2013年11月30日

diaeresis(分音・分音符)


diaresis.jpg



diaeresis とは隣接する二つの母音を二重母音ないしは単一の母音としてではなく、別々に発音することを指す用語です。

また、それを示すために第二の母音の上につける(¨)の符号を言います。

coöperation [kouàːpəréiʃən], naïve [nɑːíːv], Brontë [bránti] などが有名でしょう。

zoölogy のように頻繁に用いられる語には、この符号を用いないで zoology と書く傾向が強く、

naïve のような外来語にはこの符号を用いることが多いようです。

なお、ウムラウトと呼ばれる変母音を表す記号と形は同じですが、この2つは別のものと考えるほうがよいでしょう。


(追記1)

なお、接頭辞、特に re- を伴う語では、re-examine のようにハイフンを用いて母音が別個に発音されることを示すこともあります。

(追記2)

本記事の執筆にあたり以下の文献を参照しました。

清水護編『英文法辞典』(培風館、1965年、p.216)
井上義昌 編『詳解 英文法辞典』(開拓社、1966年、p.551)
村上陽介『英語正読マニュアル』(研究社、2000年、p.8)


posted by 石崎 陽一 at 10:04 | Comment(0) | 発音・アクセント・文字(の指導) | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
ページトップへ戻る