2013年04月27日

【連載】現代標準英語における二重否定の使用回避を促した要因について(目次)


a1180_008119.jpg



好評をいただいた連載ですが、全体の構成を一望できる目次があるとありがたいというご要望を複数の方から頂戴しまして、作成してみました。

以下の青字をクリックすると関連記事にジャンプします。


現代標準英語における二重否定の使用回避を促した要因について

はじめに(前編)

はじめに(後編)

第1章 現代標準英語における二重否定の使用回避を促した要因に関するクノレックの考察

 第1節 二重否定の定義と分類

 第2節 二重否定を使用する話者の心理

 第3節 二重否定の使用回避の時期と原因

 第4節 二重否定の使用回避に及ぼした文法家の影響への評価

第2章 18世紀の社会情勢

第3章 二重否定の使用回避に及ぼしたラウス文典の影響

 第1節 ラウスの学問的・社会的地位

 第2節 同時代人によるラウスとその文典への評価

 第3節 文典執筆の基本方針

 第4節 文典の規範性

結論

要約


posted by 石崎 陽一 at 18:24 | Comment(0) | 連載 | 更新情報をチェックする

2013年04月02日

【連載】現代標準英語における二重否定の使用回避を促した要因について(要約)



Summary


A Re-evaluation of
the Influence of Bishop Lowth's Grammar on
the Extinction of the Emphatic Use of Double Negatives
in Standard English


Yoichi ISHIZAKI


Today most educated people carefully avoid using a double negative as a strengthened one. This emphatic use is mainly made by the uneducated. Now such an expression as ‘I don't know nothing about it.’ is, therefore, considered vulgar. In Elizabethan times, however, the use of a double negative was felt only as a stronger one, not vulgar. Until then, like many other languages, it had been a common way of emphasizing the negative notion. Then, what brought the emphatic use to extinction? The purpose of the present essay is to give an answer to this question by analyzing and re-evaluating the influence of the first prescriptive grammar on the disappearance of it.

The analysis and re-evaluation is carried out by investigating the preface of A Short Introduction to English Grammar(1762)by Robert Lowth(1710-87)and his own background and examining the social situation in the eighteenth century. During the period there had been “unprecedented social mobility”(Pinker 1994;373)in England. It was very easy “for the British to move up and down the social ‘ladder’”(McDowell 1989:115). However, “the divisions of eighteenth century society were marked by language as much as by birth, rank, wealth and education.”(Freeborn 1992:190) Plus “... if the language of the common people was regarded as inferior by the educated upper classes in the eighteenth century, then their ideas and thoughts would be similarly devalued.”(Ibid.)Whoever desired to distinguish himself as cultured, therefore, had to try to master the best kind of English. It was the shortest way to success in life to acquire the language most educated people feel to be right. This trend led to the demand for handbooks with “definite and dependable rules”(Myers 1966:212). “There were now millions of people who wanted to be told how to use the language correctly;and there were thousands of schoolmasters who wanted a basis for telling them−definitely and without hesitation or qualification.”(Ibid.)

This need was satisfied by Lowth's grammar. It has one notable characteristic. The feature is that it was “calculated for the use of the Learner, even of the lowest class”(Lowth 1968:13)and showed readers “what is wrong” as well as “what is right”, which is “the very fountainhead of a schoolroom attitude”(Myers 1966:224). He declares:

The principal design of a Grammar of any Language is to teach us to express ourselves with propriety in that Language;and to enable us to judge of every phrase and form of construction, whether it be right or not. The plain way of doing this is, to lay down rules, and to illustrate them by examples. But, beside shewing what is right, the matter may be further explained by pointing out what is wrong.(Lowth op.cit.:12)

In this way, “prescriptiveness appeared in many parts of the book, and reputable writers were not spared”(Burchfield 1985;96). This authoritarian attitude must have been welcomed by people in the eighteenth century who badly wanted “definite and dependable rules”.

In addition to this “definite” way of writing, Lowth's academic and religious background made his book “dependable”. In his publication of it, he was professor of poetry at Oxford and gave noticeably learned lectures on Hebrew poetry, which were later published and for which Oxford University created a Doctor of Divinity to him. At that time, he was “an accomplished and elegant scholar”(DNB, s.v. LOWTH or LOUTH, ROBERT)and had gained “a European reputation”(Ibid.). After his resignation Lowth was translated to the see of Oxford, later of London, and then appointed dean of the chapel royal and a privy councillor. He was, finally, offered archbishop of Canterbury by the king(but because of his health he declined it). Judging from all the facts mentioned above, it can safely be said that naturally, very much attention was paid to his grammar and it was trustworthy.

It is clearly shown in his contemporaries' comments how much reputaion Lowth's grammar then had and how much trusted it was. James Harris(1709-80), for example, refers to his grammar as:

... admirable tract on the Grammar of the English Language every lover of that language ought to study and understand, if he would write, or even speak it, with purity and precision.(Reibel 1997:typescript)

John Wesley(1703-91), too, says:“... doubtless his[Lowth's]is the best English grammar that is extant.”(Ibid.)His book was, this way, highly regarded.

In these contexts Lowth stated in his book “simply and firmly”(Myers op.cit.:227), “Two negatives in English destroy one another, or are equivalent to an Affirmative.” It is no wonder that to this rule those people showed willing obedience who wanted to acquire the language spoken in the educated class. Thus we can safely state, in conclusion, that Lowth's grammar accelerated the extinction of the use of a double negative, although based on her research, Marianne Knorrek affirms that grammarians had no influence upon the loss of it, saying(translation;mine):

Die Grammatiker erst dann der doppelten Verneinung ihre Beachtung schenken, als sie in der Schriftsprache und zum allergrößen Teile, wenn auch noch nicht ganz, in der gebildeten Umgangssprache verschwunden war. Ihr Aussterben kann daher nicht auf das Eingreifen der Sprachmeister zurückgeführt werden.(Knorrek 1938:31)

(=The grammarians first paid attention to the double negative, when it had disappeared in the written language and, even if not yet completely, for the most part, in the colloquial language of the educated. Its extinction cannot, therefore, be put down to the inervention of the grammarians.)


As she points out, indeed, it was not until the emphatic use of double negatives had almost disappeared that Lowth's grammar appeared, but his can be said to have played an important and decisive role in hastening the extinction of it.


posted by 石崎 陽一 at 23:45 | Comment(0) | 連載 | 更新情報をチェックする

【連載】現代標準英語における二重否定の使用回避を促した要因について(最終回)



結論


個人の努力次第で容易に社会的上昇が可能だという18世紀の社会情勢の下で、規範性を持った文章案内が当時の人々の間で切に望まれていた。

出世するには少なくとも社会の上層部の人たちが vulgar とみなすような語法は避けねばならず、逆にかれらが refined とする、つまりかれら自身が用いるようなことば使いを身につけることが必然的に求められたからである。

「自分の腕一本でたたき上げた人間が出世街道を歩んでいくときに、親切なことにもその街道に沿って体系的に仕組まれた落とし穴の数々」(A system of pitfalls thoughtfully prepared for the feet of the self-made man, along the path by which he advances to distinction)とビアス(Ambrose Bierce, 1842-1914?)は文法のことを皮肉ったが、

「落とし穴」の場所をいちいち指摘してくれるような手引きが切望されていたわけである。

しかもその手引きはその使用者(学習者と指導者)を考慮すると「明確で、かつ信頼に足る」ものである必要があった。

そこに、それを指南するにふさわしい人物が現れてこうした需要に応える本を供給したのである。

絶大なる学問的、宗教的、そして社会的権威を持つ人物が出世街道の道しるべとなるべき書物の中で、「明瞭にかつ断固として」(simply and firmly)「英語においては2つの否定語は互いに打ち消し合い、肯定と等価となる」と明言したのだ。

この記述はかなりの信憑性とをもって読者に受け入れられたにちがいない。

「彼の声明は広く神の啓示の如く受け入れられ、これ以後、教養人のほとんどは二重否定を注意深く避けてきている」(... his[Lowth's]statement was quite generally accepted as revelation, and most educated people have been carefully avoiding double negatives from this time on.)ということになっても何ら不思議ではなかったのである。

クノレックの論旨の通り、‘Zwecktätigkeit’の優先された時期にあって、否定が殊更に強調されたような感情的な文章は格調高いというよりもむしろ卑俗な印象を与え、それ故、上流階級の人々によって自発的に二重否定の使用が控えられるという傾向はたしかにあったであろう。

しかし、ラウスが「否定の否定は肯定なり」という論理を英文法に導入し明文化したことの意味は無視できるものではない。

このことによって、それまで自分の語感に頼ってその使用を避けていた教養階級の人々にも、そしてまた、このような語法を卑俗と感じる人たちに認められる物言いの仕方を学ばんとする庶民たちにも、明確な規準が与えられ、その規準に照らすことで、初めて、二重否定の使用をはっきりと意識して避けられるようになったのである。

二重否定の問題の意識化を促し、その消滅を促進する役割をラウスの文典は果たしたと言うことができる。二重否定の消失にとどめを刺したのはラウスだったとして過言ではない。


(追記1)

「自分の腕一本でたたき上げた人間が出世街道を歩んでいくときに、親切なことにもその街道に沿って体系的に仕組まれた落とし穴の数々」(A system of pitfalls thoughtfully prepared for the feet of the self-made man, along the path by which he advances to distinction)というビアスの記述は Ambrose Bierce, ‘The Devil's Dictionary’ in The Collcted Works of Ambrose Bierce, vol.Z(1911;rpt. Tokyo:Hon-no-tomosya, 1996, p.121)より引いた。

(追記2)

「明瞭にかつ断固として」(simply and firmly)という文言は Myers(p.227)より引いた。

(追記3)

「彼の声明は広く神の啓示の如く受け入れられ、これ以後、教養人のほとんどは二重否定を注意深く避けてきている」(... his[Lowth's]statement was quite generally accepted as revelation, and most educated people have been carefully avoiding double negatives from this time on.)という記述は Myers(p.227)より引いた。


(完)



posted by 石崎 陽一 at 23:00 | Comment(0) | 連載 | 更新情報をチェックする

2013年03月23日

【連載】現代標準英語における二重否定の使用回避を促した要因について(その12)



文典の規範性


前回までの記事で、現代標準英語における二重否定の使用回避に及ぼしたラウス文典の影響について、

ラウスの学問的・社会的地位同時代人によるラウスとその文典への評価文典執筆の基本方針という観点から考察してきた。

以上の観点に加えて、ラウスが設定した基準は「最良の作家たち」(our best authors)の用法をも超越するものであった。

「規範性はこの本の大部分に現れており、名高い作家連も容赦はされなかった」(Prescriptiveness appeared in many parts of the book, and reputable writers were not spared)のである。

彼自身のバックグラウンドから生じる発言の重み、発言の持つ信頼性といったものに支えられて、彼の文法書も、学べば大作家の文章でも訂正できるほどの権威、規範性を有していたことがわかる。

こうした姿勢は「教室的態度というもののまさに淵源」(the very fountainhead of a schoolroom attitude)というべきものであり、

これ以後教室における文法の学習は他人の文章の粗探しに終始するようになり、そして自らが書く際にも神経質になり過ぎてその文章はぎこちなく、色褪せたものと化すといった弊害を生むようにまでなった。

しかしこれは逆の見方をすれば、それほど大きな影響力をラウスの文法書が読者に対して示していたことの証左になる。

ピンカーはこの規範性に触れ、「いかに理不尽なものであれ、規範文法の規則はいったん導入されるとそれを根絶するのは至難の業」(... once introduced, a prescriptive rule is very hard to eradicate, no matter how ridiculous)である。

というのも、「実例を以て果敢にもある規則をひっくり返そうとする人は誰しも、自分がその規則を拒否して背いているのだというよりもむしろ、無知であるが故にその規則に従えないのだと読み手側に判断される心配を、常にしなくてはならない」(Anyone daring to overturn a rule by example must always worry that readers will think he or she is ignorant of the rule, rather than challenging it)からで、

こうした規則は「ちゃんとした学校教育を受けられた人たちしか従うことのできないほど、心理的には甚だ不自然なものである故、エリートとクズとを選別するシボレスとしての機能を果たす」(since prescriptive rules are so psychologically unnatural that only those with access to the right schooling can abide by them, they serve as shibboleths, differentiating the elite from the rabble)ものだと述べている。

そしてそれは書き物をする人の神経をすり減らし、疲労せしめる一種の「恐怖」(terror)となるほどだ、とまで極言している。

ピンカーがいかなる時代を念頭においてこの発言をしたかは定かではないが、ラウス以来生じた文典の規範性の大きさを物語ってくれる貴重な証言であることは確かである。


(追記1)

「最良の作家たち」(our best authors)という表現は Robert Lowth, A Short Introduction to English Grammar, 南雲堂英語文献翻刻シリーズ第13巻(郡司利男解説)(東京、南雲堂、1968年、p.12)より引いた。

(追記2)

当時の状況は次のようであった。(和訳は拙訳。)

For a really satisfactory standard he[=a conscientious grammarian]has to look higher−not at the actual sentences the authors wrote, but at the sentences they would have written if they had understood grammar better, and practiced it more carefully−if they had, in fact, studied and followed the book he is in the process of composing.(Myers, p.226)

本当に満足のいく規準を求めて、誠実な文法家たる者はさらなる高みに目を遣る必要がある。すなわちその視線は、著者たちがもしも文法をもっとよく理解し注意深く実践しておれば、つまりもっとはっきり言えばもしも文をこしらえる過程でその文典を研究し従っておれば、きっと書いたであろうと思われるような文章に、据えられなければならないのである。その著者たちがものした実際の文章に目を配る必要はないのだ。

(追記3)

「規範性はこの本の大部分に現れており、名高い作家連も容赦はされなかった」(Prescriptiveness appeared in many parts of the book, and reputable writers were not spared)という文言は Robert Burchfield, The English Language(Oxford:Oxford University Press, 1985, p.96)より引いた。

(追記4)

「教室的態度というもののまさに淵源」(the very fountainhead of a schoolroom attitude)という文言は Myers(p.224)より引いた。

(追記5)

「教室における文法の学習は他人の文章の粗探しに終始するようになり、そして自らが書く際にも神経質になり過ぎてその文章はぎこちなく、色褪せたものと化すといった弊害を生むようにまでなった」という記述は Myers(p.228)の次の記述に基づいている。

... in many schoolrooms the study of grammar became an exercise in fault-finding;and a great many of people who had suffered through it became so nervous about possible criticism that their own writing became labored and colorless.

(追記6)

規範文法の規範性に関するピンカーの発言は Steven Pinker, The Language Instinct(New York:William Morrow, 1994, p.375)より引いた。

(追記7)

「恐怖」(terror)という表現は Pinker(p.375)より引いた。


(この項続く)



posted by 石崎 陽一 at 07:23 | Comment(0) | 連載 | 更新情報をチェックする

2013年03月07日

【連載】現代標準英語における二重否定の使用回避を促した要因について(その11)



文典執筆の基本方針


「18世紀の社会情勢」の記事でみたように「明確で、かつ信頼するに足る」(definite and dependable)規則を18世紀の人々は強く求めていたのだったが、

前々回の記事で触れたようなバックグラウンドを持ったラウスは「信頼するに足る」(dependable)文法書を書くのにまさにうってつけの人物であったということができる。

彼には、書くものに然るべき権威と信頼性、説得力が付与されるのも当然と言えるような学問的・社会的背景があったのである。

マイヤーズ(L.M.Myers, 1901-)のことばを借りれば

「もし選ぶとすれば、英文法を『固定する』任務に適する男はその時代、彼を措いて他に見いだすことは困難だろう」(It would be hard to find a man of his period whose knowledhe better qualified him for the task of “ascertaining” English grammar)

というほどだった。

それは前回の記事における彼の同時代人の証言からも明らかである。「信頼するに足る」という条件は充分に満たしていたわけだ。

では、「明確な」(definite)という要請の方はどうであったか、と言えば、ラウスの文法書はこの要求をも果たしたのである。

彼の執筆方針、彼の文法書の基本的態度は、文法について規定している次の箇所において見られる。(和訳は拙訳。)

The principal design of a Grammar of any language is to teach us to express ourselves with propriety in that language;and to enbale us to judge of every phrase and form of construction, whether it be or not. The plain way of doing this is, to lay down rules, and to illustrate them by examples. But, beside shewing what is right, the matter may be further explained by pointing out what is wrong.

あらゆる言語の文法が持つ主な目的は次の通りである。自分の言わんとすることを言語を用いて自ら適切に表現することができるようにすること。そして、言い回しや構文の構造ひとつひとつについてそれが正しいのか正しくないのかの判断を自ら下せるようにすること。以上である。この目的を遂行するのに簡単な方法は、諸々の規則を定めて、その定めた規則を実例を以て示すことである。しかしその際、何が正しいかをしめるのに加えて、何が誤りかを指摘することで、問題の所在がさらに明らかになることであろう。


すなわち、ラウスの文典には全編を通じて、何が正しくて(what is right),何が誤りなのか(what is wrong)、ということが一貫して明確に示されており、文章をものする人がぶつかるような疑問点に yes-or-no 式の解答を以て明快に答える形で全体が統一されていた。

「学習者の使用向けに、また社会の最下層の人々の使用にさえ向くように、計画されて」(calculated for the use of the Learner, even of the lowest class)いたのである。

読者対象をしっかりと絞ってその要請に応えようとするこうした配慮が学習者の他、指導者も含めた使用者に受けた理由と言ってよい。


(追記1)

「もし選ぶとすれば、英文法を『固定する』任務に適する男はその時代、彼を措いて他に見いだすことは困難だろう」(It would be hard to find a man of his period whose knowledhe better qualified him for the task of “ascertaining” English grammar)という Myers の言葉は Myers(p.223)より引いた。

(追記2)

ラウスが文法について規定している箇所は Robert Lowth, A Short Introduction to English Grammar, 南雲堂英語文献翻刻シリーズ第13巻(郡司利男解説)(東京、南雲堂、1968年、p.12)より引いた。

(追記3)

「yes-or-no 式の解答」とは Myers(p.222)における “The demand was for yes-or-no answers” という文言から採った。

(追記4)

「学習者の使用向けに、また社会の最下層の人々の使用にさえ向くように、計画されて」(calculated for the use of the Learner, even of the lowest class)という文言は Lowth(p.13)より引いた。


(この項続く)



posted by 石崎 陽一 at 03:52 | Comment(0) | 連載 | 更新情報をチェックする

2013年02月11日

【連載】現代標準英語における二重否定の使用回避を促した要因について(その10)



同時代人によるラウスとその文典への評価


前回は主に DNB の記事に拠って文典出版当時(18世紀中葉)におけるラウスの高い学問的名声、社会的評判について述べたのであったが、

次に、ここでは、さらに具体的に、同時代人の下した彼と、また彼の文法書に対する評価を個別に見てみたい。

ラウス自身に対する評言としては、哲学者であり歴史家であったヒューム(David Hume, 1711-76)の「きわめて公平で、聡明な批評家」(a very candid&ingenious Critic)ということばが目を引く。

キャンベル(George Cambell, 1719-96)も The Philosophy of Rhetoric の中で「かの聡明なる紳士」(That ingenious gentleman)と評している。

ハリス(James Harris, 1709-80)はラウスに「学識ある高位聖職者」(the learned prelate)として言及し、

彼の文典については「英語の文法に関する実に見事な論考であり、英語に愛着のある者は誰でも、上品に、かつ正確に何かを書き、また話そうとするならば、よく研究し理解するべき」(... whose admirable tract on the Grammar of the English Language every lover of that language ought to study and understand, if he would write, or even speak it, with purity and precision.)との言を残している。

メソジスト教会の創始者であるウェズレィ(John Wesley, 1703-91)も、ラウスの人となりについては「ときとして偽善的なところがあるし、また、実際には粗がない場合でも粗探しをするところがある」(Bishop Lowth is sometimes hypocritical and finds fault where there is none.)としながらも、

その文法書に関しては「しかし、彼の文法書は現存するもののうちで最良のものであることは疑いを容れない」(Yet doubtless his is the best English Grammar that is extant.)との賛辞を呈している。


(追記1)

この節の引証は、Tübingen 大学の David A. Reibel 教授のタイプ原稿に全面的に負っている。以下、追記2〜5も同様。

(追記2)

「きわめて公平で、聡明な批評家」(a very candid&ingenious Critic)ということばは David Hume, The Letters of David Hume, Volume U, letter No.303. To the rev. Hugh Blair, Written possibly London Autumn 1771 より引いた。

(追記3)

「かの聡明なる紳士」(That ingenious gentleman)ということばは George Campbell, The Philosophy of Rhetoric(1776;Carbendale:Southern Illinois University Press, 1963), p.156 より引いた。

(追記4)

「学識ある高位聖職者」(the learned prelate)および「英語の文法に関する実に見事な論考であり、英語に愛着のある者は誰でも、上品に、かつ性格に何かを書き、また話そうとするならば、よく研究史理解するべき」(... whose admirable tract on the Grammar of the English Language every lover of that language ought to study and understand, if he would write, or even speak it, with purity and precision.)ということばは James Harris, Hermes:or, a philosophical inquiry concerning language and universa grammar からの引用だが、これは Peter Hall, Sermons, and Other Remains of Robert Lowth, D.D.(London:Rivington, 1834)に附せられた Memoir(p.24)に対する注からの孫引きである。ただし、ここにはページの指定の他、出版データが記載されておらず、したがって詳細は不明である。

(追記5)

「ときとして偽善的なところがあるし、また、実際には粗がない場合でも粗探しをするところがある」(Bishop Lowth is sometimes hypocritical and finds fault where there is none.)および「しかし、彼の文法書は現存するもののうちで最良のものであることは疑いを容れない」(Yet doubtless his is the best English Grammar that is extant.)ということばは弟のチャールズ(Charles Wesley)に宛てた1767年2月の書簡にみられる。


(この項続く)



posted by 石崎 陽一 at 17:44 | Comment(0) | 連載 | 更新情報をチェックする

2013年02月03日

【連載】現代標準英語における二重否定の使用回避を促した要因について(その9)



ラウスの学問的・社会的地位


まず、主として The Dictionary of National Biography に拠って、ラウスの背景について述べてみよう。

A Short Introduction to English Grammar を書いたとき、彼はオックスフォード大学の詩学教授(professor of poetry)であり、ヘブライ語の詩に関する講義を行っていた。

その講義は「極めて学識に富んだ」(remarkably learned)内容のものだったといい、退官後に Prælectiones de Sacra Poesi Hebræorum として出版されたが、これに対して後年、オックスフォード大学から Doctor of Divinity を与えられている。

この他、ヘブライ語は楽園の言語であると信じて、これをつぶさに研究しており(Hebrew was, he[Lowth]believed, the language spoken in Paradise;he studied it critically)、

その精通した知識は全欧的な評判であったということである(his[Lowth's]knowledge of it[Hebrew]gained him[Lowth]a European reputation)。

そして、ヘブライ語以外にもギリシャ・ラテンなどの古典語に通じ、数カ国の近代語にも造詣が深く、古英語の知識も当時としては驚くべきものを持っていた。

また旧約聖書の詩的な美しさをいたく評価していて(with a keen appreciation of the poetic beauty of the Old Testament scriptures)、

「はじめて聖書の詩篇を文学として扱った者のひとり」(one of the first to treat the Bible poetry as literature)である。

学生時代は名門ウィンチェスター校を経てオックスフォード大学の New College を修了するまで、奨学生として過ごすほどの「勤勉な学徒」(an industrious student)であったというが、

このように、出版当時の彼は「学識、物腰、ともに洗練されたる学者」(an accomplished and elegant scholar)として誉れ高き神学博士だったのである。

一方、聖職者としても学問の世界におけると同様の権威が彼にはあった。

聖職に就いたのはオックスフォード大学に奉職する以前であったが、ウィンチェスターの助祭長(archdeacon)に任命されたのとほぼ同じ時期に、輝かしい業績を築き上げた学者生活に区切りをつけ、

その後はオックスフォード大学の司教にロンドンの司教、王室礼拝堂の主席司祭(dean of the chapel royal)に枢密顧問官(a privy councillor)にと任命されては歴任し、ひいては国王からカンタベリーの大司教(archbishop)の座を提供されるといった具合なのである。

もっとも、大司教の座は自身の結石の病いや家族の災厄などを理由に辞退している。

当時の司教や主席司祭といえば

「精神的な面のみならず、経済的、社会的な面でも貴族に匹敵する、いやそれをしばしば超える権威と権力の地位」

であり、

「大司教の宮廷席次は首相よりも上」

であったというから、

彼の発言の社会的な影響力は推して知るべしである。

高い宗教的権威が、社会的権威にも連なっていたわけであり、出版当時の彼はその見識が大いに注目されて然るべき地位に居たと言ってよい。


(追記1)

ラウスの背景に関する記述は The Dictionary of National Biography(London:Oxford University Press, vol.Ⅻ, pp.214-16)に基づいている。

(追記2)

「古英語の知識も当時としては驚くべきものを持っていた」という記述は Myers(p.223)における He[Lowth]... had a surprising(for his time)knowledge of Old English. という記述に基づいている。

(追記3)

「はじめて聖書の詩篇を文学として扱った者のひとり」という記述は Chamber's Biographical Dictionary(1897;rvs. Edinburgh:W.&R. Chambers, 1949, p.605)に基づく。

(追記4)

当時の司教や主席司祭の地位と大司教の宮廷席次に関する記述は渡部昇一『英文法を撫でる』(東京、PHP研究所、1996年、p.176)に基づく。


(この項続く)



posted by 石崎 陽一 at 09:03 | Comment(0) | 連載 | 更新情報をチェックする

2013年01月26日

【連載】現代標準英語における二重否定の使用回避を促した要因について(その8)



二重否定の使用回避に及ぼしたラウス文典の影響


前回の記事で概観したように、18世紀は、先に例を見ない社会流動の時代であって、中産階級が急速な広がりをみせていたと同時に、

社会階級が自らの操ることばで区別されるような時代でもあり、教育熱が急激に高まった時期であった。

旧知の人たちのようにではなく、自分が将来交際を持ちたいと望む人々のように話せるようになるために、というのが当時、学校に行く主な理由のひとつとなっていた。

こうした時代の趨勢が市場を形成し、数多くの文法書が出版された。そしてそのような中で特に「実戦力」(an active force)となったのがラウスの書いた A Short Introduction to English Grammar(1762)であった。

この文法書は出るやいなや成功を収め、18世紀の終わりまでに20以上も版を重ね、簡約版や修正版、拡張版なども出された位だった。

これほどの人気は、つまりこれだけ多くの読者を得たことは、当時の人々の要請に彼の文法がうまく応えたことを如実に物語るものである。

それでは、彼の文法書がかくもの売れ行きをみせ、広く受容されたのは具体的には何に起因するのだろうか。

言い換えれば、どんな要素がかれらのニーズを満たしたのであろうか。


(追記1)

18世紀は社会階級が自らの操ることばで区別されるような時代であったという記述は以下に基づく。

... the divisions of eighteenth century society were marked by language as much as by birth, rank, wealth and education.(Freeborn, p.190)

(追記2)

18世紀は教育熱が急激に高まった時期であったという記述は以下に基づく。

... the rise of a new middle class and the trend toward universal education were proceeding simultaneously.(Myers, p.222)

(追記3)

「古くからの顔見知りのようにではなく、自分が将来交際を持ちたいと望む人々のように話せるようになるために、というのが当時、学校に行く主な理由のひとつとなっていた」という記述は以下に基づく。

One of the principal reasons for going to school was to learn to talk, not like your old neighbors, but like the new ones you hoped to acquire.Ibid.)

(追記4)

「こうした時代の趨勢が市場を形成し、数多くの文法書が出版された」という記述は以下に基づく。

These trends created a demand for handbooks and style manuals, which were soon shaped by market forces.(Pinker, p.373)

(追記5)

「実戦力」という表現は以下より借用した。

As an active force, our grammatical tradition began in 1762 with Lowth's Short Introduction to English Grammar...(Myers, p.212)

(追記6)

「この文法書は出るやいなや成功を収め、18世紀の終わりまでに20以上も版を重ね、簡約版や修正版、拡張版なども出された位だった」という記述は以下に基づく。

His[Lowth's]book was immediately successful in the schools. More than twenty editions appeared during the eighteenth century;and simplifications, modifications, and expansions began to appear almost at once.Ibid., p.223)


(この項続く)



posted by 石崎 陽一 at 09:30 | Comment(0) | 連載 | 更新情報をチェックする

2013年01月23日

【連載】現代標準英語における二重否定の使用回避を促した要因について(その7)



18世紀の社会情勢


教養階級のことばにおいて二重否定の使用回避が進行しつつあった18世紀、イングランドは強大な帝国の中心地となっており、そのイングランドの政治的・財政的中心であったロンドンで話されていたロンドン方言が、にわかに重要な世界語となった時期であった。

また当時は、非常にたやすく「社会階層間の『はしご』を昇り降りすること」(for the British to move up and down the social ‘ladder’)のできる時代でもあった。

ロンドンでは紳士のような身なりをしていれば然るべきもてなしをうける、といった具合で、貴族・紳士階級と中産階級との間には明確な差はなかったのである。

ほとんどの階級の人々が自由に交流していた。

しかしながら当時の上流階級・知識階級は、庶民の話すことばは自分たちの使っていることばよりも劣悪なものであり、また、まさにそれ故に庶民の考えることは自分たちよりも劣っているのだとみなしていた節がある。

例えば次の引用にそのことがうかがえる。(和訳は現筆者による。以下同様。)

The best Expressions grow low and degenerate, when profan'd by the populace, and applied to mean things. The use they make of them, infecting them with a mean and abject Idea, causes that we cannot use them without sullying and defiling those things, which are signified by them.

But it is no hard matter to discern between the depraved Language of common People, and the noble refin'd expressions of the Gentry, whose condition and merits have advanced them above the other.

庶民が俗な事柄を表すのに濫用すると、いかに最上の表現であっても、卑しく貶められることになる。庶民が使い、こうした表現に卑しむべき下賎な意味を付け加えてしまうと、我々が用いる際に必ずそうした表現が表す物事を汚して損ねることになってしまうのだ。

けれども、地位や勲功ある故に社会的に上位に居る紳士階級の人々の、気品があり、洗練された言い回しと、庶民の下品で卑しい物言いとを見分けること、これは何ら難しい問題ではないのである。


この時代、「教養階級の『洗練された』ことば使いと庶民の『卑しい』言い回しとの明らかな相違は、とりもなおさず知的能力の違いを反映していると、信じられていた」のである(... it was believed that the contrasts between the refined language of the classically educated class and the vulgar language of the common people mirrored equal differences in intellectual capabilities...)。

前述のように、上流階級と中産階級との間のつきあいは普通であったのであるから、中産階級の人々も同様な見解を抱いていたとしても不思議ではない。

したがって、この「史上空前の社会変動」(unprecedented social mobility)の時代、庶民が出世するには社会の上層階級のよしとする英語、つまり彼らの使っている refined な英語を学ぶことが必要不可欠であり、またその習得が急務となったわけである。

まさにピンカー(Steven Pinker, 1955-)の指摘するように、「教育や自己修養を望む者や教養人として自己を際立たせたい者は誰でも、最もよいとされる種類の英語を学ばなければならなかった」のだ(... anyone who desired education and self-improvement and who wanted to distinguish himself as cultivated had to master the best version of English.)。

しかし裏を返せば、そうすることで社会的に上昇することが約束されていた時代だったということである。

このような御時勢ゆえ、「当時、言語の正確な用法について教えを蒙りたいと考えている人の数は何百万にも昇っており、また、何千もの教師たちが何の遠慮も、また何のためらいもなく断固として教える土台となるようなものを望んでいた」(There were now millions of people who wanted to be told how to use the language correctly;and there were thousands of schoolmasters who wanted a basis for telling them−definitely and without hesitation or qualification.)わけで、「明確かつ信頼できる規則」(definite and dependable rules)を求める声が高まっていたのである。

習う側にとって習い甲斐のある英語へと導いてくれる手引き、教える側が自信をもって教えることを可能にせしめてくれる便覧が必要とされていたのだ。

18世紀はそのような学習者と指導者の双方の要請を満足させる類の文法書に対する需要が急速に高まった時代であったと言ってよい。


(追記1)

「18世紀、イングランドは強大な帝国の中心地となっており、そのイングランドの政治的・財政的中心であったロンドンで話されていたロンドン方言が、にわかに重要な世界語となった時期であった」という記述は以下に基づく。

London had become the political and financial center of England, and England had become the center of a powerful empire. The London dialect was suddenly an important world language.(Steven Pinker, The Language Instinct(New York:William Morrow, 1994, p.373))

(追記2)

「当時は、非常にたやすく「社会階層間の『はしご』を昇り降りすること」(for the British to move up and down the social ‘ladder’)のできる時代でもあった」という記述は David McDowall, An illustrated History of Britain(Harlow:Longman Group, 1989, p.115)に基づく。

(追記3)

「ロンドンでは紳士のような身なりをしていれば然るべきもてなしをうける、といった具合で、貴族・紳士階級と中産階級との間には明確な差はなかったのである。ほとんどの階級の人々が自由に交流していた」という記述は以下に基づく。

In London a man who dressed as a gentleman would be treated as one. It was difficult to see a clea difference between the aristocracy, the gentry and the middle class of merchants. Most classes mixed freely together.Ibid.)

(追記4)

「当時の上流階級・知識階級は、庶民の話すことばは自分たちの使っていることばよりも劣悪なものであり、また、まさにそれ故に庶民の考えることは自分たちよりも劣っているのだとみなしていた節がある」という記述は以下に基づく。

... if the language of the common people was regarded as inferior by the educated upper classes in the eighteenth century, then their ideas and thoughts would be similarly devalued.(Dennis Freeborn, From Old English to Standard English:A Course Book in Language Variation across Time, London:Macmillan, 1992, p.190)

尚、こうした傾向はチューダー王朝以降のものである。

Until Tudor times the local forms of speech had been spoken by lord and peasant alike. From Tudor times onwards the way people spoke began to show the difference between them. Educated people began to speak “correct” English, and uneducated people continued to speak the local dialect.(McDowall, p.85)

チューダー王朝(1485-1603)まではその地方、その地方のことばが領主とその領民とに関わりなく話されていた。チューダー王朝以降はその話しっぷりで領主と領民との区別が明らかになるようになった。教育を受けた人々は「正しい」英語を話すようになったが、そうでない人々は依然として地方方言を話し続けたのである。

(追記5)

The best Expressions で始まる引用は Art of Speaking, rendered into English from the French of Messieurs du Port Royal(1676, 2nd ed., 1708)が原典である。Freeborn(Ibid.)より孫引きした。

(追記6)

「教養階級の『洗練された』ことば使いと庶民の『卑しい』言い回しとの明らかな相違は、とりもなおさず知的能力の違いを反映していると、信じられていた」という内容の引用は Freeborn(p.191)より行った。

(追記7)

「史上空前の社会変動」という内容の引用は Pinker(p.373)より行った。

(追記8)

「教育や自己修養を望む者や教養人として自己を際立たせたい者は誰でも、最もよいとされる種類の英語を学ばなければならなかった」という内容の引用は Pinker(Ibid.)より行った。

(追記9)

「当時、言語の正確な用法について教えを蒙りたいと考えている人の数は何百万にも昇っており、また、何千もの教師たちが何の遠慮も、また何のためらいもなく断固として教える土台となるようなものを望んでいた」という内容の引用は L.M.Myers, The Roots of Modern English(Boston:Little, Brown&Co., 1966, p.212)より行った。

(追記10)

「明確かつ信頼できる規則」という内容の引用は Myers(Ibid.)より行った。


(この項続く)



posted by 石崎 陽一 at 04:48 | Comment(0) | 連載 | 更新情報をチェックする

2013年01月19日

【連載】現代標準英語における二重否定の使用回避を促した要因について(その6)



二重否定の使用回避に及ぼした文法家の影響に対する評価


クノレックは前回の記事で述べたように、内的な要因、つまり発話者の抑制によってその使用回避を説明している。一方で外的な要因、すなわち言語外の規制に関しては、調査結果から次のように述べている。

... die Grammatiker erst dann der doppelten Verneinung ihre Beachtung schenken, als sie in der Schriftsprache und zum allergrößen Teile, wenn auch noch nicht ganz, in der gebildeten Umgangssprache verschwunden war. Ihr Aussterben kann daher nicht auf das Eingreifen der Sprachmeister zurückgeführt werden.

……二重否定に文法家が注意を払うようになったのは、文章語において、そしてまた、仮にまだ完全にではなかったにせよ、大部分は教養人たちの話しことばにおいて消滅してからのことである。それ故、二重否定の消失は文法家の介入に帰することはできないのである。


女史によると、1711年にはグリーンウッド(James Greenwood, d.1737)が先駆けて二重否定に反対しているし、1750年にはグレィ(Z. Grey)がこの件に言及している。

また1755年に出たヂョンソン大博士(Dr. Samuel Johnson, 1709-84)の英語辞書ではまだ「あまり文法的ではない」(not very grammatically)としながらも二重否定が強調に使われることが認められているという。

そして1762年になってようやくラウスが「英語においては2つの否定語は互いに打ち消し合い、肯定と等価となる」(Two negatives in English destroy one another, or are equivalent to an Affermative.)と初めて明確に断じ、断固として排斥したことに言及している。

しかしながら、上述のようにこのときにはすでに消滅しつつあったのだから、それ故に、文法家の果たした役割は認められない、という見解を示しているのである。文法書に明示された規則の影響が二重否定の消滅に関わったことはありえない(kann ... nicht)との結論だ。

しかし、なるほどクノレックの指摘するように二重否定の使用に関して消滅へと向かう傾向が既に生じていたのだとしても、その消失にとどめを刺したのは、第1回の記事でも述べたように、はじめて規則に明文化して世に示したラウスであったという見方は全く成り立たないのであろうか。

文典出版当時の社会情勢をはじめとして全体に貫かれた執筆方針や、彼自身の社会的・宗教的地位が読者に与える影響力を勘案したとき、現筆者はこのような見通しを抱かざるを得ないのだ。

後続する各回の記事でそれぞれについて順次、考察していくことにする。


(追記1)

言語外の規制に関するクノレックの分析は Knorrek(p.31)より引いた。

(追記2)

文法家による二重否定の取り扱いの歴史に関する記述は Knorrek(Ibid.)による以下の記述に基づいている。

Der erste, der den Kampf gegen die doppelte Negation aufnahm, war Greenwood(1711) in seinem‘Essay towards a Practical English Grammar’, und dann ... Grey in seiner ‘Free and Familiar Epistle to W.W.’(1750). Johnson, der seine grammatischen Betrachtungen aus der Sprache von Sidney bis zu den Dichtern der Restauration schöpfte..., fügte in seinem Dictionary(1755) bei Neither hinzu:‘Sometimes at the end of a sentence it follows as a negative;and often, though not very grammatially, yet emotionally, after another negation’. Er belegt seine Behauptung mit einem Zitat aus Bacon und einem aus Locke. Eine ahnlich milde Bemerkung finden wir noch bei Nor: ‘two negatives are sometimes joined, but ill’(ein Beispiel aus Shakespeare). Lowth(1767)stellt bereits fest...:‘Two Negatives in English destroy one another, or are equivalent to an Affirmative’ und führt Sätze aus Chaucer, Shakespeare und Milton an als examples of the contrary.

(この項続く)



posted by 石崎 陽一 at 11:45 | Comment(0) | 連載 | 更新情報をチェックする

2013年01月13日

【連載】現代標準英語における二重否定の使用回避を促した要因について(その5)



二重否定の使用回避の時期と原因


二重否定はエリザベス朝(1533-1603)までは話者の属する社会階級に関わらず用いられていた。しかし、現在、標準英語ではこの語法は忌避されている。

上流階級においてこの用法が消滅した時期を、クノレックは詩、小説、戯曲から日記、書簡、説教、そして知的散文に至る様々な文学ジャンルにおける調査の結果に基づいて、推定している。

それによると、

「1766年の時点でもうすでにほとんど上流階級の言語慣用からは完全に姿を消し去っており、ただ下層階級においてしか用いられていなかった」(... sie um diese Zeit[1776]bereits fast ganz aus dem Sprachgebrauch der höheren Schichten geschwunden war und nur noch in den unteren Klassen angewandt wurde.)

ということである。

それでは、この時期に教養階級のことばから二重否定が消失したのは何が原因なのであろうか。

クノレックの調査に依ると、二重否定の使用が最も少ないのは詩である。このことからまず、次のような推測がなされている。

Daß die Dichter sie nicht häufiger anwandten, zeigt, daß man sie doch als etwas Vulgäres, zum mindesten aber als eine nicht zur gehobenen Ausdrucksweise gehörige Sprachform empfand, denn gerade die Dichter hätten sie aus verschiedenen technischen Gründen gut gebrauchen können, da sie mitunter den Rhythmus zu glätten und die Silbenzahl auszugleichen vermag.

詩人が比較的頻繁には使っていないということはすなわち、二重否定が何か卑俗なものとして、少なくとも格調の高い言い回しには属さない言い方として感ぜられていることを示しているのである。というのも、二重否定はリズムを整えたり音節数を調節したりすることができるので、まさに技術的な理由から使おうと思えば便利に使えたであろうからである。


さらに、その作品において neither の後にはほぼ例外なくor を続けるデフォー(Daniel Defoe, 1660?-1731)も、

「オランダ生まれの William Vを支持するため」「イギリス人が混血國民であることを明らかに」する目的で書いた風刺詩『正嫡の英国人』(The True-Born Englishman, 1701)においては nor を使っているという事実から、

... die Poesie, besonders die lyrische, im allgemeinen solche Konstruktionen meidet, die zu stark das Logische unterstreichen. Für die Poesie aber, die z.B. satirischen Zwecken dient, gilt das in viel geringerem Maße, da hier natürlich eine Hervorhebung des Logischen nicht unpoetisch wirkt.

……詩、特に叙情詩は一般的に、あまりにも論理性を強調し過ぎるような構文を取らないものである。しかし、このことは、例えば風刺の目的を果たすような詩に対してはほとんど当てはまらない。というのも、風刺詩では当然、論理性の強調が詩情に乏しいという印象を与えることはないからである。


としている。

風刺詩においては論理性を強調しても、それが詩情を損なうということはないため、二重否定による否定の強調が行われ得るのであるが、その一方で叙情詩では論理性を強調する構文が避けられる傾向があるとの指摘である。

そして以上のことから

「格調の高いことばは否定の要素の殊更に力のこもりすぎた強調に対してある種の嫌悪を抱いているように思われる」(... könnte es fast so scheinen, als ob die gehobene Sprache eine gewisse Abneigung gegen eine zu nachdrückliche Hervorhebung des negativen Elementes hege.)

としている。

この考察から

「一度言語的に鍛えられ、全体的知的体質において、もはや感情強調的ではないような時期においては二重否定は次第に使われなくなるに違いない」(... in einer Epoche, die einmal sprachlich geschulter, dann aber auch in ihrer ganzen geistigen Veranlagung nicht mehr gefühlsbetont war, die doppelte Verneinung allmählich außer Gebrauch kommen mußte.)

と断じ、

「その消失に関与しているのは、論理を求める傾向というよりも、より正確には、目的活動の強まり、すなわち表現活動の弱まりが必然である」(An ihrem Untergang ist aber weniger das Streben nach Logik beteiligt, als viel mehr ein Wachsen der Zwecktätigkeit, ein Nachlassen der Ausdruckstätigkeit erforderlich.)

と結論している。

情念が溢れんばかりのときは、その強い表現意欲のため、感情的に否定語を次から次へと累加してゆくことになる。

が、感情的になることなく理性的に自分の言わんとする内容を伝えようとする際は、冷静にその使用を控えることができるので、余分に否定語を重ねて強めるようなことは見られないということである。

これまで述べてきたところをまとめると次のようになる。

17、18世紀は‘Ausdruckstätigkeit’よりも‘Zwecktätigkeit’が優先された時期であった。そして、否定が殊更に強調された文章は格調高いという印象を与えることはなくむしろ卑俗な感じが付着していた。

それまでは否定の観念を伝えるには否定語を重ねるという心理が強く働いていたのであるが、かくして、上流階級の人々によって自発的に二重否定の使用が控えられる方向に向かったということである。


(追記1)

上流階級における二重否定の消滅の時期に関するクノレックの推定は Knorrek(pp.26-7)から引いた。

(追記2)

二重否定の使用が最も少ないのが詩であることに対する分析は Knorrek(pp.30-1)から引いた。

(追記3)

デフォーは「その作品において neither の後にはほぼ例外なくor を続ける」という箇所は次の記述(Knorrek(p.38))に基づいている。

Sogar Defor, der ... neitheror fast durchgängig vorzieht, weist in seinem ‘True-Born Englishman’ etliche Konstruktionen mit neithernor auf.

(追記4)

『正嫡の英国人』に関する記述は斎藤勇『イギリス文学史』(改訂第4版、東京、研究社、1957年、p.231)より引いた。

(追記5)

叙情詩では論理性を強調する構文が避けられる傾向があるという指摘は Knorrek(p.38)から引いた。

(追記6)

上流階級における二重否定の消滅の原因に関するクノレックの結論は記載の順に Knorrek(pp. 38, 34, 35-6)より引いた。

(追記7)

‘Zwecktätigkeit’も‘Ausdruckstätigkeit’も、両語とも Wilhelm Horn and Martin Lehnert の Laut und Leben:Englische Lautgeschichte der neueren Zeit(1400-1950)(Berlin:Deutscher Verlag der Wissenschaften, 1954)の中で、大母音推移の仕組みを説くのに用いられた語である。それぞれの語に対する規定は次の通りである。

Zwecktätigkeit については、

Der Sprechende will dem Hörer oder den Hörern eine Mitteilung machen, einen Sachverhalt darstellen. Die Sprache ist in diesem Fall auf dieSache gerichtet. Sie strebt nach Klarheit, Kürze und Ordnung. Man nennt sie „Mitteilung“, oder „Bericht“, oder „Darstellung“. Da diese Sprache besonders zweckerfüllt ist, wollen wir sie kurz zwecksprache nennen, und das Sprechen dieser Sprache „Zwecktätigkeit“.(Ibid., p.7)

話し手は、聞き手たちに対して伝達をし、実状を示したいと思う。こうしたとき、言葉は事物に注意が向けられている。明瞭で、簡潔で、整然としたものになろうとする。こうした言葉使いは「伝達」や「報告」、ないし「描写」と呼ばれる。特にその目的に適ったものであるので、こうした言い回しを簡潔に「目的言語」と呼び、これを話すことを「目的活動」と呼ぶことにしよう。


と取り決め、一方、Ausdruckstätigkeit に関しては、

Der Sprechende will seine Gefühlen oder dem Affekt Ausdruck geben. Das tritt zutage in der Verwendung der sprachlichen Mittel, besonders auch in der Tonbewegung ... sie ist geladen einerseits mit Gefühl oder Affekt, und anderseits betont sie den Willen. Im ersten Fall ist sie „Ausdruckssprache“, ihr Sprechen „Ausdruckstätigkeit“(Ibid., p.8)

話し手は自らの感情や興奮を表現したいと思う。これは言語手段、特に語調の変化に明白に現れる……言葉は一面においては感情や興奮を担い、他方では意志を強調する。前者の場合、その言葉は「表現言語」であり、これを話すことは「表現活動」である。


と定めている。

(この項続く)



posted by 石崎 陽一 at 10:25 | Comment(0) | 連載 | 更新情報をチェックする

2013年01月07日

【連載】現代標準英語における二重否定の使用回避を促した要因について(その4)



二重否定を使用する話者の心理


否定語の累加によって否定の意を強調するこうした用法は、標準英語では現在、忌避されているが、ギリシャ・ラテン語、ロマンス諸語、デンマーク語、スラブ語、ハンガリー語、ひいてはバンツー語においてもみられる語法なのだという。ドイツ語では古典時代(1786-1805)までふつうであった。それは多くの言語で広く観察される現象なのである。

では、論理的には一つで充分であるはずの否定語が何度も反復して用いられるという、このような現象が生じるのは何故なのであろうか。クノレックの分析に依れば次のようである。(和訳は現筆者による。以下同様。)

... der Sprechende ist von dem Gedanken der Verneinung so erfüllt, daß die Negation sich sozusagen über den ganzen Satz erstreckt und zum Ausdruck kommt, wo nur eine Gelgenheit[Gelegenheit]sich dazu bietet. Sie negiert also zunächst mit Vorliebe das Verbum und dann außerdem noch solche Wörter, von denen ein negatives Gegenstück vorhanden ist:or−nor;either−neither u.a. Der Sprechende läßt dabei dem für die Mitteilung allein Not wendigen.

……話者の心中は否定の概念で満ち満ちているために、ここぞとばかりに否定はいわば文全体にわたって広がり、表現されるのである。それ故、まずは動詞を否定することを好み、それから、or や either などのように否定形の対が存在するような語をさらに否定するのだ。その際、話し手はその表現活動を全面的に成り行きに任せており、ただ意志の伝達に必要不可欠というだけでは満足しないのである。


ということであり、このとき、話し手の意識としては

Der Sprechende will einen negativen Satz anknpfen, er eilt dabei in seinen Gedanken voraus und wendet bereits eine negative Anknpfungspartikel an. Oder aber es handelt sich um eine Perseverationserscheinung:der schon in der Konjunktion zum Ausdruck gebrachte negative Gedanke wird im Innern des Satzes wiederholt.

話者が否定文を始める際、概念が先行し、否定的な接続詞をすでに用いている。すなわち、すでに接続詞に表された否定の概念が同じ文中で繰り返される、という保続現象が問題なのである。


つまり、昔の否定語は小さかったので聞き逃されたり見逃されやすかった。それを恐れた話者は、否定の意味を相手に充分に伝えるために否定語を結びつけ得る限りの語に附けた。その際には意識の中で持続している思考内容が関係した「先取り」(Antizipation)の心理が働いていた。

かくして、幾重にも累加された否定語は互いに打ち消し合わずに、文全体の意味は依然として否定のままという現象が生じたというわけである。話者の心理が直接に反映した表現だと言える。実際、英語においても古くは

Die negation ist ihrer Natur nach emphatisch und strebt infolgedessen danach, ihre Ausdrucksmittel zu verstärken. Da in der ursprünglichen Form ae. ic ne secge, me. I ne seye, das lautschwache ne nur ungenügend die Verneinung kennzeichnete, fügte man noch ein Verstärkungswort hinzu, nämlich nawiht, not, das schließlich die alleinige Beseichnung für die Verneinung wurde, so daß ne, seiner Funktion enthoben, schwinden konnte:aus I ne seye not wird I say not.

Um die Negation noch weiter zu verstärken, griff man schon seit dem Altenglishen zu einem andern Mittel, man drückte die Verneinung zwei- drei-, ja vierfach aus, ohne daß dadurch der Sinn verändert wurde. Auch im Mittelenglischen ist diese Art der Verneinung noch recht häufig, desgleichen im Elizabethanischen Englisch.

本質上、否定は強調的であり、それ故、それによって表現手段を強めようとするものである。古英語における ic ne secge. や中英語における I ne seye. のように原始的な形態においては、否定語 ne は音が弱く、否定の意味を明示するには不十分なので、さらに nawiht や not のような強調語が付け加えられたが、ついにはそれらが専ら否定を表す記号になってしまった。その結果 ne はその機能から解放され、消失することができたのである。つまり、I ne seye not. が I say not. になったのである。

否定の意味をより強めるためにすでに古英語以来、別の手段が用いられ、意味を変えずに、二重、三重、四重に否定が表現されていた。こうした種類の否定は中英語においてもまだかなり盛んで、エリザベス朝の英語においても同様であった。


ということであった。「くぎを一本打ち込むことより、二・三本打ち込んだ方がはるかに強いと感じて、二・三本打ち込むことと同じ原理に従って、二箇から三箇の否定語を入れた方が強いと感じられ」ていたのである。


(追記1)

否定語の累加によって否定の意を強調する語法は多くの言語で観察される現象であるとの記述は、以下の記述に基づいている。

Die doppelte Negation ist eine Erscheinung, die wir auch in anderen Sprachen finden. So im Griechischen..., im Lateinischen..., und zwar im Altlatein besonders in der Emphase, vereinzelt sogar im klassischen Latein(besonders bei Dichtern, im Gegensatz zum Englishen)und schließlich wieser häufiger im Spätlatein(unter griechischen Einflüß), im Romanischen... und im Deutschen... bis in die Zeit der Klassiker hinein. Jespersen bietet auch einige Beispiele für die doppelte Verneinung im Ungarischen und in manchen Negersprachen.... Desgleichen ist sie im Slawischen vorhanden....(Knorrek, p.32)

ちなみに、ドイツ語における二重否定の消失も学校教師の手によるという(This[cumulative negation]was continued in later centuries, though as in English it was counteracted by schoolmasters.)(Jespersen(1917, p.66))。

(追記2)

クノレックの分析は上から順に Knorrek(pp.33, 34, 34fn., 32)より引いた。

(追記3)

くぎの比喩は田中菊雄『英語広文典』(東京、白水社、1953年、p.323fn.)より引いた。


(この項続く)



posted by 石崎 陽一 at 14:13 | Comment(0) | 連載 | 更新情報をチェックする

2013年01月06日

【連載】現代標準英語における二重否定の使用回避を促した要因について(その3)



二重否定の定義と分類


前2回の記事では「二重否定」と「累加否定」とを混ぜて使っていた。以後こうした混用を避け、その使用に統一を図るために、ここで整理をしておく。

否定語が重ねられる場合、

「2箇の否定語が同一概念あるいは同一語について用いられると、相殺して肯定となる」(Whenever two negatives really refer to the same idea or word ... the result is inevitably positive;)

のだけれども、それに対して

「2箇(以上)の否定語がそれぞれ別の語について使われた場合は互いに影響を与えることはなく、依然として否定のままである可能性が大である」(... if two[or more than two]negatives are attached to different words, they have not the same effect upon one another, and the total result, therefore, may very well be negative.)。

一般にはこの両者とも二重否定と言われているが、

否定語が幾重に加えられても結局は否定のままという後者のようなケースは、三重や四重に否定されることがあるので、より正確に累加否定(cumulative negation)と呼ばれることもある。

これはイェスペルセン(O. Jespersen, 1860-1943)によって5つに下位区分されている。

このうち、クノレックの調査の対象とされており、その論考において紙幅の費やされているのは主として、次の2つのケースである。(和訳は現筆者による。以下同様。)

(1)二重牽引(double attraction)。

... the two tendencies, one to place the negative with the verb as nexal negative, and the other to amalgamate a negative element with some word capable of receiving a negative prefix. ... those instances in which both are satisfied at once ... the result being sentences with double, or treble or quadruple, negation.

……文否定として否定語を動詞に結びつけようとする傾向と、否定の接頭辞を取り得る語に否定の要素をくっつけようとする傾向との二つの傾向。……この両者ともに同時に満たされていて、その結果、文が二重、三重、四重否定となるような例。


(2)再叙否定(resumptive negation)。

... after a negative sentence has been completed, something is added in a negative form with the obvious result that the negative effect is heightened.

否定文が完結した後にさらに否定形をしたものが加えられて、その結果、明らかに否定の効果が高められる(ような例)。


つまり、実質的には「二重否定」と言っても「累加否定」と言っても指している内容は同じことなのである。

そこで本連載ではクノレックに従い、

同一の文中で否定語が重ねられて加えられ、否定が繰り返される現象を指す語

として「二重否定」を採用することとし、

その中でも特に、

イェスペルセンのいわゆる「二重牽引」か「再叙否定」かの、どちらかのケースを指す

のに用いることにする。


(追記1)

否定語が重ねられた場合の結果についての記述は Otto Jespersen, The Philosophy of Grammar(London:George Allen&Unwin, 1951, p.332)に基づいている。尚、同ページによると、この二重否定の形は単なる肯定の形に比べて話者の躊躇を表し、幾分弱い感じを与える(... the détour through the two mutually destructive negatives weakens the mental energy of the listener and implies on the part of the speaker a certain hesitation...)とのことである。

(追記2)

「一般にはこの両者とも二重否定と言われているが」という箇所は市河三喜編『英語学辞典』(東京、研究社、1940年、p.322)における「三重以上の否定も普通 double nagation の中に含ませてゐる」という記述に基づく。

(追記3)

イェスペルセンの下位区分についての記述は Otto Jespersen, Negation in English and Other Languages(Copenhagen:Høst&Søn, 1917, pp.64-80)に基づいている。

尚、本連載では取り扱わない残り三種のうちのひとつに「並列否定」(paratactive negation)がある。「deny, forbid, hinder, doubt などのような否定的な意味を持つ動詞に属する節内に否定語が置かれる」(a negative is placed in a clause dependent on a verb of negative import like‘deny, forbid, hinder, doubt’.)(Ibid., p.75)ような例であるが、この類の二重否定についてクノレックは次のようなコメントをしている(Knorrek, p.36)。

In diesen Sätzen, die wohl kaum durch die Emphase hervorgerufen sind, sehen wir einen psychologischen Lapsus, ein Nachlassen in der Konzentration des Sprechenden, vielleicht lediglich eine Konstruktionsmischung. Diese Art der doppelten Verneinung ist zu keiner Zeit ein Sprachgebrauch gewesen, der wie einst unsere‘double attraction’auch in der Literatursprache als „richtig“ empfunden wurde, sie ist an keine Epoche gebunden, sondern tritt, da sie allein in einer Schwäche, einer Flüchtigkeit des menschlichen Denkens begründet liegt, zu allen Zeiten auf, auch in der Sprache von heute, wie die Beispiele bei Jespersen bezeugen.

恐らくは強調の目的ゆえに生じたのではないようなこうした文の中に、心理的なちょっとしたミス、すなわち話者の集中力の弱まりを看取する。ひょっとしたらただ単に構造が混ざったに過ぎないものを見いだす。この類の二重否定は決して慣用語法でなかった。かつては「二重牽引」が文芸のことばにおいて「正しい」と感ぜられたようにいかなる時期にも拘束されることなく現れるような慣用語法では決してなかったのである。イェスペルセンの例が示しているように、いつの時代でも、今日の言語でも、それはただある種の弱み、つまり人間の思考の軽率さに理由があるからである。


つまり、この並列否定は無目的な「否定の観念のトートロジー」(大塚隆信『英文法論考』(東京、研究社、1938年、p.286))に過ぎないということで、彼女の調査対象から除外されている。

また、この他の2つのうち、1つはデンマーク語に関するものであり(Jespersen(1917, p.77))、もう1つは「否定文における混乱の雑多な例」(heterogeneous instances of confusion in negative sentences)(Ibid., p.78)である。

(追記4)

調査対象について、クノレックは「neither, never, nor, no, not といった、否定の意味の副詞及び接続詞が複数回用いられているにも関わらず、文意が肯定になっていないような場合に限定したいと思う」(Wir beschränken uns ... suf solche Fälle, in denen die Negationsadverbian und -konjunktionen neither, never, nor, no, not mehrfach gesetzt werden, ohne daß dadurch der Satz positiv wird.)(Knorrek, p.24)と述べている。

(追記5)

「二重牽引」に関する記述は Jespersen(1917, p.64)に、「再叙否定」に関する記述は(Ibid., p. 72)に、それぞれ基づいている。


(この項続く)



posted by 石崎 陽一 at 08:22 | Comment(0) | 連載 | 更新情報をチェックする

2013年01月05日

【連載】現代標準英語における二重否定の使用回避を促した要因について(その2)



鮮明に記憶された分だけ、この語法が標準英語から姿を消した時期と消失の原因とに対する興味も深かった。

兼ねてから抱いていたこの興味を満たすため、現筆者はまず

初版の出版以来半世紀を優に超える

ものの

現在なお標準的英語史として揺るぎない地位を保っている

とされるボー(A. C. Baugh, 1891-1981)の A History of the English Language をひもといてみたところ、次のことがわかった。

すなわち、

(1)二重否定の糾弾は18世紀に始まったこと。

そして、

(2)その非難はラウス(Robert Lowth, 1710-87)という文法家の掲げた二重否定に関する規則に端を発しており、それ以後、現在に至ってもこの定めは有効であること。

したがって、

(3)ラウスの文典が二重否定の消失に一枚噛んでおり、その直接的な原因と考えられること。

ところが、である。

累加否定の問題に関して詳しく取り扱っているクノレック(Marianne Knorrek)の論文 Der Einfluß des Rationalismus auf die englische Sprache の第2章 Syntaktische Erscheinungen des 17. und 18. Jahrhunderts.(pp.24-38)に拠ると、ラウス文典の及ぼした作用といったものは全く認められていないのだ。

この論考は詩、小説、戯曲から日記、書簡、説教、そして知的散文に至る様々な文学ジャンルをあまねく渉猟した実証的研究であるが、それ故に、ラウスの文法書に示された一条の規則の影響を否定するその語気には抗しがたい説得力があるのである。

では、彼の著した A Short Introduction to English Grammar:with Critical Notes(1762)はクノレックの指摘するように、本当に、二重否定の消失に何らの関わりもなかったと言い切れるのだろうか。

本連載の目的はラウスの文典が現代標準英語における二重否定の使用回避に及ぼした影響を再評価することにある。

そこで、論の順序として、まずは女史の論旨をたどることから始めたい。


(追記1)

ボーの英語史についての評言は大泉昭夫編『英語史・歴史英語学 文献解題書誌と文献目録書誌』(英語学文献解題第3巻、東京、研究社、1997年、p.11)より引いた。

(追記2)

ボーの指摘の要約は Albert C. Baugh and Thomas Cable, A History of the English Language, 4th ed.(London:Routledge, 1993, p.274)における次の箇所に基づいている。

... the eighteenth century is responsible for the condemnation of the double negative. Lowth stated the rule that we are now bound by:‘Two negatives in English destroy one another, or are equivalent to an Affirmative.’

(追記3)

上述したクノレック女史の論文は Der Einfluß des Rationalismus auf die englische Sprache:Beiträge zur Entwicklungsgeschichte der englischen Syntax im 17. und 18. Jahrhundert. Sprache und Kultur der germanischen und romanischen Völker. Anglistische Reihe Band XXX(Breslau:Priebatsch, 1938)である。

__.JPG
(Click the pic to enlarge!)


(この項続く)



posted by 石崎 陽一 at 18:32 | Comment(0) | 連載 | 更新情報をチェックする

【連載】現代標準英語における二重否定の使用回避を促した要因について(その1)



はじめに


学部1年の冬、『カンタベリー物語』(The Canterbury Tales, mainly 1387-88)のプロローグを読んでいた折りのことである。(和訳は現筆者による。)

And of his port as meeke as is a mayde.
He nevere yet no vileynye ne sayde
In all his lyf unto no maner wight.
He was a verray, parfit gentil knyght.

そしてその振る舞いについて言えば、娘の如くに楚々としており
一生涯の間、どんな類の人に対しても
決してどんな悪いことをも言ったことはありません。
彼は全く立派な、誠の騎士でありました。


この箇所にさしかかったとき、何か違和感のようなものを覚えたのを記憶する。今にしてみれば、あれは否定語の執拗なまでの繰り返しというそれまでは馴染みのなかった語法に対するごく自然の反応だったように思う。

というのも、現在では “He don't know nothing.” のような表現は非標準とされており、こうした物言いをする人は、それこそ “know-nothing” と見なされてしまうというから、大学入試に出題されるほどの文章において、先の例のように、否定を強めるのに否定語の累加を以てするが如き言い方を目にすることはまずないのが当然と言えるからである。

このように否定の観念の強調の手段として文の至るところに否定語を配置するのは、現代標準英語においては廃れた語法であるため、当時の作品に接する際には、かつてはこのような言い方が行われていたことを心得、念頭において読み進めなければ内容の正確な把握には至ることができないわけである。

それだけに、こうした累加否定の用法の存在は強く頭に残った。


(追記1)

『カンタベリー物語』の本文は大山俊一『カンタベリー物語・プロローグ』(篠崎書林、1931年、pp.3-4(ll.69-72))より引いた。

(追記2)

“know-nothing” という評言は Theodore M. Bernstein, The Careful Writer:A Modern Guide to English Usage(New York:Atheneum, 1977, p.xv)における次の記述に基づいている。

Let us not hesitate to assert that ... ‘He don't know nothing’ are at present incorrect, no matter how many know-nothings say them.


(この項続く)



posted by 石崎 陽一 at 18:31 | Comment(0) | 連載 | 更新情報をチェックする

連載を始めます


a1380_000066.jpg



日頃から「忙中閑あり」を座右銘として忙しくても泰然としていようと心がけていますが、やはり学期中は忙しさにかまけて何事も雑になってしまう気がします。

とはいえ、木村達哉先生に比べれば私の忙しさなどはものの数ではありますまい。

先生のように超多忙のスケジュールをこなされ、また多くの著作もされ、その上よく書物に接し、ものを考える時間も確保されておられる達人は少なからずいらっしゃる。

まだまだ修行が足りません。


たしかにスコラの中から偉大なる文化が生まれることは承知していますが、目の前に溜まった仕事を前にしてスコラも何もありません。

忙しくて何が困るかというと、物事をじっくり考える時間がとれないことです。

ものを書いていて思いますが、書くということは一種の技術で、何とか体裁の整ったものは書けるわけです。

文章化できなければ、調べたことを提示するだけでもいい。

ですから、忙しいからといって書くことに不都合を感じたことはありませんが、何か内容が薄っぺらな感じがすることがある。

それは、恐らくじっくり考えられていないからだろうと思います。

アウトプットは一種の技術と慣れです。

しかし良質のインプットがなければアウトプットはできません。

私にとってインプットとはもちろん良質の読書ですが、同じく読んだ内容をじっくりと考えることでもあります。

これは孔子様も「学びて思わざれば…」と仰せになっています。

この点をもう少し工夫するのが個人的な課題です。



上記の記事を書いたのが2011年5月30日。

それ以来じっくりと考え、コツコツと書きためてきたコンテンツを、これから連載していこうと思います。

ご笑覧ください。


posted by 石崎 陽一 at 13:19 | Comment(2) | 連載 | 更新情報をチェックする
ページトップへ戻る