2017年02月12日

「完了時制」? 「完了相」? 「完了形」?


PAK85_enjinahirucyan500-thumb-260xauto-3438.jpg



安藤貞雄『英語学の視点』(開拓社、1996年)より備忘のため書き留めておきます。


完了形は、動詞の語彙的・アスペクト的意味の上に、時制と完了のアスペクトという二つの文法形式が重なっている。名称は、ゆえに「完了時制」でも「完了相」でも不適当で、「完了形」が最もふさわしい。(p.53)

完了形の中核的な意味は、過去に始まり、発話時に至る期間中に事件があったという話し手の認識を示す、としてよい。これを一口で言えば、「現在との関連」(current relevance)、あるいは「拡大された今」(extended now)と特徴づけてもよい。(pp.53-4)

現在完了形は、典型的には、発話時において過去の事件を “回顧する” 文法形式である、と言ってもよい。(p.54)


(追記)

なお、単に過去の事件について述べ、その現在の結果については何も言及しないのであれば過去形を用います。

外界の事件はまったく同じだとしても、基準時(または話し手の視点)の取り方の違いで過去形か現在完了形かを使い分けるのですね。


posted by 石崎 陽一 at 08:44 | Comment(0) | 文法・語法ノート | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
ページトップへ戻る