2016年11月29日

文法規則を動的に使用できるように習熟させる


PP_chikyuu500-thumb-260xauto-64.jpg


中村捷『名著に学ぶ これからの英語教育と教授法』(開拓社、2016年、p.268)より備忘のため書き留めておきます。


文法は語学教育の根幹である。文法なくしては、言語学習は不可能である。しかしながら、これまでの文法教育には不必要な情報を教え込むような明らかな問題点もあって(中略)不定詞の用法の区別など英語の運用にまったく無関係な事項に重点を置く面があったことは否めない。一方、(中略)受動文の使用文脈などの問題は、実際の英語の運用において重要な役割を果たす情報である。文法指導では、このような情報を中心にして、生徒に文法規則を動的に使用できるように習熟させる具体的教授法が求められる。


posted by 石崎 陽一 at 19:37 | Comment(0) | 文法の学習・指導 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
ページトップへ戻る