2013年08月17日

英語雑記帳(その1)


a0960_004816.jpg



長寿(longevity)

-ev- という語幹は age の意。「中世の」を意味する medieval にも見える。<g> は <e> が後続するときは [dʒ] と読まれるから、この語の発音は [lɑːndʒévəti] だ。

沖縄料理の代表的な食材(a typical ingredient in Okinawan dishes)

本州(the mainland)

コラーゲン、膠原(collagen)

硬蛋白質(scleroprotein)の一種。皮膚や軟骨の主成分。coll(o)- は「膠;コロイド」の意の連結形。-gen は「何々を発生させるもの;生じたもの」の意の連結形。(ちなみに、漢字の「源」「原」は -gen のドイツ語読みに当てたもの。)<g> は <e> が後続するときは [dʒ] と読まれるから、[káːlədʒən] という発音に注意。

お肌を気にする女性にもおすすめだ(be great for women worried about their skin)

穀物やサツマイモを蒸留する(distil grains and sweet potatoes)

蒸留酒(distilled liquor)

高いアルコール度数の(with a high alcohol content)

独特のすっきりした味わいだ(be distinctively refreshing)

本格焼酎の醸造所(authentic shochu breweries)

コニャック(cognac)

フランスのコニャック産の上質ブランデー。フランス語から借用された語なので、語中の <gn> は原語の硬口蓋鼻音 [ɲ] を反映した [nj] の音で読まれます。[koʊnjæk] という発音だという認識がないと「コンニャク」のように聞こえてしまう。

ボルドー(Bordeaux)

ボルドーワイン。ボルドーはフランス南西部の河港でワインの名産地。<eau> はフランス語からの借入語である印。[əʊ] と読みます。他にも bureau, plateau や人名の Roisseau などに見られる綴字です。

身体にやさしい;悪酔いしにくい(be easy on the body)

糖類(carbohydrate)

何々より太りにくい(be less fattening than 何々)

鹿児島名産の黒豚料理を肴に(with a famous Kagoshima black-pork dish on the side)


(追記)

本記事の執筆にあたり、以下の文献を参照しました。

『アンカーコズミカ英和辞典』(学習研究社、2008年、pp.216, 345, 348)
『プログレッシブ英語逆引き辞典』(小学館、1999年、p.497)
『英語語源辞典(縮刷版)』(研究社、1997年、p.250)
成田圭一『英語の綴りと発音 「混沌」へのアプローチ』(三恵社、2009年、pp.46, 113)


posted by 石崎 陽一 at 21:41 | Comment(0) | 英語雑記帳 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
ページトップへ戻る