2014年01月02日

誤りやすい綴り字(その2)


img_4d7914119205ed6c194f6e61919736f4f4520fab.jpg



2.紛らわしい綴り字


同一の綴り字がいろいろに違って発音されると同時に、一つの音を示すのにいくつかの綴り方がありますので、知識を整理しておかないと混乱してしまいます。

例えば、母音 [iː] は see, feet, beat, dream, field, grief などに見られるように、

<ee>, <ea>, <ie> などの綴り字で表されることが多いのですが、その中の <ea> は head, death などでは [e] を表し、break, steak などの場合は [ei] を示しています。

また <ei> という綴り字は eight, veil などのように [ei] を示したり、height, neither などのように [ai] を表すと同時に、<ie> と同じく [iː] と発音されることもあります。

この <ei> と <ie> とが [iː] の音を表す際には、次のような原則を心得ておくと便利です。

i before e except after c

というものですが、すなわち:


<ei> は <c> の後に来る場合
ceiling, conceive, deceive, receive, perceive; receipt, deceit, etc.


<ie> はその他の場合
believe, relief, priest, sieve(ふるい), thief, etc.


ただし、seize など例外があります。(本記事末尾の追記を参照。)

なお、leisure [líːʒə, léʒə], friend [frend], heir [ɛə] などの発音に注意すべきです。

次に、cede または ceed に終わる動詞がかなりありますが、

これは元来 go または yield という意味のラテン語から出たもので同じ語源ですから、綴り方の相違をよく覚えていないと誤りやすいです。


cede に終わるもの
concede, intercede, precede, recede, retrocede, etc.

これらの語はラテン語から英語に直接入ったのでラテン語式に cede と綴ります。


ceed に終わるもの
exceed, proceed, succeed, etc.

これらの語はフランス語経由で英語に入ったのでフランス語式に ceed と綴ります。

ちなみに、ceed で終わる動詞には cess で終わる名詞形が必ずあるという共通点があります。


また [əː] を表す綴り字として <er>, <ear>, <ir>, <ur> などがありますが、個々の語についてはっきり区別すべきです。

殊に <er> と <ur> とは混同されやすいので要注意です。


<er>
convert, fertile, mercy, permanent, perfume, sergeant, serpent, stern, term, verge, vertical, etc.

<ur>
burn, church, furnish, furnace, hurdle, murder, purchase, purpose, surface, surgeon, turtle, etc.

<ir>
birth, chirp, circle, dirty, firmament, mirth, shirt, stir, thirsty, virtue, virgin, whirl, etc.

<ear>
earth, dearth, pearl, heard, yearn, etc.


中には spurt と spirt のように二通りに綴って意味が同じものもあります。

また fir(もみの木)と fur(毛皮), serf(農奴)と surf(寄せ波)のように、綴り字が違うと発音は同一でも意味が違う場合があります。

英語にはこの種の綴り字が違う同音異義語が相当に多いです。

その多くは air と heir, bow と bough, dear と deer, meat と meet, one と won, peace と piece, right と write, son と sun のように単音節の語ですが、

bury と berry, handsome(美しい)と hansom(二輪馬車)などのように二音節の場合もあります。

また rain(雨)と rein(手綱) と reign(統治), vane(風見)と vain(無駄)と vein(静脈)のように、三つの語が同音異義語になっていることがあります。

問題 次の単語と発音が同じで綴りが違う語を1つずつ挙げなさい。
way  course  sell  blew  pale  suite  forth  pear  sent  through  pray  seen


【解答】はこちらを右方向にドラッグ → weigh, coarse, cell, blue, pail, sweet, fourth, pair, scent, threw, prey, scene


(追記)

関連記事はこちら

また、A.J.トムソン・A.V.マーティネット著/江川泰一郎 訳『実例英文法<第4版>』(オックスフォード大学出版局、1988年、p.358)にも例外が列挙されています。

なお、歴史的推移に関しては Christopher Upward and George Davidson, The History of English Spelling(Wiley-Blackwell, 2011、p.105)を参照。


posted by 石崎 陽一 at 09:39 | Comment(0) | 発音・アクセント・文字(の指導) | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
ページトップへ戻る