2016年11月29日

文法訳読法は語学教育には不可欠である。


PPC_ribontopurezent500-thumb-260xauto-1048.jpg



中村捷『名著に学ぶ これからの英語教育と教授法』(開拓社、2016年、p.268)より備忘のため書き留めておきます。


文法訳読法は語学教育には不可欠である。従来の問題点は、英語教育においてこれ以外の訓練を十分にしなかったところにあるのであって、文法訳読法に語学教育上の欠陥があるのでは決してない。これまで様々なアプローチとかメソッドと呼ばれる方法が試されているが、それが実績をあげたということは聞いたことがない。語学の学習は単一の方法ですべてを律することができるほど単純な活動ではなく、語学学習は多面的であって、学習活動の内容にしたがって、それに適した方法が存在すると考えなければならない。


posted by 石崎 陽一 at 19:32 | Comment(0) | 教師論・学習指導・進路指導 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
ページトップへ戻る