2018年08月12日

母音上に付すストレス(強勢)を示す印の考案者


sny01460.jpg



『英語教育』2008年10月増刊号(p.47)より備忘のため書き留めておきます。


ストレス(強勢)を示すのに、母音字上に( ´ )印をつける先生が多いと思いますが、それを考案したのが岩崎民平(1892-1971)。彼は山口県に生まれ、後に東京外国語大学教授、同学長を歴任した英語学、音声学の大家で、すぐれた辞書編纂者でもありました。


この方式を初めて採用した市河三喜『英語発音辞典』(1934、研究社)の事実上の執筆者は岩崎。


posted by 石崎 陽一 at 11:30 | Comment(0) | 発音・アクセント・文字(の指導) | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
ページトップへ戻る