2017年02月12日

「今後5文型について、その起源にも触れて書かれることがあれば、無視することは許されない英文法史上の事実」


sdim0136.jpg



佐藤誠司・小池直己『「英語のしくみ」を5日間で完全マスターする本』(PHP文庫、2016年)は

不十分な知識を補完したり、不正確な知識を修正したりする(p.4)

のが目的であり、

その意味で、英語のプロ(たとえば英語教師)が読んでも役に立つはず

と自負する意欲作です。


同書のなかで、

日本の学校英語で昔から教えられている5文型は、イギリスのオニオンズ(Onions)という学者が考案したものです。(p.19)

と述べていますが、修正を要する記述と思われます。

(「アニアンズ」という表記のほうが一般的である点は措いておきます。)

と言いますのも、五文型の祖をアニアンズとする、如上の定説を覆す次の実証的研究が出ているからですね。


5文型の源流を辿る C. T. Onions, An Advanced English Syntax(1904)を越えて



(追記)

標題の文言は上記の研究(pp.458-9)より採らせていただきました。

なお、R.Huddleston and G.K.Pullum, The Cambridge Grammar of the English Language(Cambridge:Cambridge University Press, 2002, p.218)は

five canonical constructions

という名称で5文型と同じものを記述していることを申し添えておきます。


posted by 石崎 陽一 at 10:17 | Comment(0) | 文法・語法ノート | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
ページトップへ戻る