2014年03月18日

英語学習ソフトe-touch


PPS_hitujigusasuiren500-thumb-260xauto-457.jpg



e-touch は日本語を介さずに英語で事物の名前などを覚えるのにぴったりのウェブサイトです。

サイトの説明によると、1000語が31のカテゴリーに分けられています。

http://p.tl/8t1c

例えば、次をご覧ください。

http://p.tl/YL6r

この画面は Body Parts というカテゴリーの集合絵を示しています。

集合絵の中に、単語の絵が個別にちりばめられているのがおわかりになるでしょう。

単語の絵をマウスでクリックすると、その単語の発音を聞くことができます。

また、画面左上の Word ボタンをクリックすると、当該語のイラストが拡大されてるのが見えます。

この画面では該当語がスペリングと例文が発音とともに学習できるように設計されている。

ここでは、上記の crutches を選択した画面を例にとって説明しますね。

イラストの右側に Word, Question, Answer, Example1, Example 2 の各空欄がありますが、

それぞれの空欄をマウスでクリックすると、それぞれ音声で読まれるという仕掛けです。

この Example の英文がよくできていると感じました。

今回の crutches の場合ですと、次の例文が挙げられています。

Crutches help an injured person to walk.

Walking with crutches is not only difficult but tiring.

いかがでしょうか。

他にも、

Some people grow cauliflowers as flowers because they are very beautiful vegetables, but most people eat them.

Cleaning products usually smell like lemons because the aroma of lemons is fresh.

など良質の例文が揃っています。


−−−−−−


空欄の脇にあるShowというチェックボックスにチェックを入れると、空欄内にいま読まれた音声が文字化されて現れますので、リスニング練習だけでなく、ディクテーション練習もできそうです。

なお、Example 1, Example 2 に関しては、空欄の右上にプルダウンリスト(クリックすると下にリストが展開する仕掛け)が設置されています。

このリストの中には Japanese という項目が見えますが、これをクリックして選択すると、各例文の日本語訳が表示されますので、和訳練習や、逆に、英作文の練習に使用することもできるかと思います。

またオートランモードを使うとクイックレスポンスの練習をすることもできます。

このように、結構いろんな用途に使えると思うサイトです。一度、お試しされてはいかがでしょうか。

http://p.tl/8t1c


(追記)

この学習ソフトのマニュアルは次のページから取得することができます。

http://p.tl/HMSY

また、トップページにおいて、画面下方へスクロールすると instruction video があり、手っ取り早く仕様を把握したい場合に便利です。

http://p.tl/8t1c


posted by 石崎 陽一 at 00:56 | Comment(0) | 愛用の(学習用)サイト | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
ページトップへ戻る