2013年08月17日

事実と現実




次の映像は

2003年3月、エンゼル財団の主催により開かれた

「日本人の心の源郷『日本語(やまとことば)』 〜本居宣長・折口信夫・小林秀雄を辿って〜」

と題するフォーラムの模様の一部を伝えるものです。

松田義幸先生のコーディネートのもと、

岡野弘彦先生、渡部昇一先生のおふたりが対話をされておられます。

なかでも、渡部先生が事実と現実についてお話になられている件(7分15秒以降)を興味深く拝聴しました。

私の学生時代のご講義を彷彿させる語り口とご様子と知的刺激を、懐かしく感じた次第でもあります。






posted by 石崎 陽一 at 13:26 | Comment(0) | 興味をもったこと | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
ページトップへ戻る