2017年02月12日

膨大な蔵書は知識と知恵の泉/教育は真剣勝負


PAK25_ahirucyansoudan500-thumb-260xauto-3001.jpg



渡部昇一・江藤裕之・平岡弘章『グローバル・エリート教育』(PHP研究所、2016年)所収、特別鼎談〈教育・留学の意味を考える〉より渡部昇一先生の御発言を書き留めておきます。


少なくとも文系の学者は自分専用の図書館を持つべきだというのが私の持論です。もともと図書館はみんなのためにあるものですから、膨大な数の書物が必要ですが、自分専用ということなら、その何千分の一の蔵書で事足ります。(p.148)


生徒が質問に来たときには、振り向きざまに刀で斬るように答えるのです。三千時間の予習は、この一瞬のためにあるのです。それだけで生徒はついてきます。(p.120)


大きく振りかぶって左下へ振り抜く、かつての授業での先生のお姿が、目に浮かぶようです。


posted by 石崎 陽一 at 07:28 | Comment(0) | 文法の学習・指導 | 更新情報をチェックする

2017年02月11日

暗示的知識と明示的知識の関係


PAK42_zaihoudazehyhha-1278500-thumb-260xauto-3920.jpg



Rod Ellis, The Study of Second Language Acquisition(Oxford, 2008, pp.420-1, 423-4, 749, 881)に基づいて、implicit knowledge(暗示的知識)と explicit knowledge(明示的知識)の関係についてまとめておきます。

non-interface position(非インターフェイスの立場)


'learnt' knowledge is completely separate and cannot be converted into 'acquired' knowledge

つまり、learning〈学習)≠ acquisition(獲得)とする立場です。

Stephen Krashen は learning と acquisition とを峻別し、implicit knowledge と explicit knowledge の関わりを否定します。

言語使用に必要なのは acquired knowledge(獲得された知識)であって、learnt knowledge(学習された知識)は発話をチェックする見張りの機能しか果たさないと主張します。

Monitor Theory と呼ばれる考え方です。

strong interface position(強いインターフェイスの立場)


explicit knowledge converts into implicit knowledge through practice

つまり、明示的知識が一定の練習を経てやがて暗示的知識に変化していくとする立場です。

意識的に学習された知識が練習の結果として自動化(automatization)されるようになる。

すなわち、言語学習を一種のスキル習得ととらえる考え方です。

weak interface position(弱いインターフェイスの立場)


it [= explicit knowledge] contributed indirectly to the development of implicit knowledge by helping learners to notice linguistic forms in the input and to carry out a comparison between what they have noticed and their own current interlanguage

つまり、

a role for explicit knowledge



a facilitator of implicit knowledge

とする立場で、Rod Ellis が立案しました。

Jack C. Richards & Richard Schmidt, Longman dictionary of language teaching and applied linguistics(Pearson, 2010, p.292)は次のように記しています。

(なお、訳文は高橋貞雄・山崎真稔・小田眞幸・松本博文 訳『ロングマン言語教育・応用言語学辞典』(南雲堂、2013年、p.220)によります。)


explicit knowledge may be successfully incorporated into the implicit knowledge system if it becomes available at just the right time in the development of the implicit system, or explicit knowledge about the regularities of a language may help learners to notice these regularities when processing input, which leads to the development of implicit knowledge.

明示的知識は、暗示的な体系が発達するさいのちょうど良い時期に利用することができれば、うまく暗示的な知識の体系に組み込まれていく。あるいは、ある言語についての規則性についての明示的知識は、学習者がインプットを処理するさいにその規則性に気づく手助けになり、それが暗示的知識の発達につながっていく



(追記1)

interface(インターフェイス、共有領域)について、Jack C. Richards & Richard Schmidt, Longman dictionary of language teaching and applied linguistics(Pearson, 2010, p.292)は次のように記しています。

(なお、訳文は高橋貞雄・山崎真稔・小田眞幸・松本博文 訳『ロングマン言語教育・応用言語学辞典』(南雲堂、2013年、p.220)によります。)

the relationship between implicit and explicit learning and knowledge

暗示的学習および知識と明示的学習および知識の関係



(追記2)

Rod Ellis のスライド資料はこちら。

Implicit and Explicit Language Teaching


posted by 石崎 陽一 at 22:17 | Comment(0) | 文法の学習・指導 | 更新情報をチェックする

暗示的知識と明示的知識の定義


PAK86_ahirukaranoplz1278500-thumb-260xauto-3813.jpg



implicit knowledge(tacit knowledge, intuitive knowledge)は「暗示的知識(暗黙の知識、直観的知識)」と訳されます。

explicit knowledge(明示的知識)に対する用語です。

その定義を、Jack C. Richards & Richard Schmidt, Longman dictionary of language teaching and applied linguistics(Pearson, 2010, p.274)より備忘のため書き留めておきます。

なお、訳文は高橋貞雄・山崎真稔・小田眞幸・松本博文 訳『ロングマン言語教育・応用言語学辞典』(南雲堂、2013年、p.220)によります。


knowledge that people can be shown (by their behaviour, their judgements about grammaticality, and so forth) to possess intuitively, but which they are unable to articulate. Implicit knowledge is constracted with explicit knowledge, which is verbalizable.

For example, native speakers of English intuitively know the regularities of article use (when to use the definite, indefinite, or zero article), but they are usually unable to say what any of those principles are. Foreign language learners of Englis, on the other hand, may have quite a lot of explicit knowledge about the rules for using English articles, while their unmonitored production may reveal that this explicit knowledge has not been internalized.


人が(その行動や文法性についての判断などによって)直観的に所有していると示すことができるが、それを口に出して説明することのできない知識。暗示的知識は、言葉で言うことのできる明示的知識(explicit knowledge)と対比される。たとえば、英語の母語話者は冠詞の使い方の規則性(定冠詞、不定冠詞、無冠詞をいつ使うか)について直観的に知っているが、その原理が何であるかについて通常は言うことができない。一方、英語の外国語の学習者は、英語冠詞の使用法の規則について明示的な知識を持っていても、指導を受けない状態での発話には、明示的な知識が内在化されていない(定着していない)場合が見られる。



(追記)

以上のほか、いわゆる第二言語習得研究の成果を網羅したハンドブックである The Study of Second Language Acquisition(Oxford, 2008, p.418)において、Rod Ellis は、

implicit knowledge について、

intuitive, procedual, systematically variable, automatic, available for use in fluent, unplanned language use

なものとし、

explicit knowledge について、

conscious, declarative, anomalous, inconsistent (ie. it takes the form of 'fuzzy' rules inconsistently applied), generally only accessible through controlled processing in planned language use

なものとしています。


posted by 石崎 陽一 at 22:07 | Comment(0) | 文法の学習・指導 | 更新情報をチェックする

2016年11月29日

文法規則を動的に使用できるように習熟させる


PP_chikyuu500-thumb-260xauto-64.jpg


中村捷『名著に学ぶ これからの英語教育と教授法』(開拓社、2016年、p.268)より備忘のため書き留めておきます。


文法は語学教育の根幹である。文法なくしては、言語学習は不可能である。しかしながら、これまでの文法教育には不必要な情報を教え込むような明らかな問題点もあって(中略)不定詞の用法の区別など英語の運用にまったく無関係な事項に重点を置く面があったことは否めない。一方、(中略)受動文の使用文脈などの問題は、実際の英語の運用において重要な役割を果たす情報である。文法指導では、このような情報を中心にして、生徒に文法規則を動的に使用できるように習熟させる具体的教授法が求められる。


posted by 石崎 陽一 at 19:37 | Comment(0) | 文法の学習・指導 | 更新情報をチェックする

2016年08月25日

学校文法の二面性、すなわち不備である面と、便利で実用的である面


N745_zamanohimawaritoaozora500-thumb-260xauto-2037.jpg



福原麟太郎 編『英語教育事典』(研究社、1961年)より備忘のため書き留めておきます。


伝統的な学校文法が、数々の不備にもかかわらずなお行われるのは、要するにその実用性にある。「結構間にあう」というところにある。(p.83)

続きを読む
posted by 石崎 陽一 at 10:11 | Comment(0) | 文法の学習・指導 | 更新情報をチェックする

2016年08月01日

伝統文法とその有用性について


NKJ52_nanohana500-thumb-260xauto-2724.jpg



伝統文法とその有用性について、N. F. Blake, Traditional English Grammar and Beyond(Palgrave Macmillan, 1988)より備忘のため書き留めておきます。

続きを読む
posted by 石崎 陽一 at 00:52 | Comment(0) | 文法の学習・指導 | 更新情報をチェックする

2016年07月24日

實踐文法に於ては、學習者の程度といふことが當然問題になるべきである


PP_usagimoyouno500-thumb-260xauto-180.jpg



大塚高信『英文法論考 − 批判と實踐』(研究社、1952年、p.94)より備忘のため書き留めておきます。


Art としての文法、卽ち所謂學校文法に於て mood は如何に取扱はれるべきであらうか。之に關しては實際ヘ授に經驗のある臨床家の意見を尊重しなくてはならぬ。學理と實際とは必ずしも一致しない。一は眞理を目ざし、他は眞理を目ざさないといふ譯ではないが、他の目的を果す上の便法である。又科學文法には程度といふことは考へられないが、實踐文法に於ては、學習者の程度といふことが當然問題になるべきである。Shakespeare の讀める程度の人と、Æsop 位しか讀めない人人とでは、方便も異る譯である。


posted by 石崎 陽一 at 14:13 | Comment(0) | 文法の学習・指導 | 更新情報をチェックする

2016年02月21日

いわゆる Megafeps(メガフェップス)とそのバリエーション


flower (10).jpg



● 山口俊治『山口英文法の実況中継(下)』(語学春秋社、1985年、pp.19-20)および仲本浩喜『英文法 TOP 100』(駿台文庫、1997年、pp.73-75)は mind, enjoy, give up, avoid, finish, admit, stop の7語を挙げ、megafas(メガファス)としてまとめています。

なお、前者はその後「慣用句のように覚えておくといいのは」として、escape, leave off, put off, cannot help の4つを付け加えています(計11語)。



● 田上芳彦『英文法用語がわかる本』(研究社出版、1999年、p.121)は mind, enjoy, give up, avoid, finish, escape, practice, stop の8語を挙げ、MEGAFEPS(メガフェップス)としてまとめています。

megafas(メガファス)との違いは、admit が落ち、escape, practice が加わっている点です。



● 中川信雄 編『英文法がわからない!?』(研究社出版、1996年、p.72)は stop, avoid, deny, admit, mind, finish, enjoy, give up の8語を挙げ、SADAM FEG(サダム・フェッグ)は動名詞、とまとめています。

MEGAFEPS(メガフェップス)との違いは、deny, admit があって、escape, practice がない点です。なお、megafas(メガファス)からは deny が増えています。



● 柳瀬和明『イメージづくり英文法』(文英堂、1999年、p.16)では S・A・M・E・G・A・P・F(サメがプフ)(サメのおなら)とまとめていますが、例に挙げられている finish 以外、具体的に記されていません。

megafas(メガファス)より p が多く、MEGAFEPS(メガフェップス)より a が1つ多く e が1つ少ないのですが、具体的な単語が書かれていないので正確な異同は不明です。



● 江川泰一郎『英文法解説 改訂三版』(金子書房、1991年、p.365)は33の語(句)をリストアップしたのち、「これらの動詞の中のおもなものの頭文字を手がかりとして、Megafeps(メガフェップス)として覚えるのも1つの方法である」と述べ、mind/miss, enjoy, give up, avoid, finish, escape, practice/put off, stop の10語を拾っています。

田上芳彦『英文法用語がわかる本』と異なり m と p が重複を含んでいますので2語多くなっています。

なお、東京書籍株式会社非常勤顧問の寺下敦敏氏は「江川泰一郎先生を偲んで」という記事において

真偽のほどは定かではありませんが、「S+V+動名詞」の構文では「頭がメガフェップスの動詞には動名詞を続ける」と覚えるとよいと唱えたのは、江川先生だと聞いたことがあります。

と述べておられます。

ちなみに、『英文法解説 改訂新版』(1964年、p.320)では28の語(句)をリストアップしたのち、「特に重要なものは、頭文字で Megafeps(メガフェップス)と覚えるとよい」と指南していますが、p の項で put off を含めておらず mind/miss, enjoy, give up, avoid, finish, escape, practice, stop の9語を拾っています。

なお、『英文法解説 初版』(1953年)にはこの手の記載は見られません。

よって、いわゆる Megafeps(メガフェップス)という語呂合わせによる記憶法の出現は少なくても1964年にまでは遡ることができそうです。



● 大島保彦「英単語の道しるべ 第10回」(研究社出版『高校英語研究』1996年1月号、p.27)は mind/miss, enjoy, give up, avoid, finish, escape, put off, stop, deny, admit の11語を挙げ、megafepsda(メガフェップスだ)とまとめています。

江川泰一郎『英文法解説』に「だ」が加わっています。

田上芳彦『英文法用語がわかる本』と異なるのは、miss, deny, admit が含まれ、practice が put off になっている点です。



● 飯田康夫『精選 英文法道場 4択問題123×3』(駿台文庫、1998年、p.81)は mind, enjoy, give up, avoid, finish, escape, practice, put off/postpone, stop, deny, admit の12語を挙げ、megafeppsda(メガフェップスダ)とまとめています。

なお、語呂合わせのあとに、quit, dislike, hate の3語を追加しています(計15語)。

(ただし、hate を挙げるのが適切かは疑問です。)

大島保彦「英単語の道しるべ 第10回」と異なるのは「ダ」の表記以外に、p が1つ多い点です。

田上芳彦『英文法用語がわかる本』と異なる点は put off/postpone, deny, admit の4つが含まれている点です。



● 小池隆義 他『革命の英単語』(情報センター、1992年、p.245)は mind/miss, give up, avoid/admit, finish, enjoy/escape, put off/practice, stop, deny, help の13語を挙げ、
megafepsdh(メガフェプスドホ)とまとめています。

飯田康夫『精選 英文法道場 4択問題123×3』と比べますと、postpone がない一方で miss, help が含まれています。

(個人的には、help は cannot help -ing という形で使われるため、無理に入れなくてもいいと感じました。)



● 佐々木和彦『とことん英文法』(大和書房、1997年、p.19)は finish, enjoy, stop suggest, give
up, avoid, mind, miss, escape, practice, put off(= postpone), admit, deny の14語を挙げ、fessgammeppadeny(フェスガメッパデナイ)とまとめています。(はて、どこで区切って読むのでしょう?)

suggest が加わっているのが特徴です。なお、あとで consider も付け加えられています(計15語)。



● 大原正幸『クローズアップ 入試にねらわれる英文法・語法』(三省堂、1995年、pp.75-6)は practice, fancy/finish,enjoy/escape/excuse, mind/miss, imagine, consider, admit/avoid, reject/resist, deny, suggest, give up の17語を挙げ、Practice femicards, never give up(プラクティス・フェミカーズ・ネヴァー・ギヴアップ)とリズムよく仕上げています。


(追記)

avoid, escape; bear, endure, stand; mind に動名詞句の後続する点について、中村捷『実例解説英文法』(開拓社、2009年、pp.35-9)は、避けたり嫌がったりするためには、その対象が話し手のなかで具体的なことになっていなければならないからだとい趣旨のことを述べて明快です。

なお、cease に動名詞句が後続するのは、「ある出来事を終了する場合、その出来事はその時点で存在する事実」であるからだが、不定詞句が後続する場合もあり、その場合、「cease には終了という意味に力点があるというよりも、存在しない状態が始まるという意味に重点があるように感じられる」、すなわち、「存在しない状態が未来に生じる」わけだからだと指摘しています。


posted by 石崎 陽一 at 18:35 | Comment(0) | 文法の学習・指導 | 更新情報をチェックする

2015年09月28日

不毛な二項対立 解消の方向性 − 英文法の場合


ELL76_syakuyaku500-thumb-260xauto-3272.jpg



高梨健吉『英語の先生、昔と今 − その情熱の先駆者たち』(日本図書ライブ、1985年、p.119)は


英語研究と英語学習は別物である。英語教育はザインの世界ではなく、ゾルレンの世界であることを忘れてはなるまい。


と主張しています。


大塚高信『英文法論考 − 批判と實踐』(研究社)は、昭和13年の初版以来、この双方を巧みに融合することを提唱し、文法の扱いについて次のように述べています。

(なお、以下の摘記は昭和27年の第7版からのものです。)


School grammar といふのは一言で言へば ‘ars grammatica’(中略)であつて、どこまでも art であり science ではない。Art としての grammar が價値がないといふのは science としての grammar を標準にして考へるから(後略)(p.1)


art としての文法とは、或る實踐的目的を持つたものである。その目的の一つには外國語として學習する場合に便宜を與へるということがある。吾々が英語を習ふ場合、恰も小兒が母國語を覺えるときと同様に箇々の言ひ方を片端から覺えていくのも一つの方法であるが、grammar によつて稍々一般的に説明されたものを習ふと、言語習得としては不自然でも多大の勞力を節減し得るのである。これが外国人向けの school grammar(後略)(pp.2-3)


實踐的文法は科學的文法と沒交渉である必要は少しもない。寧ろ科學的文法を基礎として、之に適當なる modification を施したものが最も適切なものであろう。(p.4)


つねづね、私は、日本の英語教育論は、どうも不毛な二項対立に終始することが多いのを残念に感じています。

私自身は、すべての resources は、目の前の生徒の英語力に資するのであれば教師たるもの利用しない方が変ではないかな、と考えています。

目の前の生徒に応じてそうした案配を決めて動いていくことのできる「柔軟さ」をもった教師でありたいです。

大塚高信先生による如上の記述を目にしたとき、我が意を得たりと思わず膝を打った次第です。



公立高校は定期異動があります。

今後、定年を迎えるまで、(これまでと同様に)さまざまなタイプの学校で、さまざまなタイプの生徒に出会うでしょう。

さまざまな分野で自分自身の幅を広げる必要を感じています。


CKL_purepoetori-500-thumb-260xauto-1291.jpg



Mind your step, Michael! There are plenty of people looking at your job enviously!

Martin H. Manser, A Dictionary of Contemporary Idioms(s.v. step)



posted by 石崎 陽一 at 13:15 | Comment(0) | 文法の学習・指導 | 更新情報をチェックする

2015年09月21日

英文法の学習で大切なこと(その2)


PPW_greennoranakyurasu500-thumb-260xauto-1450.jpg



英文法はツールであり技術です。

ですから、その学習で大切なことは

使って覚える

こと。


実際に使えば知識が活性化し、印象が強く残り忘れにくくなります。

英作文やリスニングに取り組んでいく中で、

単に説明を読んでいるときには気がつかなかったことに気がついて理解が深まる、

ということをきっと経験されることと思います。


英語で正しく発信したり理解したりする

というゴールを目指して複合的にトレーニングをし、揺るぎない力を身につけてください。


ただ、ひとつ気をつけてもらいたいことがあります。

英文法は学習の便宜上多くの項目に分けられていますが、互いに関連し合っています。

ですから、前の方が理解できないとその項目がわからないということが起こり得ます。

わからなければ前に戻って、それぞれの項目を十分に消化し、全体をまんべんなく学習する。

文法を体系的に身につける

ということも意識してみてください。


GAK85_pinkkosumosu500-thumb-260xauto-3507.jpg



人間はすべて何時でも僻んでいる。自分は損をしている、割を食ってる、と思いこんでいる。人間は怨念の塊である。

谷沢永一『人間通』(新潮社、1995年、p.63)


自尊心は人に倍して高ぶっているのに、誰も認めてくれず褒めてくれないものだから、自分を大映しすべくさまざまな舞台装置をしつらえる。(中略)黙々と励んで時世時節を待つのでもなく自分を売りだそうと企てるのでもなく、遠く近くの多少とも関係ある他人の群像を罵倒して自ら高しとし快とする当たり散らし屋である。自尊心が嫉妬を底から炙っている構図であろう。/世に謂う批判精神の十中八九は、(中略)自尊心に点火された焼却炉の如き炎である。

『上掲書』(p.124)


嫉妬は心のなかで燻されているにとどまらず、本人の攻撃的衝動に点火して陰険な行動に駈りたてる。

『上掲書』(p.48)




posted by 石崎 陽一 at 13:56 | Comment(0) | 文法の学習・指導 | 更新情報をチェックする

英文法の学習で大切なこと(その1)


N745_akaibaranoup500-thumb-260xauto-2066.jpg



皆さんは「英文法」と聞いて何を思い浮かべますか?


実はその昔、「文法」にあたる英語 grammar は「魔法」という意味でした。

学ぶと、ごちゃごちゃしたと書かれている文字列がとたんに意味を成してくる。

中世の人々にとって神秘だったのですね。


しかし、現代でも英文法は私たち日本人が英語で正しく発信・理解するための魔法のツールと言えます。



PPP_kiiroihaibisukasunohana500-thumb-260xauto-368.jpg



英文法は発信と理解のためのツール。英語で正しく読み、書き、話し、聞くための技術です。

ツールであり技術ですから、まずはそのツールの使い方を理解することが必要です。

でも、使いこなせるようになるには、実際にそのツールを使って反復練習することが大切です。


例えて言えば、英文法は水泳技術のようなもの。

水泳は顔つけ、もぐり、浮身、バタ足から始まる基本技術を理解し、反復練習により、ステップを1つずつ踏んで上達していくわけですが、ゴールは技術を積み重ね、自由に泳げるようになることにあります。

技術を頭で理解しているだけでは、その目的を果たすことはできません。


同じく、英文法も英語で自在に発信・理解ができるようになることがゴールです。

ある文法事項を理解したら、その事項の含まれている英文を読んで意味を考えたり、自分で実際に書いてみたり、聞いて理解に努めたり、反復練習することが必要です。

その過程で、ルールとして知っているレベルから瞬時に正しく引き出して使いこなせる技術として習得できるのですね。

英文法の学習で大切なことは、学んだことをさまざまな形で反復練習することです。



posted by 石崎 陽一 at 13:50 | Comment(0) | 文法の学習・指導 | 更新情報をチェックする
ページトップへ戻る