2018年08月27日

No sooner で始まる文における than の省略と倒置について


sny00822.jpg


She had been on the phone to a friend when she noticed a strange smell start to spread through the house. No sooner had she escaped through the front door did flames start rising through the roof.

これは慶應大学・商学部の入試問題で2017年に出題された英文ですが、

did flames start rising through the roof

の箇所が倒置を起こしています。なぜ倒置が生じているのでしょうか?

ーーーーーー

手持ちの諸文献を渉猟してみても情報を得られず、信頼申し上げているネイティブスピーカーに尋ねたところ、The sentence is unacceptable. との応答がありました。

After "no sooner" the verb ("had she escaped") is correctly inverted. The part you have underlined (“did flames start rising through the roof”) should not be inverted. The correct structure is: "No sooner had she escaped ... than flames started rising ...."

というのです。

しかし…


sny01709.jpg


その後、COCAとBNC の用例をざっと見てみたのですが、今回の文と同じような次の文がありました。

She killed the engine and no sooner had she opened the cockpit door did Luna leap over her lap to bolt from.... (COCA)

As usual, no sooner had I put brush to paper did the local and tourist onlookers arrive... (BNC)

どうやら稀だとは思いますが、例はあるようです。

さらに、than も倒置もない例も見つかりました。

Sure enough no sooner had he settled down it was Judy’s time to break into song. (BNC)

No sooner had the Colonel stumped out, his face flushed with a moral indignation.... (BNC)

そのうえで、『英語語法大辞典・第4集』を開いてみたところ、当該の用例はなかったのですが、別に次の例が載っていました。(pp.746-747)

No sooner had the cat seen me, she ran away.

No sooner did we land in Mile Hight City, I grabbed my little suitcase, picked a cabby who looked like he'd drive extremely fast and said, 'Brown Palace. Please shake ass."(Erich Segal, Oliver's Story

No sooner had the cat seen me, she ran away. など先の2例は単に than の省略ということでしょう。

not only 〜, but also...の but もよく省略されますから、そういう感覚なのでしょうか。

これらの例は than を抜かし、no sooner 〜 の表現が単に as soon as の意味として使われてるように思われます。

こうしてみますと、冒頭に掲げた次の文に関し、間違いとまで言えるかは、微妙なように思えます。

She had been on the phone to a friend when she noticed a strange smell start to spread through the house. No sooner had she escaped through the front door did flames start rising through the roof.

ただ、文章に出てきただけならそれほどの問題ではないと思いますが、

実は、この文そのものが空所補充式の出題の対象になっていますので、

既述のように類例は稀に見られるにしても、やはり頻度を考えると問題ではないか。

このような出題は少なくとも今後の検討課題ではあると考えた次第です。


posted by 石崎 陽一 at 06:20 | Comment(0) | 文法・語法ノート | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
ページトップへ戻る