2017年09月10日

ラテン語の動詞 gradī(=to walk, step)にまつわる英語(その1)


grade.jpg
(retrieved from:https://goo.gl/JxCqVZ



前回の記事では英語の名詞 walk, step にあたるラテン語の名詞 gressus(歩(み)、進(み))にまつわる英単語を紹介しました。

今回は英語の動詞 to walk, step にあたるラテン語の動詞 gradī にまつわる英単語を紹介します。

grade(段(階)、(等)級、階級、学年、地位、程度、度(合)、傾斜度、勾配)

一歩一歩進む、段階を踏む、その「段階、程度」が原義です。

gradual(段階的な、(傾斜の)緩やかな)

grade(段階)+ -al(形容詞語尾)という造りです。

なお、副詞形 gradually は文字通り step by step、つまり「段々に、徐々に」の意。


gradual.png
(retrieved from:https://goo.gl/Ydxye9

gradation(グラデーション;段階的な変化)


絵画などで色や明るさなどを段階的に変化させること(技法)を「グラデーション」と呼んでいます。

ちなみに、gradation は

連続的な変化や推移、発展の「段階」

の意や、

序列や格差、強度などの「等級、度合」

の意、また、

温度計などの「目盛り」

の意も有しています。


gradation.png
(retrieved from:https://goo.gl/rgmvKV

graduate(卒業する)

学年を踏んで進んで行って「卒業する」の意。


graduation.png
(retrieved from:https://goo.gl/DwZEmL


なお、前述のように、基部である grade には「傾斜度」の意があります。関連して「傾斜度を測る」の原義から「目盛りを付ける」の意も出ており、その名詞形が graduator(分度器)です。

この線で graduation と言えば「(付けられた)目盛り」の意も表します。


centigrade(百分度の、摂氏の)

centi-(百分の一)+grade(度)という造り。「水の氷点と沸点の間を100等分した尺度の」の意です。

degrade(階級が下がる、退化する)

de-(下に)+grade(進む)という造りです。

retrograde(後退する)

retro-(後方)+grade(進む)という造りです。

degree(段階、(等)級、程度、[角度・温度などの]度)

grade の変形 gree に de-(下に)が付いた造りです。

よって、step down が原義で、古くは「階段の一段」を意味していました。

上記のように degree はいろいろな意味に用いられますが、

いずれも一つの段階とか階級を示す意味で、柔道や剣道の段などもみな degree です。


posted by 石崎 陽一 at 11:13 | Comment(0) | 語源の話 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
ページトップへ戻る