2014年07月07日

<qu> という綴り字における発音の異同をペーパーテストで問うことについて


qu.png



本ブログの読者の方から以下のような質問を頂戴しました。


liquid と conquer について、下線部の発音を比べさせる定期考査の問題があります。

私は <qu> の部分だけを取り出して発音の違いを問うことに違和感を持ったのですが、どう思われますか?

音声学的には問題ないのでしょうか?



ご質問の件、音声学ではなく、綴り字と発音の関係の問題のようです。

以下、便宜上、2点に分けてご回答いたします。


−−−−−−


■ 綴り字と発音の関係


英語においては、綴りとして <q> の後に <u> があるという特徴があり、

<qu> の綴りで[qw]と読む

というのが基本ということになっています。

つまり、

<qu> というスペリングを見たら[qw]と読む

と押さえておけば、学習者は、大多数の語に対して自信を持って読める、ということになるかと思います。

ところが、例外的に、お示しの conquer をはじめ、少数の語で[k]と発音される場合があるわけですね。

bouquet, chequer, croquet, etiquette, lacquer, masquerade, mosquito, queue, quay, racquet;

antique, baroque, boutique, cheque, grotesque, opaque, picturesque, technique, unique


などがそれにあたります。

これらの中にはカタカナ語として日本語に取り入れられているものも散見されますが、先ほどの

<qu> というスペリングを見たら[qw]と読む

という基本を守ろうとした学習者は誤った発音をしかねません。

したがいまして、<qu> の綴りで[k]と読む場合を、上の基本の、いわば例外として、学習者に伝えておく必要があると私は考えます。

もちろん、伝える時期や伝える方法はさまざまだとは思いますが…。

ちなみに、私は、conquer や mosquito などが本文に登場した際に、「これ自信をもって読める? 読んでごらん」と言ってペアで読ませてみます。

その後、電子辞書を使用している生徒には、発音機能を使い、最大音量で鳴らしてもらうということをします。

こうすると、電子辞書のもつ機能やその使い方の確認にもなりますし、「気づき」が生まれます。

最近の私はこの「気づき」が生まれる印象的なシーンを演出することを心がけています。


■ 定期考査での出題の仕方について


<qu> の部分だけを取り出して比べさせることに違和感を持たれたとのことですね。

例えば、の話ですが、以上のような指導を教室で行った場合、生徒にも周知した上で、なら、

定期考査において、liquid と conquer とにおける <qu> の箇所にのみスポットを当て、そこの発音の異同を問うことは、アリかなと個人的には感じました。

(なお、誤解のなきよう、急いで付け加えますと、ペーパーテストで発音を問うことに、私はかねてから反対です。聴覚障害をもつ生徒はどうしろというのですか。それはさておき、もしペーパーテストで発音を問う趣旨があるとすれば、その趣旨は綴りと発音の関係を知識として持っているか否かを試すことにあるのかなぁと考えている次第です。)


−−−−−−


以上、お答えになりましたでしょうか。


(追記1)

<q> の次に <u> がくる歴史的理由についてはこちらをクリック


(追記2)

余談ですが、<q> だけが単独で現れて[k]と読む場合は、

qadi, qaid, qat, qibla, qintar, qiviut, qoph;
Iraq, Qatar, Qing, Qingdao


などのような外来語を除き、ありません。

単語ゲーム「スクラブル」ではこうした例外的な単語を覚えておけば苦境を脱することができますよね。

そんな話を生徒にすることもあります。

こんなところから知的興味をそそられる子も出てくるようです。

こちらとしては綴りと発音の関係に関心を持ってもらい、一人で彼らが単語を読めるようになってくれればいいのですものね^^



posted by 石崎 陽一 at 00:27 | Comment(0) | 発音・アクセント・文字(の指導) | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
ページトップへ戻る