2013年08月09日

夏期講習会初日のガイダンス(その1)


a0001_012285.jpg



夏期講習会の初日、冒頭の15分ほどを使いまして、ガイダンスを実施。

自分で英文法を学習していく上でのコツや注意点について話しました。

備忘のため、概要を書き留めておきます。


あれは前任校での出来事です。

初めて受け持った3年生が2人、放課後職員室に来てこう言いました。

「先生、文法苦手なんですけど、どうやって勉強したらいいですか」

「ちなみに今は何かやってるの?」

聞きますと頻出問題集をやっているんだと。

「どうやってやってるの?」

聞きますと最初から最後まで繰り返してやっていると。

だからもう答えを覚えちゃってるところもあるくらいなのに、やってるわりにどうも力が伸びないんだと。

「で、君は?」

「ぼくはこれを読んでいるんですが」

と言って差し出したのが『ロイヤル英文法』です。

 (沈黙)

「まさか…」

「はい。一からやり直そうと思って。でもなかなか頭に入らなくって困ってるんです」

「え、ど、ど、どのくらい読んだ…の?」

「はい。最初から読み進めてもう347ページの「比較」の単元までは行ったんですが。先は長いですよね。」

でもいまいち力がついていないんだと。

 (沈黙)

「状況はわかった」

それでぼくは彼らにこういった話をしました。


posted by 石崎 陽一 at 20:42 | Comment(0) | ユメブン | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
ページトップへ戻る