2017年02月12日

be used to と get used to


MOK_ahiru3vs2500-thumb-260xauto-1141.jpg



宮原文夫 訳編『英会話表現活用辞典』(秀文インターナショナル、1987年、p.132)は

形容詞 used は accustomed(慣れている)と同じ意味であり、物事がどんなものであるかを知っていることを暗示する。used と共に用いる前置詞は to である。

と記し、

日向清人『国際標準の英語検定で問われる英文法力〈初級レベル〉』(秀和システム、2017年、p.228)は

〈be used to [何々]〉は「(最初から)そういうことには慣れている、なんでもない」というニュアンスです。(中略)これに対して、〈get used to [何々]〉は、変化のプロセスにウェイトを置いた言い方です。

と記し、たとえば

最初のうちは寒さに慣れなかったけど、だんだんと慣れてきたというニュアンス

が伝わると伝えています。

説明のワードチョイスが絶妙です。

英作文の授業準備に重宝する場面も多そうだなと感じました。


(追記)

関連記事はこちら。

be used to doing


posted by 石崎 陽一 at 08:20 | Comment(0) | 文法・語法ノート | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
ページトップへ戻る