2014年02月16日

便利な道具ハイフン


PPW_akaihaibisukasunohana500-thumb-260xauto-622.jpg



笹井常三・引野剛司『英語を書く − Writing Plain English』(ダイヤモンド社、1981年、pp.40-1)より備忘のため書き留めておきます。


■ 語数を節約する

関係代名詞で結び、前置詞なども含んだ長いセンテンスを短くする(中略)方法に、ハイフンの利用がある。(中略)ジャーナリズムの英語は好んでこれを使う。英語では hyphnated words といい、プロのライターのあいだでは great word-saver 「語数を節約するもの」と考えられている。

ハイフンは、ほとんどすべての品詞を結びつけてしまう。名詞と形容詞を結びつけたり、名詞と現在分詞、副詞と現在分詞、名詞と名詞、形容詞と形容詞、さらには、1つのセンテンスをハイフンでつなぎあわせ、形容詞として名詞を修飾することもできる。

ハイフンは英語を書くうえでのきわめて便利な道具で、これをうまく使うと、くどくどと説明的に述べなければならないものも簡単に表現でき、文を引き締める。


■ 名詞 − 形容詞

(前略)「燃料効率のいい車」というのを英語でいうとすれば、普通なら

cars which are efficient in temrs of fuel consumption

などと、説明的な言い方にならざるをえない。こういう言い方は文を冗長にする元凶である。これがハイフンを使うと、実に簡単に表現しうる。

「燃料効率のよい」は一言で、fuel-efficient と書ける。fuel-efficient car といえば、上記のように関係代名詞を使ってくどくどしく表現せずにすむ。



posted by 石崎 陽一 at 13:06 | Comment(0) | 句読法 | 更新情報をチェックする

2013年09月29日

the contrast comma


flower (30).jpg



Mignon Fogarty, The Grammar Devotional: Daily Tips for Successful Writing from Grammar Girl (Henry Holt & Co, 2009, p.119)より備忘のため書き留めておきます。


It's OK to use a comma when it wouldn't normally be needed if you want to point out a stark contrast. For example, you don't normally use a comma in sentences like these because there isn't a subject after the conjunction:

Squiggly hid and cowered in fear.
Aarvark was great at catching fish and liked to brag.


However, you can use a comma in such sentences when you want to highlight the contrast between the two parts of the sentence:

Squiggly carefully hid, but carelessly left the campfire burning.
Aardvark was great at catching fish, but hated to touch them.



posted by 石崎 陽一 at 09:31 | Comment(0) | 句読法 | 更新情報をチェックする

commas with introductory elements


flower (33).jpg



文頭の副詞要素をカンマで区切るか否かの判断について、

Mignon Fogarty, The Grammar Devotional: Daily Tips for Successful Writing from Grammar Girl (Henry Holt & Co, 2009, p.111)より備忘のため書き留めておきます。


Sometimes introductory elements require a comma and sometimes it's up to you. If you have a modifying or conditional phrase, dependent clause, or conjunctive adverb at the beginning, you need a comma after it:

As a potter, I'm always on the lookout for good clay.
If you ran, you would win.
Meanwhile, chaos broke out across the land.


If you have a short prepositional phrase, you get to decide whether a comma is necessary for the flow of the sentence.

In the beginning, there was a snail.
After the show we went for dinner.



posted by 石崎 陽一 at 09:21 | Comment(0) | 句読法 | 更新情報をチェックする

serial commas


flower (43).jpg



いわゆる serial commas について、

Mignon Fogarty, The Grammar Devotional: Daily Tips for Successful Writing from Grammar Girl (Henry Holt & Co, 2009, p.40)より備忘のため書き留めておきます。


Many people call it “the comma before the and,” but its formal name is the serial comma, Oxford comma, or Harvard comma. Whether to use it as I do here in the phrase red, white, and blue is a matter of great contention, but it doesn't need to be. Many people were taught they must always use the serial comma, and many other people were taught that it's an abomination, but the truth is that it's a style choice. I'm fan of the serial comma, but newspapers and magazines often leave it out to save space (when doing so doesn't cause confusion). Books and other formal works usually favor its use.


serial commas の使用の判断は style choice の問題なのですね。


posted by 石崎 陽一 at 09:16 | Comment(0) | 句読法 | 更新情報をチェックする

comma splice


flower (44).jpg



通例、カンマだけで2つの節を結ぶことは避けるべきだとされています。

この点について、

Mignon Fogarty, The Grammar Devotional: Daily Tips for Successful Writing from Grammar Girl (Henry Holt & Co, 2009, p.99)より備忘のため書き留めておきます。


Commas are tricky because there are so many different ways you can use them, but one of the most common uses is to separate two main clauses that are connected by a coordinating conjunction.(中略)

To join them with a comma, you need the word and or some other coordinating conjunction. If you just put a comma between them, that's an error called a “comma splice.”



(追記1)

『上掲書』はカンマの働きから説き起こしているため、2番目の節頭に等位接続詞を置くべしという書き方になっていますが、

通例、カンマで2つの節を結ぶことはできないので、2つの節を並置する際は最初の節または次の節の頭に接続詞を置く必要がある

という風に拡大して言うことができます。

(追記2)

splice は [spláɪs] と読みます。動詞として材木などを「継ぐ」などの意味が、名詞として「接ぎ木」などの意味がある語です。よって、comma splice は「カンマで文をつなぐこと」くらいの意味合いでしょう。


posted by 石崎 陽一 at 08:51 | Comment(0) | 句読法 | 更新情報をチェックする

2013年08月23日

my older sister Betty か my older sister, Betty か


a0002_011318.jpg



カンマには文の一構成要素を他から切り離す役目があります。

my older sister Betty とカンマなしで記すと

Betty は my only older sister ではなく、

他にも my older sister がいることを表す。

一方、my older sister, Betty とカンマを入れると

Betty は my only older sister であることが示される。

カンマは修飾語が非制限的であることを明示する役目をするのですね。

カンマの有無によるこうした意味の違いについて、

The Boston Globe 誌の language columnist である
Jan Freeman 氏が The pause that annoys と題する記事で

次のように書いています。


You probably know the rule about setting off nonrestrictive elements − the descriptive bits that could be omitted without changing the essential meaning of a sentence − with commas: “The berries, which were moldy, went straight into the compost.” Well, it also applies to words in apposition, which are sometimes restrictive and sometimes not. The Chicago Manual of Style explains it this way: If you write “My older sister, Betty, taught me the alphabet,” you are implying that Betty is your only older sister. But if you write “My sister Enid lets me hold her doll” − with no commas around the name − Enid is not your only sister.


で、The Chicago Manual of Style に従った場合、

執筆、編集の際、事実チェックに無駄な時間を費やさざるを得なくなる。

When a comma makes life needlessly hard というこの記事の副題が示すような状況に陥ることになりかねない。

結局、Freeman 女史は


My modest proposal, then, is that we return to the tolerant days of yore, when these familial appositive commas were optional.Ibid.)


と言っていますが、穏当な解決策と思われます。


(追記1)

関連記事はこちらをクリック

(追記2)

Mignon Fogarty, The Grammar Devotional: Daily Tips for Successful Writing from Grammar Girl (Henry Holt & Co, 2009, p.115)にも

My brother David can start a fire without matches, but my husband, Patrick, notes that a lighter is still faster.

という例文を挙げ、簡にして要を得た説明がなされています。

(追記3)

同格のコンマの有無(English Teachers' Magazine 2006年12月号Question Boxよ)


posted by 石崎 陽一 at 23:10 | Comment(0) | 句読法 | 更新情報をチェックする

2013年07月07日

英語の主な句読法とその用法(引用符の巻)


file0001570763088.jpg



クオーテーション・マーク(引用符)


1.引用

● Benjamin Franklin's "Time is money" helped me succeed.
(ベンジャミン・フランクリンの「時は金なり」という名言は、私が成功をおさめるのに役立った)


money の後にはピリオドはつけず、Time は大文字で始めます。


2.語句などを、特定の意味を込めて引用する場合

● "Structual reforms with no sanctuary" is the politician's pet theory.
(「聖域なき構造改革」というのは、その政治家の持論だ)


"   " の中の言葉は一般的な意味ではなく、「その政治家が日頃、口ぐせのように言っている」ということなので、引用符を出してそのニュアンスを持たせています。

● Hideki Matsui was Japan's "baseball Godzila."
(松井秀喜は、日本における「野球界のゴジラ」であった)



(追記1)

本記事の執筆に際し、以下の文献を参照しました。

綿貫陽・マーク・F・ピーターセン『シリウス総合英語』(旺文社、2000年)
畑中孝實 監修・稲盛洋輔 著『英語の句読法辞典』(インターワーク出版、2003年)
村上陽介『英語正読マニュアル』(研究社、2000年)

(追記2)

岩田彩志『英語の仕組みと文法のからくり −語彙・構文アプローチ−』(開拓社、2012年、p.151)は、

括弧の文法の特徴

として、

内容でなく形式だけを問題にしてメタ表示ができる

点を指摘し

a.'Boston' is an English word.
b.'Boston' consists of six letters.
c.'Boston' has two syllables.


という英文を例示したうえで

ここで「Boston」という語の中身(=指し示す対象)でなく、形式だけを問題にしていますね。

と説いています。

なお、中身が問題でないため、上の例文中、括弧の中身は Boston でなく、例えば、Sobton でも何でも構わないという話を興味深く読みました。


posted by 石崎 陽一 at 11:34 | Comment(0) | 句読法 | 更新情報をチェックする

英語の主な句読法とその用法(イタリック体の巻)


file0001169840749.jpg



イタリック体(斜体字)


現在一般に使われる英語の印刷字体にはローマン体(roman type)とイタリック体(italic type)があります。

基本となる、直立した字体がローマン体で、右に傾斜している方の字体がイタリック体です。

後者は、その傾斜しているという特徴から、斜体字とも呼ばれます。


1.本や新聞・雑誌、映画や演劇、絵画や彫刻、楽曲などのタイトルの表記

● Microsoft and a group of US media companies back the publication of a parody of Gone With the Wind.
(マイクロソフトおよび米国のメディア・グループは、『風と共に去りぬ』のパロディ版の刊行を支持している)


the Bible や the Talmud のような聖典を例外として、本のタイトルはイタリック体で表記することになっています。

なお、手書きの場合は下線を引いて済ませます。

● Microsoft and a group of US media companies back the publication of a parody of Gone With the Wind.


2.まだ充分に英語化していない語句、あるいは外国語として意識されている語句の表記

● We paraded through the town carrying a mikoshi.
(私たちは「御輿」をかついで町をねり歩いた)


sushi, tempura など英語文化圏ですでに定着した語はイタリック体にしなくてもいい。

judo のように、英語の辞書にも採用され、judoist「柔道家」という派生語までできている場合もあります。


3.単語そのものが問題にされる場合の表記

● What is the Japanese word for etymology?
(英語の etymology にあたる日本語は何ですか?)


このような場合、イタリック体の単語をそのまま日本語に置き換えて、「語源にあたる日本語は何ですか?」などと訳さないように注意。

訳例のようにイタリック体の単語をそのまま残して訳す必要があります。


(追記1)

本記事の執筆に際し、以下の文献を参照しました。

綿貫陽・マーク・F・ピーターセン『シリウス総合英語』(旺文社、2000年)
畑中孝實 監修・稲盛洋輔 著『英語の句読法辞典』(インターワーク出版、2003年)
村上陽介『英語正読マニュアル』(研究社、2000年)

(追記2)

he is something で he がイタリック(斜体)の「強調」は、日本語の活字に斜体がないため、「人間そのものがすばらしいということだ」など、下線によって強調の意を表すことがありますが、翻訳書では「そのもの」の上に傍点を打って表現するのが一般化しているようです。


posted by 石崎 陽一 at 11:30 | Comment(0) | 句読法 | 更新情報をチェックする

英語の主な句読法とその用法(ダッシュの巻)


file0001400837105.jpg



ダッシュ(−)


1.ダッシュの「左側の」語句を「右側で」具体的に説明するときに使う。(コロンの代用)

● There are four people in my family − my mother and father, my brother and me.
(うちは4人家族です。父母と兄と私です)



2.具体説明の挿入を表すときに使う。(    )の役割。(カンマの代用)

● Dr. Albert Einstein could speak two languages − Russian and English − because he was a refugee from Russia to the U.S.
(アインシュタイン博士は2ヶ国語−ロシア語と英語なのだが−を話すことができたが、それは、彼がロシアから米国への亡命者だったからである)

● This book − which I've just read − is really interesting.
(この本は−今読み終えたところですが−実に面白いです)



(追記)

本記事の執筆に際し、以下の文献を参照しました。

綿貫陽・マーク・F・ピーターセン『シリウス総合英語』(旺文社、2000年)
畑中孝實 監修・稲盛洋輔 著『英語の句読法辞典』(インターワーク出版、2003年)
村上陽介『英語正読マニュアル』(研究社、2000年)


posted by 石崎 陽一 at 11:25 | Comment(0) | 句読法 | 更新情報をチェックする

英語の主な句読法とその用法(セミコロンの巻)


file0001799112126.jpg



セミコロン(;)


語源は「半分はコロン状のもの」です。


1.2つの文を、接続詞を用いずに結ぶときに使う。

● He left for New York; she left for Rome.
(彼はニューヨークへと、そして彼女はローマへと去っていった)


セミコロンの左右が文の場合、左の文末にはピリオドはつけず、右側の文頭は小文字にするのが一般的です。


2.混乱を防ぐため、カンマより大きな区切りとして(スーパーカンマとして)使う。

● If the ending is -x, add -es, e.g. tax, taxes; box, boxes.
(語尾が -x なら -es をつける。[例]tax, taxes; box, boxes)

● The professor wrote many books: Cats, Dogs and Humans; Fish, Animals and Humans; Men, Women and Animals.
(その教授は数多くの本を書いた。すなわち、『犬猫と人間』『魚、動物そして人間』『女性、男性と動物』である)


セミコロンの後は半角スペースを空けます。


(追記1)

本記事の執筆に際し、以下の文献を参照しました。

綿貫陽・マーク・F・ピーターセン『シリウス総合英語』(旺文社、2000年)
畑中孝實 監修・稲盛洋輔 著『英語の句読法辞典』(インターワーク出版、2003年)
村上陽介『英語正読マニュアル』(研究社、2000年)

(追記2)

原田敬一『英語句読法の知識と使い方』(南雲堂、1985年、p.44)より引きます。

セミコロンとコロンの相違について、一般的に言えることは、セミコロンはピリオドで置き換えることができるが、コロンはそれができない。また、コロンは「すなわち」(that is, namely)と置き換えることができると考えるとわかり易い。

(追記3)

セミコロンが用いられるのは

そこに終止符を打って別の文にしてしまうには互いのつながりがあまりに強い場合です。

という言い方を田島伸悟『英語らしさ、日本語らしさ』(創英社、1998年、p.128)はしています。

続けて『上掲書』(p.129)より引きます。

意味の上で、あるいは筆者の意識の上で、強いつながりを持つ等位節を並べるときに用います。日本語では終止符で切られた二つの文のように訳して大丈夫です。独立した二つの文の間にも強い響き合いが残っています。

(中略)

セミコロンを日本語で表現したほうがよい場合もあります。そのときはセミコロンを and や but に置き換えて訳してみてください。例えば、そして/ところが/しかし/でも/それに対して、などと訳します。


(追記4)

Mignon Fogarty, The Grammar Devotional: Daily Tips for Successful Writing from Grammar Girl(Henry Holt & Co, 2009, pp.67, 71)にも言及があります。


posted by 石崎 陽一 at 11:22 | Comment(0) | 句読法 | 更新情報をチェックする

英語の主な句読法とその用法(コロンの巻)


file0002058705920.jpg



コロン(:)


コロンの「左側の」語句を「右側で」具体的に説明するときに使う。

● This book deals with three areas: Biology, Chemistry, and Biochemistry.
(この本は3つの分野、すなわち、生物学、化学、それに生化学を扱っている)


ダッシュ(−)を用いても同じ。ドラマ性が濃くなります。

● This book deals with three areas − Biology, Chemistry, and Biochemistry.


(追記)

本記事の執筆に際し、以下の文献を参照しました。

綿貫陽・マーク・F・ピーターセン『シリウス総合英語』(旺文社、2000年)
畑中孝實 監修・稲盛洋輔 著『英語の句読法辞典』(インターワーク出版、2003年)
村上陽介『英語正読マニュアル』(研究社、2000年)


posted by 石崎 陽一 at 11:18 | Comment(0) | 句読法 | 更新情報をチェックする

英語の主な句読法とその用法(カンマの巻)


file7301299698497.jpg



カンマの用法


1.3つ以上の語句が並ぶときの区切りに、〈A, B, and C〉などの形で用いる。

● Air consists of oxygen, hydrogen, and nitrogen.
(空気は、酸素、水素、および窒素から成っている)

● Our factories are located in Tokyo, Fukuoka, Sapporo, and Kumamoto.
(我が社の工場は、東京、福岡、札幌、および熊本に立地している)


なお、各要素に修飾語句がつくなどして長くなった場合は、それぞれの「固まり」をきちっと区別して混乱を防ぐため、セミコロンを用います。

● Five Japanese−Yasushi Kimura and his wife, Fukie, both 47, from Fukui Prefecture; Kaoru Nagaike, 45 and his wife, Yukiko, 46, from Niigata Prefecture; and Hitomi Arai, 13−completed a Honolulu marathon race yesterday.
(5人の日本人−木村靖と妻富貴恵(いずれも47歳、福井県出身)、長池かおるとその妻雪子(それぞれ45歳、46歳、新潟県出身)、そして荒井ひとみ(13歳)−が、昨日のホノルルマラソンを完走した。


上のような日本語を英訳する場合、セミコロンの機能を知らないと、訳のわからない大混乱の英文になりかねません。


2.同格関係にある2つの語句を区切る。

● I live in Aswan, a town in the south of Egypt.
(私はエジプト南部の町、アスワンに住んでいます)



3.具体説明の挿入を表すときに使う。(    )の役割。

● The musician, 69, died Tuesday night of acute heart failure.
(その音楽家(69歳)は、火曜日夜、急性心不全で亡くなった)

● Solar energy is, I think, an energy that is friendly to the earth.
(太陽エネルギーは、私が思うに、地球にやさしいエネルギーだ)


ダッシュ(−)2本でも同じ。ドラマ性が濃くなります。

● Solar energy is − I think − an energy that is friendly to the earth.


(追記1)

本記事の執筆に際し、以下の文献を参照しました。

綿貫陽・マーク・F・ピーターセン『シリウス総合英語』(旺文社、2000年)
畑中孝實 監修・稲盛洋輔 著『英語の句読法辞典』(インターワーク出版、2003年)
村上陽介『英語正読マニュアル』(研究社、2000年)

(追記2)

同格関係にある2つの語句を区切るカンマの用法については「my older sister Betty か My older sister, Betty か」の記事を参照。

(追記3)

同格の関係であっても、あたかも一つの単語のように密接なものとして扱う場合はカンマで後ろへ置くことはしません。

畑中孝實 監修・稲盛洋輔 著『英語の句読法辞典』(インターワーク出版、2003年、p.33)ではそうした区切らない例を厳選して示しています。

(追記4)

Mignon Fogarty, The Grammar Devotional: Daily Tips for Successful Writing from Grammar Girl (Henry Holt & Co, 2009, p.91)にも言及があります。


posted by 石崎 陽一 at 11:15 | Comment(0) | 句読法 | 更新情報をチェックする
ページトップへ戻る