2014年03月26日

語形成に注目する語彙学習 − 私の経験から



adorn という英単語があります。


to make more beautiful, attractive, or interesting


とある英英辞典は定義していて、


to adorn the table with flowers
 (テーブルを花で飾る)


adorn.jpg



The arch was attractively adorned with roses.
 (アーチはバラできれいに飾られていた)


adorn_2.jpg



an expensively adorned room
 (ぜいたくに飾られた部屋)


adorn_3.png



のように用いるほか、


Fred adorned his story with all sorts of adventures that never happened.


のようにも使える動詞です。


−−−−−−


高校時代、石崎はこの adorn という動詞を覚えるのに苦労していたのですが、ある日たまたま adorn が


ad- + orn


という造りになっていることに気がつき、

しかも、

後半要素の orn が「飾り、装飾(品);飾る、装飾する」を意味する ornament の下線部と同根だと悟ったとき、

あれだけ覚えにくかったのが嘘のようにすっと頭に入ったのでした。



わかった!.gif



英単語はわずか26文字が様々に組み合わさって作られています。

この文字は表音文字であり、表意文字である漢字と異なって意味がないため、

ただ棒暗記で覚えたものは、すぐ忘れたり意味を混同したりしがちです。

しかし、理屈や経験をもって覚えたものの場合、忘れていても一度引き出せば、また思い出しやすくなる。

あれはそんなことを実感する出来事でした。

頭の中にある程度単語のストックができた時点では、語形成に注目して単語を覚えるのも有効な方法のひとつだと実感している次第です。


(追記1)

某所から依頼されて語形成に注目させる語彙指導について原稿を書きました。5月の発行だそうです。その頃が近づきましたらまたお知らせさせていただきますね。


(追記2)

ad- という接頭辞は、英語の to にあたるラテン語の前置詞 ad(e.g. ad Rōmam(ローマへ), ad urbem(市へ))に由来し、方向や変化の概念を表します。

今回扱った adorn という動詞においても、語幹 orn が「飾る」を意味しており、飾りつけの前後で飾りつけられる事物の様相は「変化」するわけですね。

このように、ad- という接頭辞は概念を表すにすぎず、具体的な意味はありませんので、

語源的なアプローチで単語の意味を記憶したり類推したりする場合は、取り除いて考えるのがよいでしょう。

adorn のケースで言えば、語幹である orn の意味にフォーカスすれば、十分、語彙理解の助けになると思われます。

なお、ad- の綴り字は後続する語幹の発音に応じて変化することに注目しておきましょう。

すなわち、[c, f, g, l, n, p, q, r, s, t] の前位では ad- は逆行同化を起こし、

ac- (account, acquire), af- (affirm), ag- (aggravate), al- (allure), an- (announce), ap- (appoint), ar- (arrange), as- (assimilate), at- (attain)

のようにスペリングが変わるのですね。


(追記3)

牧野武彦『日本人のための英語音声学レッスン』(大修館書店、2005年、p.144)は

音の連続の中で、ある音が隣接の他の音に似る現象

を同化(assimilation)と呼び、なかでも

次の音に備えてその音の性質の一部を先取りするもの

を逆行同化(regressive assimilation)と呼ぶ。

そう定義しています。

例えば

width ([d] ➔ [t])

length ([g] ➔ [k])

of course ([v] ➔ [f])

have to ([v] ➔ [f])


など、

次の音が引き金になって、手前の音を標的にして同化作用を起こしており、

発声の進行方向に対して逆になっているから「逆行」なのですね。

こうした同化作用は、東後勝明監修『英語発音指導マニュアル』(北星堂、2009年、p.24)によると

比較的スピードが速い発話におけるスムーズな発音を促すための現象の1つ

とされます。

なお、記事で挙げた account などの諸例は、同化した音が綴り字に現れているものです。


posted by 石崎 陽一 at 19:55 | Comment(0) | 語彙の学習・指導 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
ページトップへ戻る