2017年02月03日

篠田重晃・玉置全人・中尾悟『英文読解の透視図』(研究社、1994年)のテーマ一覧


PAK88_amazonst500-thumb-260xauto-3647.jpg



篠田重晃・玉置全人・中尾悟『英文読解の透視図』(研究社、1994年)のテーマ一覧を検索の便宜を図るため書き留めておきます。


1 S+V+副詞句+O

2 S+V+副詞句+C

3 O+S+V

4 O+S+V 読みとりにくい場合

5 C+be動詞+S

6 C+be動詞+S 比較表現の場合

7 S+V+C+O

8 S+V+C+O 読みとりにくい場合

9 成句的動詞表現 S+V+A+前+B の構造

10 成句的動詞表現の応用

11 成句的動詞表現の後続要素の移動

12 成句的動詞表現の後続要素の移動 読みとりにくい場合

13 and / but / or の結ぶものの文構造上の確定 語の場合

14 and / but / or の結ぶものの文構造上の確定 動詞表現の場合

15 and / but / or の結ぶものが文構造上確定しにく場合

16 and / but / or の結ぶものが文脈からしか判断できない場合

17 共通語句の省略

18 共通語句の省略 読みとりにくい場合

19 副詞節中の「S+ be 動詞」の省略

20 接続詞 if の後の「S+V」の省略

21 強勢倒置 否定の副詞(句・節)が文頭に来た場合

22 強勢倒置 only のついた副詞(句・節)が文頭に来た場合

23 倒置 so … that 構文の場合

24 So + 助動詞 / do / be 動詞+S

25 「S+V」などの主節構造の挿入

26 「it is 形容詞 / 分詞」などの主節構造の挿入

27 強調構文の基本形 It is … that 〜

28 疑問詞の強調構文 疑問詞+ is it that … ?

29 強調構文の見分け方 複雑な強調構文

30 強調構文の見分け方 強調構文でない場合

31 倒置による if の省略

32 潜在仮定法 − 条件節相当語句

33 仮定法による婉曲表現

34 助動詞の過去形による仮定法の発見

35 「時」の位相による比較

36 比較対象が副詞(句・節)で表現される場合

37 比較対象の省略 前述した表現が比較対象の場合

38 比較対象の省略 その他の場合

39 as 以下の倒置

40 than 以下の倒置

41 比較対象の前方への繰り出し

42 比較対象の前方への繰り出し 複雑な場合

43 最上級的意の内在

44 最上級的意の内在 複雑な場合

45 no +比較級+ than …

46 no more … than 〜

47 the +比較級 … , the +比較級〜 の基本形

48 the +比較級 … , the +比較級〜 紛らわしい場合



posted by 石崎 陽一 at 00:12 | Comment(0) | 文法・語法ノート | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
ページトップへ戻る