2015年09月24日

just a small part of my private library



先の連休中、敬愛する先輩方、気のおけない仲間をお招きしてウッドデッキでバーベキューパーティを行いましたが、

乞われるがまま、とっ散らかった書斎をお見せする運びとなってしまいました^^;


syosai1.jpg


私の足下の山は洋書の英文法書や授業研究(lesson study)の書籍です。

この角度からは見えませんが、写真右奥にある書棚の整理のために抜き出してそのままになっているのです。


syosai3.JPG


こちらは古英語、中英語(の文学史)関連書の一角。

大学院の先輩方の手ほどきを受けていた頃のものから比較的最近のものまで。

古英語、中英語を読みたいときに読めるようにしていただいたことはいくら感謝してもしきれません。


syosai4.JPG


上は大きな関心を持ち、研究を続けている18世紀英文法史に関する本たちです。


syosai2.JPG


書棚の上半分がここ数年来集中的に勉強しているライティング指導関係の洋書です。

奥と手前に二列になってしまっていて取り出しにくくなっているのが課題です。

これらは松井孝志先生や澤田英輔(あすこま)先生などから教えていただいたものが大半を占めます。

その下は英語教育、英学史関係の書物、大好きな柴田元幸先生の御本を収めてあります。


こうして眺めていますと、私はこれまで無数の方々から直接的、間接的に教えや助言を受け支えられてきたなぁという感慨に陥ります。


…以上、ほんの一部ですけれども、

以前からリクエストをいただいておりましたので、

この機会に、お客さまに撮っていただいた写真から、我が書斎を皆さまにもご紹介いたした次第です。


しかし、知的生活は、書物の認知、費用の支出(捻出)の算段、入手等の問題を経て、やはり、つまるところは、空間の問題に行き着きますね^^;


(追記)

関連記事はこちら。

空間と格闘中


posted by 石崎 陽一 at 13:45 | Comment(0) | 近況報告・雑感 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
ページトップへ戻る