2016年10月05日

科目選択を控えた皆さんへ


N811_enpitukesigomuhasami500-thumb-260xauto-2157.jpg



以下は10月5日の選択科目説明会で生徒たちに語りかけた内容です。

備忘のため書き留めておきます。


−−−−−−


いま、これからやらなければいけないことが山積み出てきたんですよね、来年度。

で、英語はじゃ、いつ、どうやる? 

今でも 結構 相当たいへんなのに。

でも、英語をやり続けない限りは、英語はやはり力が落ちていきます。

それで、今年度中に、なるべくたくさんやっておくことですよね。

で、毎回卒業生が言うんですけれども、「数学には裏切られた」とかね。

数学は、できる、できない、の差が大きい、というのだけれども、英語は、あなた方の実力を裏切りません。

ということは、ある程度取れていればコンスタントに取れて、安定した得点源になります。

でも、取れない場合は、決して爆発的に取れるということはありません。

いいですか?

爆発的に取れることはないので、着実に今年度中にやるしかないんです。

いま学校で使用している単語集に関しては、入試のその日までやり続ける。

聞くところによると、単語集の小テスト日に単語集を忘れてきた。

有り得ない。

肌身離さず持っていなさい。

そのくらいでないと、得点源にはなりません。

英語が足を引っ張っては、他の教科をがんばっても、非常に不利です。

今までの先輩たちが、いい結果を残してきたのは、やはり英語が伸びていたからなんですよね。

したがって、小テストの日に忘れるなんて有り得ない。

いいですか。

*  *  *


それからもう少し情報を与えておくと、入試の過去問題活用宣言というのが少し前に出されて、

数学も理科も国語も英語も、それに加盟している大学はいい問題を共有しようということになっています。

センター試験なんかも過去問を何度も使うという風に言っています。

他の大学の問題を、ちょっと変えて出していくということですね。

いまあなた方が使っている問題集は、そういった良問を集めた問題集なので、それからもう一回出てくる可能性はすごく高いわけです。

だから、いま持っているものをきちんとやるというのが非常に大事です。

そして、全教科の知識が英語を助けていくので、だから、英語は英語だけやっていたのでは伸びきらないんですよね。

たくさんの日本語の文章を読むとか、他の教科の知識が入って始めて、初めて、最後に、完成します。

ということで、がんばってください。


(追記)

外注よりもリサイクルへの流れに関して、少し古いですが、次の記事を参照。

大学入試は外注ブーム? 学校間で共有、過去問題リサイクル≠焉c(2014年2月1日付産経新聞)


posted by 石崎 陽一 at 10:57 | Comment(0) | 受験生の皆さんへ | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
ページトップへ戻る