2015年08月09日

和文英訳の指導法(はじめに)


flower (34).jpg



大学入学後も通用する様々な基礎力を身につけ卒業してもらいたい。

生徒に対してそうした願いを抱きつつ日々の指導にあたっています。

そこで、英語の指導に際しては、特に英語で自在に理解・発信ができる力の涵養を念頭に置いています。

日本では、英語を、第二言語としてではなく、外国語として学びます。

こうした教育環境において、母語である日本語を英語学習に活用するのは理にかなっている。

そう考え、その一環として、和文英訳を活用しています。

これから数回に分け、3年間の指導計画に沿い、私が行っている和文英訳の指導法について概略を述べたいと思います。



posted by 石崎 陽一 at 04:39 | Comment(0) | 作文の学習・指導 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
ページトップへ戻る