2017年08月27日

田尻悟郎先生の語順一覧表のこと


DSCN0249.JPG



2003年、島嶼の学校に勤めていたとき、

NHK教育テレビの「わくわく授業 わたしの教え方」という番組で

田尻悟郎先生の授業が取り上げられている回を見ました。


当時は習熟度や興味関心に大きな幅のある生徒たちを担当しており、

参考になる点がたくさん含まれていました。


語順一覧表もそのひとつです。


番組を記録した『わくわく授業 − わたしの教え方@ 田尻悟郎先生の英語@』(2008年) というDVDの一場面より紹介します。


1.JPG
(クリックすると拡大します)


この語順表をプラケースに入れ、下敷き代わりにしばらく各自で折に触れ使わせてみましたところ、

英語で表現するときはいずれかの語順にあてはめてみよう、というシンプルな仕掛けが、

習熟度別クラス編成で最も習熟度の高くない普通科の生徒たち、そして、英語に対する興味関心の高いとは言えない農林家政科の生徒たちにも効果てきめんなのでした。

その効果がどれだけ印象的だったかは今でも鮮明に思い出せることからもわかります。

思うに「できる!」というプチ達成感を積み重ねていきやすかったのでしょう。

知りたい、できるようになりたいという気持ちは、当然ですが、どの生徒も有しているのだということを改めて実感したのでした。



DSCN0250.JPG



なお、この語順表は、のちに、『自己表現お助けブック ― 英語がわかる!』(教育出版)に収録されました(初版2008年、 pp.5-7;改訂版2009年、pp.4-5)。

2011年にDHCより出版された『英文法 これが最後のやり直し!』にも採録されています(p.39)。

また、英語指導の部屋【田尻悟郎のWebsite Workshop】というウェブサイトでは

4大語順表と各語順表
語順表中学用
語順表高校用
語順表英語版

がダウンロードできます。


(追記1)

2003年に行われた「英語教育 “6WayStreet” 1回限定ライブ at 筑駒」を収録したDVDがあります。

(現在は販売を終了しているようです。)

その中で、ご発表の最後、田尻先生は

すべて人からもらったものを自分なりにアレンジして自分の目の前の生徒に合わせた授業を心がけています。皆さんも自分なりに咀嚼されて、自分の生徒さんなりの授業に作り替えてください(45分9秒〜45分20秒)

と仰っています。

わたしもそれ以来、このことを心がけて今に至ります。

今さらながら田尻先生から受けている影響も大きいと思い起こした次第です。


(追記2)

神戸学校 − 神戸発未来へ「経験と言葉の贈り物」と題するウェブサイトに田尻先生のご講演が文字化されて掲載されています。

こんな先生に出会いたかった! 〜豊かな人生を送るために子どもたちに伝えること〜


posted by 石崎 陽一 at 10:36 | Comment(0) | 日々の授業 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
ページトップへ戻る