2016年12月10日

英文法の魅力と魔力 − 学習・指導における英文法の威力


__.JPG



本日、『英語教育』(2017年1月号)の見本誌が手元に届きました。

編集部より依頼を受け、本号では見開き1ページの紙面を頂戴し、標題の記事を執筆しています。

発行数50,000部の伝統ある専門誌に寄稿させていただくことになりまして、

たいへん光栄に思いますとともに、

こうした貴重な機会を与えてくださったことを有り難く感じています。


−−−−−−


東京都の進学指導重点校に勤めて10年を過ぎました。

この間、生徒から寄せられた疑問は多数に上り、多岐にわたりますが、そうした質問に対して、自分で解決できない場合には、国内外の文献にあたり、同僚や専門家に尋ね、ごまかさず、誠実に答えることを心がけてきました。

私はそうしたやりとりをその都度Q&A形式でノートに記録しておりまして、本稿ではそうした中から質疑応答をいくつかご紹介しています。


−−−−−−


先程来、この、拙稿の掲載号を眺めながら、

私の知識や経験が少しでも多くの先生方のお役に立ち、

その先にいる生徒たちの学習に寄与してくれることを夢想しておりました。

読者の方々にどれほど参考になるか不安ではありますが、精一杯書かせていただきました。

よろしければお手にとってご笑覧いただければ幸いです。


12月14日発売予定です。


よろしくお願いいたします。


(追記)

日本の英語学習者のために私ができることを探して、今後とも、精進してまいります。

他の先生方の記事もこれからじっくり拝読、多くを学ばせていただきたく思います。


posted by 石崎 陽一 at 16:46 | Comment(0) | 近況報告・雑感 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
ページトップへ戻る