2014年08月22日

尺度に使われる形容詞(その2)


PPS_hinatabokkocyuunonuko500-thumb-260xauto-467.jpg



中村捷・金子義明『英語の主要構文』(研究社、2002年、p.177)より備忘のため書き留めておきます。


old は「年をとっている」という意味を、young は「若い」という意味を持っているが、old が特定の構文に現れると、その語彙的意味が消失してしまうことがある(意味の中立化)。(後略)

まず、how 疑問文について考えてみよう。old は how 疑問文に現れると意味の中立化が起こり、How old is he? は単に年齢を問うているのであって、He is old. は含意されない。一方、young の場合は、中立化は起きず、How young is he? は、「若いのはわかっているが、どのくらい若いのか」という解釈になり、He is young. が含意されている。

次に比較構文について考えてみよう。この場合、old は主節ならびに比較節において中立化する。したがって、John is older than Bill. では、John is old. も Bill is old. も含意されていない。old 同様に young も、主節ならびに比較節で中立化する。したがって、John is younger than Bill. は、John is young. も Bill is young. も含意しない。

最後に、同等比較節(as...as...構文)について見てみよう。この場合は、主節および比較節において、old では中立化が生じるが、young では生じない。John is as old as Bill. では John is old. も Bill is old. も含意されていないが、John is as young as Bill. では John is young. も Bill is young. もともに含意されている。



(追記1)

関連記事はこちらこちらを参照。

(追記2)

慶應大学の堀田隆一先生のブログでもいくつかの記事で扱われています。

markedness

gradable antonym の意味論

日本語では「お若いですね。お歳は?」と聞くことはあっても「老けてますね。お歳は?」とは聞かないですね。興味深いことだと感じています。

(追記3)

反意語(反義語)の分類をめぐっては以下の小論に諸説が簡潔にまとめられています。

清海節子「反義語研究の応用」(駿河台大学論叢第39号).pdf


posted by 石崎 陽一 at 12:12 | Comment(0) | 文法・語法ノート | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
ページトップへ戻る