2017年03月18日

電子化された『古事類苑』


キャプチャ.JPG
(クリックすると拡大します)



国際日本文化研究センターによれば、『古事類苑』とは

明治政府の一大プロジェクトとして明治12年(1879)に編纂がはじまり、明治29年(1896)から大正3年(1914)にかけて出版された、本文1,000巻、和装本で350冊、洋装本で51冊、総ページ数は67,000ページ以上、見出し数は40,354項目におよぶ大百科事典

であり、

ここには、前近代の文化概念について、明治以前のあらゆる文献からの引用が掲載されており、日本文化を理解するうえでたいへん有用な事典

です。


近年では電子化が進み、同センターが

古事類苑全文データベース

古事類苑ページ検索システム

を公開しています。


なお、冒頭の写真は国文学研究資料館の公開している

古事類苑データベース

です。


(追記)

渡部昇一・谷沢永一『読書連弾』(大修館書店、1979年)から『古事類苑』に関する渡部先生の御発言を書き留めておきます。

知識の宝庫として百科事典というのは物を書く人にとっても、単に知らないことを調べるんじゃなくてスプリングボードになるんじゃないかなと考えたことがありました。(pp.95-6)

古い百科事典というとみなバカにするし、百科事典的知識というのは今は恥ですね。ところが、案外知られていないけれどもいい百科事典というのは大変便利です。(中略)百科事典というのは素朴進化論的に新しければいいものだという迷信が一般になっているんですね。(p.96)

私も大学在学中も、それ以後も『古事類苑』を教えてくれる人には一人も逢わなかった。結局知るようになったものの、誰もほめる人がなかった。今価値が認められて再版も出てますが。やっぱり昔流の国学者の集め方というのは素朴なものですが、それだけに使い道はあるんでしょう。(p.98)


posted by 石崎 陽一 at 16:38 | Comment(0) | 愛用の(学習用)サイト | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
ページトップへ戻る