2013年07月21日

日本語の返事 間違えて失恋


leaves.jpg



かつて、産経新聞朝刊の「私の失敗」欄において、エー・ウィッキーさんが否定疑問文の理解不足から自らがなされた苦い経験について語ってらっしゃいました。


来日してすぐのこと。日本人の最初のガールフレンドと破局を経験したのも、言葉の違いが原因だった。

プレゼント攻勢のすえ、ようやくできたガールフレンドだったが、デートの別れ際に問われた。「私のこと、好きじゃないんですか」。彼女のことを愛していたウィッキーは元気よく大声で答えた。「はい、もちろん」−。彼女とはそれっきり音信不通となった。「英語では肯定はいつもイエス、否定はノー。『いいえ、好きです』と言うことは、頭では分かっていても、なかなか口から出てきません」



私も失敗を恐れずにいきたいものだと感じた次第です。


posted by 石崎 陽一 at 14:35 | Comment(0) | 印象に残ったこと | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
ページトップへ戻る