2017年04月23日

井戸の深さが自信を生む


IMG_1279.jpg



渡部昇一『発想法 リソースフル人間のすすめ』(講談社現代新書、1981年)第5章「井戸の深さが自信を生む」より備忘のため書き留めておきます。


学者は一つでもいいから深い井戸を持てばよい。しかしそういう学者の中でも、学問の深さとともに、学識の豊かさで際立っている人がいる。(p.142)

英文学における福原麟太郎、漢文学における吉川幸次郎、内藤湖南といった人の場合は、深さとともに豊かさで際立っている例である。(中略)この人たちの発想の豊かさは、やはり、持っている井戸の数と関係があるように思われる。(p.142)

発想の泉から次から次へとアイデアを湧出させる場合には、最初の泉が、“自信” という水脈に達するまでの深さを持たなければならない。特に学者の場合は、専門については厳しい批判をしようと待ち受けている人がいっぱい居ることを予想しないわけにはいかないのだから、“自信” を持つところまで究めたものがないと、けっしてアイデアは滾々と湧いてくることなどはないのである。(p.145)

二人とも三十代にアカデミズムの文学研究のもっとも基礎的で堅固な部分において、世界的に通用する仕事をして、その後は、その “自信” によってのみ湧き出すことができるアイデアの泉をもととし、次から次へと自信のある分野を広げていった学者であり、両者に共通なのは発想の “豊かさ” である。(p.153)

吉川博士にしろ福原博士にしろ、外国文学者であるが、日本のことについても発言できるだけの発想の “井戸” をもっていたということは、見のがすことができない点である。(p.154)

豊饒な学者の代表として、漢文学の吉川幸次郎と、英文学の福原麟太郎という、東西の代表的文化圏の学者を一人ずつとりあげてみた。(p.158)

いずれも膨大な研究の積み重ねのある分野である。普通の場合は、その中の一局面に自らのエネルギーを限定して、狭く狭くと攻めて行くのが現代のアカデミズムの常道であり、常識である。そうでもしなければ、研究仲間に嗤われないような仕事はできないとみんなが考えている。(p.158)


posted by 石崎 陽一 at 18:33 | Comment(0) | 印象に残ったこと | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
ページトップへ戻る