2016年08月03日

運命や幸福に対する実践的な知恵を与えてくれる書 − 幸田露伴『努力論』


SSK_awaipinkironosakura500-thumb-260xauto-1422.jpg



明治の大作家・幸田露伴、随筆の代表作に『努力論』(明治45年)があります。

運命や幸福に対する実践的な知恵として、常に私の座右にある書物の一つです。

学生時代、渡部昇一先生に存在を教えていただいて以来、折に触れ、私を支え、励ましてくれています。


露伴没後50年の年、1997年にこの露伴の随筆の代表作が『人生、報われる生き方』(渡部昇一編述、三笠書房)として装いを新たにして出版されました。

谷沢永一先生の言葉をお借りすれば、

古典の言語表現を、常套の注釈書や参考書における砂を噛むごとき言葉の置き換えにおちいらず、独自の呼吸で蘇生

させ、現代人が気苦労なく読めるよう翻訳・編述がなされています。


本書のなかでも印象的なのが、自分の人生に福を積み立てるにはどうしたらよいか、三つの秘訣(幸福三説)を説いた箇所です。

三つの秘訣とは、すなわち、惜福分福植福の三つです。


惜福は福を使い果たしたり、取り尽くしたりしないこと。

控えめに自ら抑制することが惜福の心だと語ります。


分福は福を独り占めせず分かつこと。

自分の得た福を惜しまずただちに他人に分け与えることが分福の心だと述べます。


植福は幸福利益の源泉となることをすること。

真の徳と知識の蓄積こそ人と社会の幸福の源泉です。

よって、自分の力・情・智をもって人の世に幸福をもたらす物質・情趣・知識を提供することが植福の心だと説きます。


本書を通じて気骨ある「生き方の原理」を授けてくれた幸田露伴の学恩に感謝するとともに、

それを読むことを教えてくださった渡部昇一先生の師恩に感謝する次第です。


(追記)

「古典の言語表現を、常套の注釈書や参考書における砂を噛むごとき言葉の置き換えにおちいらず、独自の呼吸で蘇生」という谷沢永一先生の評言は1998年1月10日付産経新聞朝刊「正論」欄より引用させていただきました。


posted by 石崎 陽一 at 11:46 | Comment(0) | 本の紹介 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
ページトップへ戻る