2017年01月07日

世の中の流れに流されずに自分流のスタイルを貫く


pros2852a.jpg



『英語教師のNGワード』(研究社、2011年、p.45)より備忘のため書き留めておきます。


自分のスタイルを変えようとしない教師でも、もし生徒の信頼が厚く、教師の真剣勝負でやっている人ならば、(中略)教師としては一流ということになる。ここで大事なことは(中略)変に世の中の流れに流されずに自分流のスタイルを貫くというのも1つの手ではあるということなのである。そのためには、まずは自分の持ち味をきちんと出せて、背伸びをしない指導法を何とか試行錯誤を繰り返しながらも、自分で編み出すことである。

そして、それは自分なりの「指導スタイル」を作り上げるということでもある。しかし、これはことばで言うほど簡単な仕事ではない。うっかりすると単なる独りよがりの身勝手な「教授法」となるおそれがある。応用言語学をはじめとして数多くの実証研究などは、実は(中略)身勝手なものにならないための「歯止め」として使われるべきものである。



関連して、「英語史と英語教育の両分野を専門とされる希有の存在」(寺澤盾『英単語の世界』(中公新書、2016年、p.171))とされる古田直肇氏の「第二言語習得の示唆する英語史の教育的価値」(『これからの英語教育 − 英語史研究との対話 −』(大阪図書、2016年、P.49)所収より引いておきます。


第二言語習得研究というのは、当たり前のことを当たり前のことだと証明する学問である。いわば常識(common sense)の裏書なのである。外国語学習に関して良識的に内省し思索すれば得られるであろう洞察を改めて実証するのが第二言語習得研究の役割といえる。


posted by 石崎 陽一 at 18:29 | Comment(0) | 教師論・学習指導・進路指導 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
ページトップへ戻る