2013年07月18日

英語の連結母音 -o- と -i-


a0960_001612.jpg



科学上の発見や科学技術の進歩のために

新しい概念が必要となり、

それを表す新語が必要になったとき、

ギリシャ語・ラテン語の単語を利用して

従来存在しなかった新語が生み出されることがあります。

このように、

既存の独立した2語(以上)を結合し、

新しい語を作り出すことを合成(複合)と呼んでいます。

そして、合成(複合)に際し、連結形は

ギリシャ語系では -o- と、

ラテン語系では -i- となることが多いのですね。

ギリシャ語系の -o- 連結語には

aristocracy(貴族政治)
hepatology(肝臓学)
speedometer(速度計)
electromagnetic(電磁)


などがあり、

ラテン語系の -i- 連結語には

artificial(人口の)
herbicide(除草剤)
omnivorous(雑食性の)
acidiferous(酸を含む)


などがあります。

新しい語を知るたびに辞書で語源的な意味を押さえておくのは、たしかに手間がかかります。

しかし、それが、結局は、応用の利く有効な語彙増強の方法と言えるのではありますまいか。


(追記1)

関連記事はこちらをクリック


(追記2)

連結母音に関する記述は『リーダーズ英和辞典』(研究社、1999年)の‘-i-’の項に依拠しています。


posted by 石崎 陽一 at 21:27 | Comment(0) | 興味をもったこと | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
ページトップへ戻る