2014年04月02日

「したたる」と蒸溜、鍾乳洞


蒸溜.png

(retrieved from:http://p.tl/foag



液体を沸騰させ、生じた蒸気を冷やして再び液体とすることを「蒸溜する」と言います。

「蒸溜する」にあたる英語は distill です。

distill は de-(下へ)+ stillare(したたる)という造りで「滴下する」が原義。

蒸溜の「溜」は「したたる」の意ですから、何とも語源に即した名訳と言えます。



鍾乳洞.jpg



ラテン語 stillare に相当するギリシャ語は stalassein で、

こちらからは

stalagmometer(測滴計、滴歩計)

stalagmite(石筍(せきじゅん)), stalactite(鍾乳石), stalactite cave(鍾乳洞)


など、別系統の学術用語が生まれています。


(追記1)

鍾乳洞(stalactite cave)は雨水や地下水が石灰岩を溶かして出来た洞窟で、天井からは鍾乳石(stalactite)、下には石筍(stalagmite)が立ち並ぶことが多いです。

鍾乳石(stalactite)は鍾乳洞の天井に垂れ下がる、白色に近いつらら状の石灰岩で、石灰岩の割れ目にしみ込んだ地下水や雨水が炭酸カルシウムを溶かして流れ、したたり落ちて沈殿、成長したもの。

よって、釣鐘の「鐘」、そして「乳」の字が当てられたのでしょう。

石筍(stalagmite)は鍾乳洞(stalactite cave)の床に見られる筍状の岩石で、石灰分を含んだ水がしたたり落ちて積もってできたものです。

以上、『新明解国語辞典 第七版』(2013年、三省堂)、『現代国語例解辞典 第四版』(小学館、2006年)、『明鏡国語辞典 第二版』(大修館書店、2010年)を参照して記しました。


(追記2)

「したたる」の意のラテン語 stillare から生まれた語を追加します。

instill は思想や行儀などを長年の間に「徐々にしみ込ませる、教え込む」、液体を「一滴ずつ垂らす」の意。

instillment は「滴下、点滴;徐々に教え込むこと、洗脳」の意。

instilation は「点滴注入(法)、点眼(薬・剤)」の意。


posted by 石崎 陽一 at 13:18 | Comment(0) | 語源の話 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
ページトップへ戻る