2017年07月22日

文末に置かれた分詞構文


sdqh0271.jpg



文末に置かれた分詞構文は、カンマ手前の節の内容の具体化、説明または理由の補足をしている

ととらえることができます。


Worker bees are neuter, being neither male nor female.(働き蜂は中性で、雄でも雌でもない)

Mary remained silent, not knowing what to do.(メアリーが黙っていたのは、どうしてよいかわからなかったからだ)

Kenji is working in Hollywood, hoping to get a chance in the movies.(健二がハリウッドで働いているのは、映画界でチャンスをつかみたいと思っているからだ)

The man died at thirty, struck down by a rare disease.(その方が亡くなったのは、珍しい病気に冒されたためだ)

Fred arrived late, having been delayed by a chapter of accidents.(フレッドが遅刻したのは、事故続きで遅くなったからだ)


posted by 石崎 陽一 at 10:17 | Comment(0) | 読解の学習・指導 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
ページトップへ戻る