、精進してまいります。

他の先生方の記事もこれからじっくり拝読、多くを学ばせていただきたく思います。


posted by 石崎 陽一 at 16:46 | Comment(0) | 近況報告・雑感 | 更新情報をチェックする

2016年04月02日

新たな年度を迎えて


SSK_mannkainitikazukusakura500-thumb-260xauto-1436.jpg



上智大学での講義の受講者からぞくぞくお便りをいただいています。


4年生の履修者はほぼ全員が公立または私立学校の職に就いたことになります。


鹿児島、長野、埼玉、茨城、そして東京でこの4月から実際に教壇に立ちます。


長い教員人生が始まりました。


人の縁を信じ、ご縁を大切に、誠実さを胸に、歩んでいってもらいたいと思います。


また顔を合わせる日を楽しみに、お互い精を出していきましょう。



SSK_hanahiraku500-thumb-260xauto-1431.jpg



実はこの講座、私が本務校での勤務を終えてから出講する関係で、夜間の開講でした。


そんな時間帯に(しかも自由選択科目を)履修するだけあって意欲が高く、本気が伝わってきましたので、

こちらもかなり本気で向き合いました。


(講義後の呑み会も皆勤^^ )


学生参加型で、厳しくも楽しく、実のある、現場に居る私だからこそできる講座を受講生とともに創造していければと考え、走ってきました。


幸いにも個性的で熱心な学生に恵まれて何とか走りきることができました。


また、学生が現職の教員と接するチャンスはあまりないかと考えまして、何回かに分け、

都内の私立中高の先生、県立高校の先生方、大学の先生にして第一線で放送通訳者をされておられる方にお声をかけ、

設置者、地域、校種、職種の異なる観点から、ご経験談、ご助言をいただきました。


私になし得ない部分は私の敬愛し信頼する方々に頼り、補っていただいた次第です。


今年度も自分のできることをできるだけしてやれればよいと思っています。


次世代に伝えられることをきちんと伝えていきたいと考えております。


大げさですが、それが少しでも未来の日本の英語教育の一助となれば望外の喜びだと心から感じています。


(追記)

受講生の感想など、関連記事はこちら。

大学での講義終わる



posted by 石崎 陽一 at 12:29 | Comment(0) | 近況報告・雑感 | 更新情報をチェックする

2016年02月11日

勤靡餘労 心有常



__.JPG



標題の文言は

「いそしみて、ろうあますところなければ、こころにとこしえなるいとまあり」

と読みます。

陶淵明の言葉ですが、陶淵明はその農夫としての経験から、精⼀杯の勤労をしていると心はかえってのどかで余念があると述べているのです。

これは東京都への就職が決まった際、恩師である渡部昇⼀先生からいただいた言葉です。

渡部先生は

「知的生産においても同様で、精力的に動いているとき、かえって心は自由になり、次から次へとアイデアや構想が浮かび、洞察が深まっていくものです。高校現場は多忙を極めるでしょうが、研究を続けなさい。それがまた生徒たちのためになるのだから」

と続けられました。

この言葉を胸に、今後とも歩んでいこうと思っています。


posted by 石崎 陽一 at 10:04 | Comment(0) | 近況報告・雑感 | 更新情報をチェックする

2016年02月07日

大学での講義終わる


l1020321.jpg



先日、無事に上智大学での講義をすべて終えました。

現在は成績をぼちぼちつけ始めています。


このたびは、高校教育を一歩「外」から眺めるという何とも貴重な経験をさせていただきました。

私自身、自分のやってきたことを振り返り、これまで気が付かなかった視点に気が付いたことが少なからずありました。

「教えるとは学ぶこと」というのはよく言ったものですねぇ…。

教える前提に立つと意識が変わると改めて実感しました。

受講生から直接・間接に教わることが多かったです。

それらを日常の教育に活かしていければと思います。


最終回に総括のコメントを受講生に書いてもらいました。


続きを読む
posted by 石崎 陽一 at 17:30 | Comment(0) | 近況報告・雑感 | 更新情報をチェックする

2016年01月01日

ご挨拶


賀正.JPG



昨年も拙ブログをご愛顧いただきありがとうございました

公私ともに年中無休

変わらず元気に愚直にやって参ります


本年も何卒よろしくお願い申し上げます



平成二十八年 元旦


(追記)

関口存男は書いている。新しい年を迎えておめでたいが、これすなわち「命が一年ちぢまって、あと五十年の人は四十九年、四十年の人は三十九年になった…結構なことですな」。

なぜ結構か? そんなふうにじりじりと死に迫られるからこそ人生は「白熱化」する。刻々といのちが減っていくからこそ人生はおもしろい。いま四十九年とか三十九年とか言ったのはおざなりであって、僅々五年かもしれない。

「一年かも知れない。一週間かも知れない。明日でないと誰に断言できましょう? 昨日でなかったのはむしろ奇蹟です」


池内紀『ことばの哲学 関口在男のこと』
(青土社、2010年、pp.192-3)




posted by 石崎 陽一 at 17:02 | Comment(0) | 近況報告・雑感 | 更新情報をチェックする

2015年12月31日

年末のご挨拶


imagesCAZZPQR7.jpg



本年も残りわずかですね。

ブログ更新は本日で最後となります。


やはり教員のほうこそ怖れないで
前進しなければいけませんね。本当にそう思います。
難関などありません。あるのは恐れだけですけれども、
だけど失敗してもリトライできるのですから、
まずはトライする姿勢ではないかと思っております。



木村達哉先生からのことばを噛みしめながら引き続き精進していきたいと思います。

ブログをお読みの皆さま、今年も1年、ありがとうございました。

よいお年をお迎えください。


来年もよろしくお願いいたします。



posted by 石崎 陽一 at 03:47 | Comment(0) | 近況報告・雑感 | 更新情報をチェックする

a role reversal


Sentences and Paragraphs.jpg



ちょうど1年前、日向清人先生の土曜ライティング教室に参加させていただいた折のことは以前に記しました。


英語らしいセンテンスを書く

代名詞を用いず名詞を繰り返すのがよい場合

長めのテキストを整える − closing のかけ方


事後も草稿を手直しして幾度か先生とやりとりをし、その都度、御指導を受けさせていただいております。


石崎先生は英語としての響きを意識してらっしゃるので、すごく読みやすい英文です。

拝読しました。構成、内容とも抜群で、すばらしいです。日本人でもここまで書けるんだと鼻が高くなります(留学経験があったら御免なさい)。ライティングに関しては、ケンブリッジ英検の CAE、合格すると思います。


私は純ジャパです。留学経験はなく、敬愛する日向先生からお褒めの言葉を頂戴し、素直に嬉しく感じております^^

この3月に卒業させた生徒たちへの essay writing の指導も、おかげさまで、一定の自信をもってことに当たることができました。

思いきって先生の講座の門を叩いて本当によかったです。


もっとよくするための改善点を二、三。

次はつながり具合を意識されながら各種の文章をお読みになることでしょう。今までと違っているはずです。


自分の現時点での限界まで粘ってできあがったプロダクトにお目通しくださりコメントやアドバイスをいただきますと、限界がめいきめき音を立てて広がっていくような気がしたものです。


先生のお仕事がひと段落するような時期がもしございましたらぜひともまたライティング教室を開いていただけたら嬉しく存じます。

教師の仲間を連れてぜひ受講をさせてください。


それまで、私自身、「読み手の期待に応えるように」というのを念頭に置いて練習を重ねてまいります。

平行してもっともっとお手本になるような文章を読み込んでゆき、まとまった分量の英語を書く力のブラッシュアップを図る所存です。


(追記1)

日向先生より

このキンドル本、石崎先生のレベルであってこそ、「そうだったのか!」と思われることでしょう。

としてご紹介いただいた電子書籍は以下のものです。

(冒頭に写真を挙げたものです。以下の書名をクリックすると詳細が見られます。)

● Charles Euchner, Sentences and Paragraphs:Mastering the Two Most Important Units of Writing

この年末年始にじっくり目を通そうと思います。


(追記2)

ライティングに関する自身の学習履歴の一端に関しては以下の記事にまとめたことがあります。よろしければどうぞ。

学部時代のライティングの授業のこと(その1)

学部時代のライティングの授業のこと(その2)

アウトプットを強いる

英語学習の方向性の正しさに対して確信を抱いた機会のこと


posted by 石崎 陽一 at 02:57 | Comment(0) | 近況報告・雑感 | 更新情報をチェックする

2015年12月28日

英文法道具箱(The Grammar Toolbox)


1月号.jpg



ありがたいことに、昨年の4月からNHKラジオテキスト『攻略!英語リスニング』(約4万5千部発行)において「英文法道具箱」と題する連載コラムを執筆させていただいています。


「英語の理解をさらに深める英文法」という視点から、レッスンに登場したフレーズや文章を取り上げて、

学習者の皆さんに知っておいていただきたいポイントや、多くの方がつまずきやすいポイント、疑問に思いそうなポイントについてわかりやすく説明しようと努めてまいりました。


年間で扱った文法項目をまとめたのが次になります。


2015_英文法道具箱(2015_Grammar_Toolbox).jpg
(クリックすると拡大します)


とかく誤解されることの多い英文法ですが、

私はこの連載を通じて

「英文法は英語学習にこう役立つ」

という視点を提供したいと考え、書き継いできましたけれども、早いもので今年度最終回を迎えることになりました。先ほど、3月号の入稿を済ませたところです。


しかし、おかげさまで、皆さまから好評を博することができ、編集部より4月号からの続投を打診されまして、引き続き任をお引き受けさせていただくことにした次第です。


聴者の方のお役に少しでも立てるよう、今後とも努めてまいります。


引き続きよろしくお願いいたします。


posted by 石崎 陽一 at 17:43 | Comment(0) | 近況報告・雑感 | 更新情報をチェックする

2015年12月05日

いわゆる「具体」と「抽象」


具体と抽象.JPG



妖怪ウォッチに見られる上位概念と下位概念の一例(笑)


娘の落書きより。



posted by 石崎 陽一 at 16:00 | Comment(0) | 近況報告・雑感 | 更新情報をチェックする

2015年10月27日

学会と恩師の誕生会


NKJ52_ba-sunohachibana500-thumb-260xauto-2744.jpg



昨日は所属する学会のコロキウムに参加し、以下、4本の研究発表を興味深く拝聴しました。


● 伝統文法の「伝統」の意味について

● 伸縮性のある語の境界 − 所有格 -'s の統語的性質を考える

● 古英詩 Menologium をめぐる諸問題

● Celtic Art:8〜9世紀のヒベルノ・サクソン装飾福音書


夕べからは大学の恩師の85歳のお誕生日を祝う会に出席しました。

渡部昇一先生は英語学の分野では世界一のプライベートライブラリーを構築されていらっしゃるのですが、その先生が、スピーチのなかで


私は私の関心と必要があってこの規模のライブラリーを作りました。でも皆さんは真似しなくて構いません。皆さんは皆さんなりの関心と必要に応じた、もっと簡素で、実用的な、自分の役に立つプライベートライブラリーを作られればよいのです


という趣旨のことを仰っていました。

自分のようになれと言う人はいるかもしれませんが、自分のようにならなくていいと言う人はあまりいないように思えます。

改めて恩師の偉大さ、巨大さを感じ、このような方を師匠にもてた嬉しさを噛みしめ、豊かな気持ちで帰宅をした次第です。



NKJ52_zoukaarenji500-thumb-260xauto-2736.jpg



今後は言語学の分野の成果がいかに伝統文法に吸収されていくかが問題であろう。

大塚高信・中島文雄 監修『新英語学辞典』
(研究社、1982年、p.380)



(追記)

関連記事はこちら。

「新言語学は英語教育に役立つか?」という問い


posted by 石崎 陽一 at 00:17 | Comment(0) | 近況報告・雑感 | 更新情報をチェックする

2015年09月24日

just a small part of my private library



先の連休中、敬愛する先輩方、気のおけない仲間をお招きしてウッドデッキでバーベキューパーティを行いましたが、

乞われるがまま、とっ散らかった書斎をお見せする運びとなってしまいました^^;


syosai1.jpg


私の足下の山は洋書の英文法書や授業研究(lesson study)の書籍です。

この角度からは見えませんが、写真右奥にある書棚の整理のために抜き出してそのままになっているのです。


syosai3.JPG


こちらは古英語、中英語(の文学史)関連書の一角。

大学院の先輩方の手ほどきを受けていた頃のものから比較的最近のものまで。

古英語、中英語を読みたいときに読めるようにしていただいたことはいくら感謝してもしきれません。


syosai4.JPG


上は大きな関心を持ち、研究を続けている18世紀英文法史に関する本たちです。


syosai2.JPG


書棚の上半分がここ数年来集中的に勉強しているライティング指導関係の洋書です。

奥と手前に二列になってしまっていて取り出しにくくなっているのが課題です。

これらは松井孝志先生や澤田英輔(あすこま)先生などから教えていただいたものが大半を占めます。

その下は英語教育、英学史関係の書物、大好きな柴田元幸先生の御本を収めてあります。


こうして眺めていますと、私はこれまで無数の方々から直接的、間接的に教えや助言を受け支えられてきたなぁという感慨に陥ります。


…以上、ほんの一部ですけれども、

以前からリクエストをいただいておりましたので、

この機会に、お客さまに撮っていただいた写真から、我が書斎を皆さまにもご紹介いたした次第です。


しかし、知的生活は、書物の認知、費用の支出(捻出)の算段、入手等の問題を経て、やはり、つまるところは、空間の問題に行き着きますね^^;


(追記)

関連記事はこちら。

空間と格闘中


posted by 石崎 陽一 at 13:45 | Comment(0) | 近況報告・雑感 | 更新情報をチェックする

2015年08月08日

essay writing の指導で生徒の学習意欲を高めるフィードバックの実践


表紙.JPG



本日、『英語教育』(2015年9月号)の見本誌が手元に届きました。

編集部より依頼を受け、本号では見開き1ページの紙面を頂戴し、標題の記事を執筆しています。

発行数50,000部の伝統ある専門誌に寄稿させていただくことになりまして、

たいへん光栄に思いますとともに、

こうした貴重な機会を与えてくださったことを有り難く感じています。


先程来、この、拙稿の掲載号を眺めながら、

私の知識や経験が少しでも多くの先生方のお役に立ち、

その先にいる生徒たちの学習に寄与してくれることを夢想しておりました。



目次.JPG
(クリックすると拡大します)



読者の方々にどれほど参考になるか不安ではありますが、精一杯書かせていただきました。

よろしければお手にとってご笑覧いただければ幸いです。


8月12日発売予定です。


よろしくお願いいたします。



(追記)

標題に「実践」と入れました。

『新明解国語辞典 第七版』(2013年、三省堂、p.643)は、「実践」を定義して

読書を通したり人から聞いたりして得た、また、自分で考えた主義・主張や理想を、自分で行動に移すこと

と規定しています。

私はこれまで無数の方々から直接的、間接的に教えや助言を受け、その都度、自分なりに、目の前の生徒たちに対してアレンジし、今に至ります。

彼ら・彼女らはもとより、日本の高校生のために私ができることを探して、今後とも、精進してまいります。

他の先生方の記事もこれからじっくり拝読、多くを学ばせていただきたく思います。


posted by 石崎 陽一 at 13:41 | Comment(0) | 近況報告・雑感 | 更新情報をチェックする

2015年07月30日

素敵な1年の始まりとなりますように


print487.png



本日をもちましてこのブログも6年目に入りました。


折に触れて励ましのコメントをいただき、何とかここまで
継続できました。


いつも読んでいただいている皆さま、ありがとうございます。


次の1年に向けて、ぼちぼちやっていきたいと思います。


引き続きご愛顧のほどよろしくお願い申し上げますm(_ _)m


posted by 石崎 陽一 at 11:50 | Comment(0) | 近況報告・雑感 | 更新情報をチェックする

2015年07月22日

わかれ路(※このエントリーはフィクションです。)


わかれ路.jpg



さて、このたびは、私などには身に余るたいへん貴重なお話を頂戴しまして、恐縮しております。

以前お誘いをいただいたのは、もう、15年以上も前のことになるのですね。

手帳を繰りながら、ふた昔近くも過ぎ去ったことに、感慨深い思いをいたしておりました。

この間を振り返りますと、さまざまな環境でさまざまな人と出会い、さまざまな経験を重ねてきました。

そして、その中でも、変わらず、自分の関心のある分野の研究は、進みこそ遅々たれ、ずっと進めてまいりました。

したがいまして、この度のお誘いに、先回同様、大いに心を動かされたことは動かしがたい事実です。

しかし、私は、かねてお話しいたしておりますように、

現在、1年生の担任を、連続して、再度、拝命し、3年間の計画を立てて指導にあたっているところでございます。

私を信頼してくれる子供たちや保護者の方々のご期待を裏切ることは、やはり、どうしても、いたしかねる次第です。


う〜ん、今年度は、1年間、学年から離れる予定だったのですけれどもですね…


どうにもタイミングというものが合わず、惜しい気持ちでいっぱいです。

また、再度、お誘いをしてくださるご厚意にお応えすることができず、非常に申し訳なく存じます。

辞退のお便りを記しますのは、時間を要するようです。

きちんと私の思いが伝わりましたかどうか、今でも不安ですけれども、どうか、ご理解いただくことができましたら、幸いでございます。

誠に勝手ながら、これに懲りず、これまでと変わらぬお付き合いをさせていただければ、私にとりまして、この上ない喜びです。

末筆になりましたが、引き続きご支援ご厚情を賜りますようよろしくお願い申し上げます。


石崎 陽一拝



GAK63_himawari500-thumb-260xauto-3399.jpg



教えるとは 希望を語ること
学ぶとは 誠実を胸にきざむこと



ルイ・アラゴン『フランスの起床ラッパ』
(三一書房、1951年、p.131)所収

「ストラスブール大学の歌」


posted by 石崎 陽一 at 18:09 | Comment(0) | 近況報告・雑感 | 更新情報をチェックする
ページトップへ戻る