2013年03月16日

黙字の成立過程


a1180_004735.jpg



H.ホワイトホール著・江川泰一郎訳注『英語教育シリーズ12 英語構造の基本問題』(大修館、1962年、p.271)より備忘のため書き留めておきます。


黙字とは「綴りに書かれていても発音されない字」であることはいうまでもない。黙字をその成立過程によって分ければ、(1)かって発音されていたもの、(2)かって一度も発音されたことのないものがあり、この(2)には(a)語の語源を示すためにある時期に挿入されたもの、(b)発音の違いを示す標識符的なものとして付与されたものがある。


(追記)

慶應大学の堀田隆一先生が運営されている「hellog〜英語史ブログ」は日頃から多くを学ばせていただいているウェブサイトです。以下の記事も参考になります。

子音字の黙字



posted by 石崎 陽一 at 06:33 | Comment(0) | 英語史的な説明 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
ページトップへ戻る