2017年01月07日

実践的な英語力を身につけさせるためには、徹底した練習やドリルが必要である


pros2711.jpg



応用言語学の大家である阿部一(あべはじめ)先生による『英語教師のNGワード』(研究社、2011年)より備忘のため書き留めておきます。


日本という英語を使うのにはハンディーのある環境で、生徒たちに本当の意味での英語力をつけさせて自信を持たせてあげるために、いまもっとも重要な練習法(定着法)の1つが、皮肉なことに実はこの「捨てられたはずの機械的ドリル」なのである。(p.30)

学習項目をきちんと十分な説明やら解説をしてあげて、生徒の理解を図り、そのうえできちんと意味のあるドリルをすることで定着を図れれば理想的である。(p.16)

まずは生徒を大人として扱ったときの重要な鍵は、理解を図っての学習である。すなわち、理解させ気づきを持たせた上で、意識を高めさせながらの学習を心がけることである。(p.119)

単に英語について教師が語って、それを生徒が理解してノートにとるだけでは、とても実践的な英語力は身につかない。それを具体的に「実」にするためには、徹底した練習やドリルが必要である。(p.119)

授業では楽しいリラックスした環境を作ってあげることは大事だが、練習や理解などはある面で厳しくかつスピーディにさせなくてはいけない(p.118)


(追記)

阿部一英語総合研究所のホームページより阿部先生のプロフィールを引いておきます。

元・獨協大学外国語学部、及び同大学院教授。

20年以上に渡って獨協大学の英語教育プログラムの向上に尽くした。その間、同大学の英語入試問題の全面改 訂の責任者や、新カリキュラム改訂責任者などを行い、国際交流の責任者である同大学国際交流センター長を最後に退職。その他、武蔵野美術大学、立正大学などでも教鞭を取った。

元・NHK ラジオ「基礎英語3」(1994〜96年) 講師。

文部科学省をはじめ、英検や各都道府県の教育委員会・教育センターなどで、日本人教師や外国人講師にすでに300回以上の講演会、研修会、ワークショップなどを行っている。

2005年より阿部一英語総合研究所(英総研)所長。最新理論に基づいた“分かりやすく使いやすい”各種の指導テクニックの研修会を行っている。現在、理論と実践の橋渡しに関心があり、使いやすく実践的で効率的な教材作りや、後進の指導に当たっている。






posted by 石崎 陽一 at 18:54 | Comment(0) | ユメブン | 更新情報をチェックする

2016年11月12日

ユメブン1のご愛顧に感謝いたします


写真.JPG



編集部から連絡をいただきました。

共著の『夢をかなえる英文法 ユメブン1』(アルク、2011年)がおかげさまで第7刷となったそうです。

これで累計6万部超が世の中に出たことになります。

また、現在では、電子辞書に搭載されているほか、電子書籍化もなされ、さらに多くの学習者の方々にお使いいただいております。

皆さま方のご愛顧に心より感謝いたしますm(_ _)m


posted by 石崎 陽一 at 23:40 | Comment(0) | ユメブン | 更新情報をチェックする

2013年08月09日

夏期講習会初日のガイダンス(その3)


a1380_000106.jpg



では、これからこの講習会で取り扱う TARGET SENTENCES のひとつを使って表現練習をしてみましょう。

UNIT 01 の [例文10] を見てください。


昨日、私は大好きな俳優のジョージ・クルーニーにちなんでその犬をジョージと名付けました。

Yesterday, I named the dog George after George Clooney, my favorite actor.



動詞の過去形を用いて過去の事実を伝えている文ですが、不明な点はありますか?

なければ、音読練習をしましょう。

と言ってリード&ルックアップで言えるくらいまで仕上がったら、

では、この文を下敷きにして次の日本語を英訳してみましょう。

と言いまして、


弟が生まれたとき、母は大好きな俳優の高倉健にちなんで彼を健と名付けました。

 
おじが人形を娘にくれたとき、彼女は大好きな歌手の宇多田ヒカルにちなんでそれをヒカルと名付けました。
 


という日本語をそれぞれ口頭で英訳させました。

こうした経験を通じ、TARGET SENTENCES ごと身体に取り込むことの有用性を実感してもらった上で、

学習モデルを提示して、それぞれの STEP の練習方法を体験してもらった次第。

そしていよいよ UNIT 01 の TARGET SENTENCES の作文に移っていったのでした。


(追記)

なお、想定した英訳例は以下の通り。

When my brother was born, my mother named him Ken after Ken Takakura, her favorite actor.

When my uncle gave a doll to my daughter, she named it Hikaru after Hikaru Utada, her favorite singer.


posted by 石崎 陽一 at 21:10 | Comment(2) | ユメブン | 更新情報をチェックする

夏期講習会初日のガイダンス(その2)


a1380_000066.jpg



彼らがいまいち伸び悩んでたのも当然と言えば当然の話かもしれません。

英文法の力を付けようと思って違う力を付けていたのですから。

厚手の文法書と頻出問題集の各々の役割を次に記します。

ご覧ください。


それぞれの役割 (文法学習ではあくまでも脇役)


1.厚手の文法書

辞書または各種マニュアルのような存在。


2.頻出問題集

4択クイズや並べ替え、正誤といった問題形式への対応力・解答への瞬発力を高める。

また、語法の知識の確認や文書校正の力を養うのに向いている。



a1380_001039.jpg



では、英文法の力をつけるにはどのような点に注意が必要なのでしょうか。

文法は正しい発信・理解のためのツールであり技術ですから、

その学習で大切なことは「使って覚える」こと。

実際に使えば知識が活性化し、印象が強く残り忘れにくくなります。


繰り返しますが、

英文法は英語で自在に発信・理解ができるようになることがゴールです。

ある文法事項を理解したら、

その事項の含まれている英文を読んで意味を考えたり、

自分で実際に書いてみたり、

聞いて理解に努めたり、

反復練習することが必要です。

その過程で、ルールとして頭で知っているレベルから瞬時に正しく引き出して使いこなせる技術として習得できるのですね。

ひとつの型をきちんと身につけておくのが前提になることは、言うまでもありません。


そこで、今回の講習では、

TARGET SENTENCES の作文から入り、

文法事項の確認を経て、

そうした「型」を身体になじませるためのトレーニングを参加者に体感してもらった次第です。

いわば、『夢をかなえる英文法 ユメブン1』(アルク、2011年)の STEP 0 を体験してもらった格好になりました。


posted by 石崎 陽一 at 21:09 | Comment(0) | ユメブン | 更新情報をチェックする

夏期講習会初日のガイダンス(その1)


a0001_012285.jpg



夏期講習会の初日、冒頭の15分ほどを使いまして、ガイダンスを実施。

自分で英文法を学習していく上でのコツや注意点について話しました。

備忘のため、概要を書き留めておきます。


あれは前任校での出来事です。

初めて受け持った3年生が2人、放課後職員室に来てこう言いました。

「先生、文法苦手なんですけど、どうやって勉強したらいいですか」

「ちなみに今は何かやってるの?」

聞きますと頻出問題集をやっているんだと。

「どうやってやってるの?」

聞きますと最初から最後まで繰り返してやっていると。

だからもう答えを覚えちゃってるところもあるくらいなのに、やってるわりにどうも力が伸びないんだと。

「で、君は?」

「ぼくはこれを読んでいるんですが」

と言って差し出したのが『ロイヤル英文法』です。

 (沈黙)

「まさか…」

「はい。一からやり直そうと思って。でもなかなか頭に入らなくって困ってるんです」

「え、ど、ど、どのくらい読んだ…の?」

「はい。最初から読み進めてもう347ページの「比較」の単元までは行ったんですが。先は長いですよね。」

でもいまいち力がついていないんだと。

 (沈黙)

「状況はわかった」

それでぼくは彼らにこういった話をしました。


posted by 石崎 陽一 at 20:42 | Comment(0) | ユメブン | 更新情報をチェックする

夏期講習会(英文法の復習講座)


a1180_009342.jpg



先月末より2週にわたって実施した夏期講習会が本日終了しました。

英作文を通じて英文法の主要項目を復習するという内容です。
目次.pdf を参照。)

募集に際しては、参加者の学力層をある程度絞り込むように配慮した結果、

2年生の希望者10余名が参加。

クラスサイズとして、目の行き届いた指導に適正な規模で行うことができました。

今回はその取り組みについて記します。


対象生徒


英文法の復習を図りたい公立高校2年生


使用教材


『夢をかなえる英文法 ユメブン1』(アルク、2011年)の STEP 1 のページを使用しました。

次のように左ページに TARGET SENTENCES が、右ページにワンポイント解説が載っています。

夏期講習会資料1.pdf

夏期講習会資料2.pdf

ポイント解説の時間を圧縮するために、解説部分に盛り込む情報とその盛り込み方を工夫しています。


指導手順


夏期講習会の授業はひとコマ90分に設定されています。

よって、1ユニット45分を目安にして、1日2ユニットを学習。

1日の時間配分は概ね


1.前時の TARGET SENTENCES の確認(15分)

2.1ユニット分の作文(15分〜20分)
3.ポイントの解説・音読(20分〜25分)

4.1ユニット分の作文(15分〜20分)
5.ポイントの解説・音読(20分〜25分)



という流れで行いました。

参加者には、次回の授業までに、以下の学習モデルを活用し、音声CDを使って各自で音読練習をしてくるように指示しました。

(なお、初回は「前時の TARGET SENTENCES の確認」の時間にガイダンスを実施しました。このガイダンスの内容については次回記します。)


留意事項


● 前時の TARGET SENTENCES の確認は音声CDを用いて口頭英作文をさせます。

ちなみに、収録されている音声の長さは1ユニットにつき約2分となっています。

● 作文の時間は私がフロアを巡回して個別に支援します。

● 作文のワークシートは次のようなものを使用しました。

夏期講習会資料3.pdf

夏期講習会資料4.pdf

語注を付けたり、「一言」欄を活用したり、問題形式に空所補充を取り入れたりするなど、適宜、難易度の調整を図りました。

● 音読の時間は次の資料の7つの STEP のうち、自分の好きな STEP を選んで練習させました。

学習モデル.pdf

学校外で独習する際に押さえるべき音声上の留意点などを、適宜、指摘しながら音読指導を行いました。


posted by 石崎 陽一 at 19:50 | Comment(0) | ユメブン | 更新情報をチェックする

2012年06月10日

just improved


写真.JPG


アルクの南さんより連絡があり、『ユメブン1』の初版第2刷が仕上がったそうです。


初刷りにあった誤植がきれいに修正されました。


引き続き、末永く愛され、少しでも多くの方々のお役に立てますことを願っております。


posted by 石崎 陽一 at 10:07 | Comment(0) | ユメブン | 更新情報をチェックする

2012年05月03日

ユメブンに関するコメントをいただいております。


洞爺湖温泉ホテルの部屋から (5).jpg


福島の前田浩之先生から、こちらこちら


放送通訳者の柴原智幸先生から、こちら


敬愛するお二人の先生からコメントをいただき、感激しております。


(追記)

本書の執筆を通じて、出版物として世の中に出す、人様に見ていただく、それがどういうことなのかが身にしみてわかりました。

貴重な経験をさせていただいたことをありがたく思っています。

この度の出版を通じ、公共のお役に立てるとしたら、幸いに思います。

今後はこの経験を活かし、全体の奉仕者として職責が果たせるよう、ますます精進してまいります。


posted by 石崎 陽一 at 17:53 | Comment(0) | ユメブン | 更新情報をチェックする

2012年03月25日

私のraison d'etre


PC194381.JPG


学校は春休みですが、クラブや委員会は活発に活動をしています。


そんな中、職員室で仕事をしていると、ある生徒さんが直筆の手紙を届けに来てくれました。

(許可を得て転載させていただきます。)


1年間グラマーの授業をしてくださってありがとうございました。

私は英語に苦手意識があり文法はあまり好きなわけではありませんでした。しかし先生の丁寧な指導、プリントなどのおかげでグラマーを勉強するのが楽しくなってきました。

特に関係詞はやるべきことが多い上に難しそうだと思っていたのですが、先生のプリントの少しずつステップアップしていく方法がとても良くて理解しやすかったです。

4月から石ア先生がいらっしゃらないと思うと寂しくてたまりませんが次の学校でも先生の分かりやすい授業をし続けてください。私も文法の復習など頑張ります。

今まで本当にありがとうございました。



嗚呼。


役に立ててよかった。


生徒一人ひとりが、その生徒なりに伸びていくこと、その手助けをすることが私の生存の確認行為でもあります。


私も芯は変わらずバージョンアップしていくイメージで、再スタートを切りたいと思います。


手紙の生徒さんとはひとしきり話をし、名刺をお渡ししてお別れをしました。これからも頑張ってもらいたいな^^


(追記1)

現在、私は文法指導のゴールを作文におく、というモデルで授業を進めています。

このモデルでは文法事項の理解を授業内のゴールとせず、ファーストステップとします。

そして、易から難に配列した様々な形式のタスク(ゴールは作文です)を教室内で処理させていきます。

発信を意識し、学んだことをさまざまな形で反復練習することで定着を促すのです。

このモデルは一昨年の夏、木村達哉先生からいただいたヒントをカスタマイズして使用しているものです。(関連記事はこちら。)

昨年末には『ユメブン1』(アルク、2011年)という書籍の形で結実しました。

ご興味のある方はお手にとっていただければ幸いです。


(追記2)

小川芳男氏は『英語の教え方』(サイマル出版会、1982年、pp.158-162)において次のように述べておられます。


それでは、興味深く文型を理解させるためにはどうしたらよいか。それは文型に興味ある内容を盛ることである。しかし、何に興味があるかは学習者によって異なるので、まず学習者自身の興味ある話題によって文型練習をすることである。(中略)学習者の創意を活かした内容でなくてはならない。まず生徒に、何を学びたいかを聞き、それに応えつつ、巧みに文型を覚えさせるようにすることである。(中略)

文型と内容を一致させる方法のひとつは、一般にThe Situational Approachと呼ばれる方法が最も適当であろう。The Situational Approachとは、学習者の身辺の事実や出来事またはすでに学習者の知識になっているものに文型を与えることである。(中略)

この方法は、生徒に身辺のことを英語で表現する喜びを感じさせ、周辺のことに対して興味と親近感もみたせることにもなる。また学習者が既知のものであるから、単なる機械的な口頭練習ではなく、事実が内容をcheckすることになる。(中略)

教授法では、同じことを少し目先を変えて教えることの大切さを説いているのが多い。(中略)どんなに美味で栄養豊かな食事でも、朝、昼、晩それも毎日では倦きてしまうし、胃も受けつけない。したがって、つねにseasoningが必要である。(中略)

文型練習のための文型練習ではなくて、英語理解の結果としての文型習得にするようにしたいものである。


posted by 石崎 陽一 at 10:17 | Comment(0) | ユメブン | 更新情報をチェックする

2012年01月11日

提示の仕方による文型定着度の違いについて


DSCN0250s.jpg


日本の心理学者の中にも、英語学習の問題について、様々な観点から独自の研究をされている方がいらっしゃいます。

そして、その研究成果は日本教育心理学会の機関誌に発表されています。

今回は『教育心理学研究』に掲載された興味深い調査結果をご紹介します。


永沢幸七氏は英語の文型を異なった条件で中高生、短大生などに示し、その結果を、目で見せた場合と耳で聞かせた場合とに分けて報告しておられます。

ここでお伝えするのは耳で聞かせた場合です。

Aグループには録音した18個の英文とそれに対応する日本語を聞かせます。

Bグループには英文だけを聞かせます。

また、A、B両グループとも2種類に分け、A1グループには18個の英文を繰り返して10回聞かせますが、A2グループには5回しか聞かせません。

BグループについてもB1グループには10回、B2グループには5回提示します。

この調査の結果、次のことがわかりました。


1.英文とそれに対応する日本語の両方を聞かせた場合の方が、英文だけを聞かせた場合よりも、いずれの条件でも、よい成績を示している。

2.10回聞かせた場合と5回聞かせた場合とでは有意の差は見られなかった。

3.一定期間を経過したのちどのくらい学習事項が保持されているかの調査でも、その結果は英文とそれに対応する日本語を聞かせた場合の方が英文だけを聞かせた場合よりもよく保持されていることがわかった。



DSCN0249s.jpg


この調査結果に対し、英文に対応する日本語をいっしょに聞かせた方がよく学習され、保持されている点に注目したいと思います。

この調査で用いられた英文はいずれも平易なもので、聞いただけですぐに意味がわかるようなものです。

しかし、やはり日本語を媒介としないと、私たちの学習環境(生活環境)では定着しにくいということなのでしょう。

英語の授業ではなるべく英語を使うのがよいとよく言われますが、日本語をどう活用して学習効果を上げるかということは、考慮されるべき課題のようです。


(追記1)

今回の記事を執筆するにあたり、『教育心理学研究』(第16巻3号)に掲載の「文型学習に関する心理学的研究−呈示のしかたによる差異」という永沢幸七氏の論文を参照しました。

実物をご覧になりたい方は こちら をクリックしてください。PDFがダウンロードできます。

(追記2)

『ユメブン』(アルク、2011年)では、付属CDに暗唱例文(TARGET SENTENCES)を「日本語 ➜ 英語」の順に収録してあります。

これにより、上記のような学習効果が期待できるのと同時に、(例えば混雑した電車内などでも)1人で確認テストを行うことができます。


posted by 石崎 陽一 at 00:01 | Comment(1) | ユメブン | 更新情報をチェックする

2011年12月24日

曲がり角


PC245324.JPG


著者への曲がり角を曲がり、約半年が経ちました。

昨日にはいよいよユメブンが全国の書店さんの店頭に並んだようです。

各地にいらっしゃる仲間の先生方から、たくさんのメールを頂戴しております。

本当にありがたいことですm(_ _)m


先週の土曜日には池袋のリブロさんで先行販売をしてくださるというので出掛けてきました。

陳列された我が子をひと足先に眺めてきたのですが、あまたある英文法の書籍の中で、

思わず「がんばれよ」と声をかけたくなりました。

いま、これまでを振り返り、いろいろな方々に支えられての出版だったなぁとつくづく痛感しております。

言うまでもないことですが、本業を120%こなさずに執筆はあり得ません。

様々な意味で本当に鍛えられ、味わった産みの苦しみでしたが、皆さまのおかげでベストの形で公にすることができました。

私に書く時間を恵んでくれた家族にも感謝するとともに、ゆっくり旅に出てこようと思います。

親子ともども、引き続き、よろしくお願い申し上げます。


(追記)

本書の執筆を通じて、出版物として世の中に出す、人様に見ていただく、それがどういうことなのかが身にしみてわかりました。

貴重な経験をさせていただいたことをありがたく思っています。

この度の出版を通じ、公共のお役に立てるとしたら、幸いに思います。

今後はこの経験を活かし、全体の奉仕者として職責が果たせるよう、ますます精進してまいります。


posted by 石崎 陽一 at 22:45 | Comment(0) | ユメブン | 更新情報をチェックする

2011年12月16日

A new baby has arrived :)


写真.JPG


石崎家に新しい家族が加わりました。

英文法を身につけるための書籍です。

木村達哉先生にご監修いただきながら、執筆しました。

厳選された文法項目を、様々なタスクを通じて、単なる理解から運用レベルにまで高めることができます。

「類書にない」というより「類書がない」といった方が的確でしょう。

お腹を痛めて生んだ子です。

この本が元気にたくましく育ち、一人でも多くの学習者のお役に立ってくれることを願っております。

書店には21日頃の入荷予定だそうです。

ぜひ一度手にとってご覧ください。


(追記)

見本が本日、手元に届きました。ページをめくると漂うインクの匂いをかぎながら、時間を忘れて見入ってしまいました。

関係してくださったすべての方々に感謝しつつ、今夜は懐に抱えて寝ようと思います。


P9085212.JPG


言語は本質的に抽象的な象徴であるため、それを教えるのに従来のように抽象的な言葉や具体度の低い教材で指導したのでは教授効果はあがらない。

小川芳男「英語教授・学習における現代の課題」
『講座・英語教育工学 第1巻 言語の教授と学習』
(研究社、1972年、p.9)所収



posted by 石崎 陽一 at 00:27 | Comment(2) | ユメブン | 更新情報をチェックする
ページトップへ戻る