2017年02月11日

暗示的知識と明示的知識の関係


PAK42_zaihoudazehyhha-1278500-thumb-260xauto-3920.jpg



Rod Ellis, The Study of Second Language Acquisition(Oxford, 2008, pp.420-1, 423-4, 749, 881)に基づいて、implicit knowledge(暗示的知識)と explicit knowledge(明示的知識)の関係についてまとめておきます。

non-interface position(非インターフェイスの立場)


'learnt' knowledge is completely separate and cannot be converted into 'acquired' knowledge

つまり、learning〈学習)≠ acquisition(獲得)とする立場です。

Stephen Krashen は learning と acquisition とを峻別し、implicit knowledge と explicit knowledge の関わりを否定します。

言語使用に必要なのは acquired knowledge(獲得された知識)であって、learnt knowledge(学習された知識)は発話をチェックする見張りの機能しか果たさないと主張します。

Monitor Theory と呼ばれる考え方です。

strong interface position(強いインターフェイスの立場)


explicit knowledge converts into implicit knowledge through practice

つまり、明示的知識が一定の練習を経てやがて暗示的知識に変化していくとする立場です。

意識的に学習された知識が練習の結果として自動化(automatization)されるようになる。

すなわち、言語学習を一種のスキル習得ととらえる考え方です。

weak interface position(弱いインターフェイスの立場)


it [= explicit knowledge] contributed indirectly to the development of implicit knowledge by helping learners to notice linguistic forms in the input and to carry out a comparison between what they have noticed and their own current interlanguage

つまり、

a role for explicit knowledge



a facilitator of implicit knowledge

とする立場で、Rod Ellis が立案しました。

Jack C. Richards & Richard Schmidt, Longman dictionary of language teaching and applied linguistics(Pearson, 2010, p.292)は次のように記しています。

(なお、訳文は高橋貞雄・山崎真稔・小田眞幸・松本博文 訳『ロングマン言語教育・応用言語学辞典』(南雲堂、2013年、p.220)によります。)


explicit knowledge may be successfully incorporated into the implicit knowledge system if it becomes available at just the right time in the development of the implicit system, or explicit knowledge about the regularities of a language may help learners to notice these regularities when processing input, which leads to the development of implicit knowledge.

明示的知識は、暗示的な体系が発達するさいのちょうど良い時期に利用することができれば、うまく暗示的な知識の体系に組み込まれていく。あるいは、ある言語についての規則性についての明示的知識は、学習者がインプットを処理するさいにその規則性に気づく手助けになり、それが暗示的知識の発達につながっていく



(追記1)

interface(インターフェイス、共有領域)について、Jack C. Richards & Richard Schmidt, Longman dictionary of language teaching and applied linguistics(Pearson, 2010, p.292)は次のように記しています。

(なお、訳文は高橋貞雄・山崎真稔・小田眞幸・松本博文 訳『ロングマン言語教育・応用言語学辞典』(南雲堂、2013年、p.220)によります。)

the relationship between implicit and explicit learning and knowledge

暗示的学習および知識と明示的学習および知識の関係



(追記2)

Rod Ellis のスライド資料はこちら。

Implicit and Explicit Language Teaching


posted by 石崎 陽一 at 22:17 | Comment(0) | 文法の学習・指導 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
ページトップへ戻る