2013年07月07日

英語の主な句読法とその用法(ダッシュの巻)


file0001400837105.jpg



ダッシュ(−)


1.ダッシュの「左側の」語句を「右側で」具体的に説明するときに使う。(コロンの代用)

● There are four people in my family − my mother and father, my brother and me.
(うちは4人家族です。父母と兄と私です)



2.具体説明の挿入を表すときに使う。(    )の役割。(カンマの代用)

● Dr. Albert Einstein could speak two languages − Russian and English − because he was a refugee from Russia to the U.S.
(アインシュタイン博士は2ヶ国語−ロシア語と英語なのだが−を話すことができたが、それは、彼がロシアから米国への亡命者だったからである)

● This book − which I've just read − is really interesting.
(この本は−今読み終えたところですが−実に面白いです)



(追記)

本記事の執筆に際し、以下の文献を参照しました。

綿貫陽・マーク・F・ピーターセン『シリウス総合英語』(旺文社、2000年)
畑中孝實 監修・稲盛洋輔 著『英語の句読法辞典』(インターワーク出版、2003年)
村上陽介『英語正読マニュアル』(研究社、2000年)


posted by 石崎 陽一 at 11:25 | Comment(0) | 句読法 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
ページトップへ戻る