2015年11月08日

川嶋正士『「5文型」論考』(朝日出版社、2015年)


「5文型」論考.JPG



川嶋正士『「5文型」論考』(朝日出版社、2015年)が届きました。

日本で英語教育を受けた人なら知らない人はいないほど普及している5文型ですが、誤解と謎に包まれていると指摘する本書は

英文法史研究の一環として英国における「5文型」の祖型の誕生までの経緯とその発達、そして消滅を考察するもの(p.@)

であり、

英国における成立から日本への伝搬と普及、学習指導要領への導入の歴史など多角的な視点から検証を加えるのを全体の目的とするもの(p.B)

です。

具体的には

19世紀末に生まれた『「5文型」の祖型』を用いて外国語の並行学習を提唱する Parallel Grammar Series, Part U を検証(腰帯)

した学術書であり、しばらく楽しめそうです^^



posted by 石崎 陽一 at 16:18 | Comment(0) | 英文法史 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
ページトップへ戻る