2018年10月25日

Reading is to the mind what food is to the body. の構造


sa701459.jpg



Reading is to the mind what food is to the body. という英文の構造について、中村捷『発話型 英文法の教え方・学び方』(開拓社、2018年、p.65)は具体例を添えて成り立ちを説明しています。備忘のため書き留めておきます。


この文は次のようにして作られる。

(a)Food is nourishment to the body.(食べ物は身体への栄養である)

(b)Reading is nourishment to the mind.(読書は精神への栄養である)

(a)の nourishment を what に換えて文頭に移動すると what food is to the body ができる。これを(b)の nourishment に代入すると次の文が得られる。

(c)reading is what food is to the body to the mind.

しかしこの文は不格好なので形を整えるために what food is to the body を文末に移動する。(中略)

(d)Reading is to the mind what food is to the body.



posted by 石崎 陽一 at 07:42 | Comment(0) | 文法・語法ノート | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
ページトップへ戻る