2013年08月26日

dance の発音


a1380_000063.jpg



dance は、発音記号では、米音で [dæns] と、英音で [dɑːns] となっているにもかかわらず、

実際に耳で聞くと「ダンツ」に似た音に聞こえます。

これは、

dance という語の発音時、

[n] から [s] の発音へと移る過程で自然と

途中にわたり音 [t] が入ることになるからなのですね。

このように、

dance をはじめ、once, France, distance, sentence などにおける [-ns] は、アメリカ人の発音でも、イギリス人の発音でも、

程度の差こそあれ、わたり音 [t] が入って [-n(t)s] となるのですが、

恐らく、この [t] は [n] から [s] へ移る際には例外なく入る音ですから

発音記号上はいちいち表記しないということなのでしょう。

こうした例もありますので、

発音記号を用いて目で確認するのはあくまでも補助的な手段くらいにとらえ、

単語の発音はできる限り耳から覚えるのがよいと思われます。


posted by 石崎 陽一 at 15:36 | Comment(0) | 発音・アクセント・文字(の指導) | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
ページトップへ戻る