2013年08月23日

英語雑記帳(その7)


a1170_000008.jpg



小麦粉に塩と水を加えた生地を平たく延ばしてから細く切ります。(A flour, salt and water dough is rolled out and cut into strips.)

うどんの生産量、消費量が全国1位だ(lead Japan in udon production and consumption)

ある調査では、うどん年間消費量は230玉で、全国平均の2倍だ。(One survey says the average person annually eats 230 servings of udon, twice the nationa average.)

何々だと言えるでしょう(be definitely 何々)

ゆでた麺を水で洗って締めた後、もう一度お湯で温めてから、温かいだし汁をかけて出す(cool cooked noodles in water to firm them, return them to hot water, and serve with warm broth)

つけ汁につけて(dipped in rich broth)

8月中旬のお盆の時期には(in mid-August, around Obon time)

阿波踊りは二拍子ですが、連によってテンポが異なるため、それぞれの連に個性が生まれ見ていて飽きのこない楽しい踊りになるのです。(Awa-odori is performed by groups called ren. Awa-odori is performed in two-part time, but the pace depends on the ren, so each group is unique, making it fun to watch.)

本場(the center)

テトロドトキシンという毒(tetrodotoxin poison)

毒性の強さは青酸カリの1,000倍だ(be a thousand times more toxic than potassium cyanide)

ふぐをさばいたり販売する(clean and sell fugu)

切り身を花弁のように美しく並べ、2〜3枚ずつ、薬味とポン酢でいただきます。(Pieces are spread out like beautiful petals, and a few pieces are eaten at a time with condiments and ponzu.)

淡白ながら深みのあるその味わいは、一度食べたら病みつきになるほどです。(One bite of the delicate yet rich flavor will addict you.)

冬のふぐ鍋(fugu hotpot in winter)

だし汁に、ふぐの切り身や骨を、野菜と一緒に入れて煮込む(boil scraps and bones with vegetables in stock)

締めの雑炊(a final porridge)

広島市民の足として欠かせない(be essential transportation for Hiroshima)

原爆の被害を受けて(destroyed by a nuclear bomb)

路面電車の一部を確保し運行させる(have parts of the streetcar lined up and running)

動く電車の姿に励まされて(encouraged by the sight of moving trains)


posted by 石崎 陽一 at 17:38 | Comment(0) | 英語雑記帳 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
ページトップへ戻る