2016年02月21日

話の中で同じ単語や言い回しを繰り返すべからず


flower (17).jpg



Robert M. W. Dixon, A Semantic Approach to English grammar(Oxford University Press, 2005, pp.70-1)より備忘のため書き留めておきます。(拙訳を付しておきます。)


... it is considered infelicitous in English to repeat the same word several times within a single sentence or, indeed, too closely together within a discourse. It is a feature of 'good style' to employ lexical substitution, using synonyms and near-synonyms rather than keep repeating a given word. This applies more in written than in spoken language, and more in literary than in scientific work − but it is to some extent a feature of every variety of English.

英語では、同じ語を同一文中で、あるいは、実際上、ひとつの話の中であまり時間を置かずに幾度も使うのは好ましくないこととされている。ある語を繰り返し使わずに同義語や近い表現を使って置き換えることは「洗練度」を表す目安の一つでもある。このことは、話し言葉よりも書き言葉、科学技術関係よりは文芸関係でいっそうこの傾向は強いが、しかし、ジャンルを問わず多かれ少なかれ英語全般に通ずる話だ。




posted by 石崎 陽一 at 17:50 | Comment(0) | 作文の学習・指導 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
ページトップへ戻る