2013年08月09日

夏期講習会初日のガイダンス(その3)


a1380_000106.jpg



では、これからこの講習会で取り扱う TARGET SENTENCES のひとつを使って表現練習をしてみましょう。

UNIT 01 の [例文10] を見てください。


昨日、私は大好きな俳優のジョージ・クルーニーにちなんでその犬をジョージと名付けました。

Yesterday, I named the dog George after George Clooney, my favorite actor.



動詞の過去形を用いて過去の事実を伝えている文ですが、不明な点はありますか?

なければ、音読練習をしましょう。

と言ってリード&ルックアップで言えるくらいまで仕上がったら、

では、この文を下敷きにして次の日本語を英訳してみましょう。

と言いまして、


弟が生まれたとき、母は大好きな俳優の高倉健にちなんで彼を健と名付けました。

 
おじが人形を娘にくれたとき、彼女は大好きな歌手の宇多田ヒカルにちなんでそれをヒカルと名付けました。
 


という日本語をそれぞれ口頭で英訳させました。

こうした経験を通じ、TARGET SENTENCES ごと身体に取り込むことの有用性を実感してもらった上で、

学習モデルを提示して、それぞれの STEP の練習方法を体験してもらった次第。

そしていよいよ UNIT 01 の TARGET SENTENCES の作文に移っていったのでした。


(追記)

なお、想定した英訳例は以下の通り。

When my brother was born, my mother named him Ken after Ken Takakura, her favorite actor.

When my uncle gave a doll to my daughter, she named it Hikaru after Hikaru Utada, her favorite singer.


posted by 石崎 陽一 at 21:10 | Comment(2) | ユメブン | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ユメブンを使った英文法復習の記事、非常に参考になりました。
私も先日英作文を教える機会があり全Unitの例文をアレンジして問題を作りました。「やりがいがある」「英作文がこんなに楽しいと初めて思った」等の感想をいただき、非常に嬉しかったです。
それに加えて私も例文の暗唱をし、それを生かして問題を作るというプロセスを楽しむことができました。
英文法の学習がこんなに楽しいと思ったのは私も初めてでした。感謝の気持ちとともにコメントをさせていただきます。ありがとうございました。
Posted by 久留宮 一浩 at 2013年08月28日 12:57
久留宮先生。コメント深謝いたします。嬉しいご報告もありがとうございます。お役に立てたようで何よりです^^

木村達哉先生からあるとき

「生徒は知識として覚えなくてはいけない、という意識で覚えているから忘れてしまうのではないか」

という示唆をいただいたことが転機になり、このような授業設計をするに至りました。先生の仰るように、発信をゴールに据えることで、英文法に対する生徒の意識が変わったと感じています。


今後ともご愛顧よろしくお願いします。
Posted by 石崎 陽一 at 2013年08月28日 15:05
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
ページトップへ戻る